生後数ヶ月の赤ちゃんに見られるしぐさ

· 2018年6月14日

人生の最初の1ヶ月間には赤ちゃんはユニークで、忘れられないしぐさをよく見せます。

家庭に新しい命を迎えることは、この世の母親全てにとって、最も美しく幸せな瞬間です。

赤ちゃんの成長

最初の数ヶ月間に、赤ちゃんの成長は特に顕著です。

生まれてから、赤ちゃんは常に成長と発達を繰り返します。これは、両親、赤ちゃん、両者にとって、新しい発見の機会です。

この時期の赤ちゃんは、身体的、社会的、情緒的、知的に発達を遂げます。

この過程では、両親は赤ちゃんのちょっとした仕草にも不安を感じたり、疑問を持ったりしてしまうものです。

ここでは、よく見られる赤ちゃんのしぐさを7つ紹介します。

最初の数ヶ月間によくある赤ちゃんの7つしぐさや、行動

1.深い眠り

出生後の最初の数日間、赤ちゃんは昼夜を問わず深く眠ります。

実際、この数日間には、1日に最大20時間寝ることがあります。空腹の時だけ目を覚ますのです。

”睡眠は新生児にとって不可欠な成長の源泉である”

睡眠は彼らの健康にとって最も重要なルーティーンの1つです。睡眠によって赤ちゃんは様々な能力を発達させるからです。

2.睡眠中の微笑み

眠っている間に、赤ちゃんは無意識に笑顔を見せることがあります。

これは意図的にではありません。天使の笑顔となどと呼ばれることもあります。

赤ちゃんしぐさ2

3.叫び声、幼児語(0〜3ヶ月)

最初の数週間、赤ちゃんは叫びや涙で怒りや、欲求不満、飢え、痛み、喜びを表現することがあります。

この時期に赤ちゃんの泣き声の原因や意味を理解するのは簡単なことではありません。しかし、彼らは無駄な要求をしていないことに注意してください。

そして赤ちゃんも様々な幼児語で親の声に反応し始めます。

4.泣く

最初の数か月間、赤ちゃんは頻繁に泣きます。泣くのは彼らの唯一のコミュニケーション方法だからです。

彼らの涙は、飢えや不快感を表すものかもしれません。しかし先にも述べたように、完璧に解釈するのは難しいのです。

このような泣き声に直面した時、多くの親は無力感を感じイライラしてしまいます。そういう時こそ、パニックに陥らないようにしましょう。

抱っこして赤ちゃんを落ち着かせてみてください。勝手に、苦しいから泣いていると結論付けないで下さい。

5.口に物を入れる

赤ちゃんは、手に握っている物を口に運ぶことで、世界を探索しようとします。この探索の習慣は時々危険を招いてしまいます。

従って、赤ちゃんの近くに誤って飲み込む危険性がある小さなモノが置かれていないことをしっかりと確認して下さい。

赤ちゃんのしぐさ3
6.怒り

場合によっては、赤ちゃんは不快感や疲労感を怒りによって示すことがあります。

短期間の行動であれば、心配する必要はありません。

しかし赤ちゃんのイライラは治療が必要な身体的不快感の兆候である可能性もあります。赤ちゃんの行動が急激に変化した場合は、医師に相談してください。

7.ジェスチャー(4〜7ヶ月)

赤ちゃんが4ヵ月になると、自分の体を使いこなすようになります。

視力が向上し、おもちゃに大きな興味を示します。おもちゃは、運動神経と知能への重要な刺激の源になります。

6ヶ月目には、手と腕はより可動域が広がり、赤ちゃんは手振りを使ってコミュニケーションを始めます。

時には、自分自身で座ろうとしたり、寝返りをうとうとします。これは、力、バランスと運動能力の発達を表しています。

この段階の赤ちゃんは、接触と視線が主要なコミュニケーションツールです。

赤ちゃんがすくすく成長すれば、成長の現れとして他のしぐさや行動が見られるかもしれません。