一風変わった赤ちゃんを寝かしつける5つのコツ

· 2018年5月4日

赤ちゃんが産まれる前、あなたは赤ちゃんを寝かしつけるのがどれだけ大変か知っていたでしょうか?赤ちゃんは必要な時に必要な分だけ寝ます。大人が赤ちゃんを自分の都合の良い時間に寝かしつけるのは簡単な作業ではありません。

赤ちゃんを寝かしつけることは子育ての中でも一番複雑で、すべての赤ちゃんに当てはまる決まったルールや解決法がありません。ですが、赤ちゃんを寝かしつけるのを助けるコツや方法がないわけではありません。どうしても赤ちゃんが寝ない時などは、これらのコツを試してみてはいかがでしょうか。

温かいタオルを睡眠前にベビーベッドの中に置く

あなたの赤ちゃんはシーツやお布団の冷たさが嫌で寝付きにくくなっているかもしれません。特にお母さんの温かい腕の中にいた後では尚更ギャップを感じやすくなっています。赤ちゃんの上にブランケットを被せるのは、1歳、もしくは2歳になるまでは避けた方が良いです。このことから、赤ちゃん用の寝袋や温かいパジャマが人気があるのですね。

赤ちゃんを寝かしつける前に、乾いた温かいタオルを眠る場所に置いておきます。そうすれば、寝かしつける時にシーツが温かく、赤ちゃんは快適に眠ることができます。

赤ちゃんを寝かしつける-Sleepy-Baby

赤ちゃんを寝かしつける日々の習慣を変えてみる

赤ちゃん寝かしつける役を交換することは良いことです。できれば母親と父親が交代交代で、赤ちゃんを寝かしつけましょう。いつも同じ人だと、赤ちゃんはなんらかの理由で習慣が変わった時に、その状況に慣れなく、寝付かないかもしれないからです。

通常の子育てだと、母親の方が赤ちゃんと過ごす時間が長いですよね。母親と赤ちゃんの絆ほど強いものはありません。けれども父親が寝かしつける役をすることで、父親とも絆を深めることができます。

声のバイブレーションを使って寝かしつける

赤ちゃんは母親の声をお腹の中にいる時から聞き慣れています。あなたの声のバイブレーションで赤ちゃんを落ち着かせることができます。赤ちゃんの頭をあなたの胸に乗せて、声を聞かせてあげましょう。

歌を歌ったり、話しかけたり、ハミングをしたりと好きなように声を出します。胸の中で反響する声とそのバイブレーションで赤ちゃんは眠りつくことができるでしょう。

睡眠のスケジュールを確立する

赤ちゃんは最初のころは決まったスケジュールで寝るわけではありません。日数が経つにつれて、何時ごろ赤ちゃんは眠くなるのかパターンが見えてくるでしょう。スケジュールをつくることは、赤ちゃんの睡眠サイクルができ寝付きやすくなるでしょう。

赤ちゃんの睡眠のパターンを覚え、できるだけスケジュールに沿って毎日寝かしつけましょう。

赤ちゃんを寝かしつける-Sleeping-Baby

赤ちゃんの欲求に柔軟に対応する

スケジュールが確率されたとしても、赤ちゃんのその時の体調やその日の活動によって、睡眠の必要性が異なります。赤ちゃんの様子を見て、柔軟な対応ができるようにしましょう。このパターンで赤ちゃんは寝るんだなと思ったとしても、次の日には赤ちゃんは別の反応を見せたりします。

赤ちゃんを育てることは、毎日のスケジュールの調節の繰り返しとなります。何時に何をするのが良いのか、ご飯の時間を少し後ろにずらすだけで、赤ちゃんを寝かしつける作業がとても楽になったりすることがあります。

これらのコツを参考にして、赤ちゃんを上手に寝かしつけましょう。ただ、それぞれの赤ちゃんはユニークで、異なります。赤ちゃんのリズムをつかみ、柔軟に調整しましょう。

赤ちゃんが眠くない時に無理に睡眠を押し付けたり、寝付くまで泣かせたりすることはやめましょう。赤ちゃんはあなたの温かさ、やさしさを必要としています。赤ちゃんをケアして安心感を与えることが、赤ちゃんを寝かしつける一番のコツなのかもしれません。