初めての母親が犯す11の間違い

· 2018年5月31日

子供を育てる時にいくつかの間違いを犯してしまうことはごく普通のことです。特に、初めて母親になった場合は避けられないでしょう。誰も完璧ではありませんが、もちろん知識は力です。ですので、今回紹介する一般的な間違いを事前に学んでおけば、これから間違いを犯すことを避けることができるのです。

あなたが初めての母親である場合は、このリストにあるような様々な間違いを犯す可能性があります。でも心配しないでください。皆さんには希望があります。

このリストが、あなたがあなたに起こることをより良く理解し、将来の大失敗を避ける手助けとなってくれるでしょう。

初めての母親が犯す最も一般的な間違い

全ての些細な事に対してパニック状態になる:

多くの母親は子供の嘔吐や食べ物の吐き戻しについて過剰に反応します。赤ちゃんは通常、母親の感情や気分に気が付くので、あなたの不安や神経過敏は子供に緊張と不安をより感じさせます。全てのことを落ち着いて、スムーズに行うように努力してください。

最初の丸一年、赤ちゃんの台所用品を全て滅菌する:

赤ちゃんの衛生状態は生後数週間は最も重要ですが、そのことを気にし過ぎないでください。目的物をきれいに保つことで、赤ちゃんの免疫系の発達に役立ち、感染原因にならない程度の量のバクテリアと接触することができます。

食事のために赤ちゃんを起こす:

赤ちゃんはお腹が空くと目覚めるので、親は通常、彼らの睡眠を妨げる必要はありません。彼らが自分から目覚めない場合は、眠らせておきましょう。専門家は、生後数週間は3時間毎に赤ちゃんに食事させることを勧めていますが、これは食事のために安眠から目覚めさせなければならないという意味ではありません。

赤ちゃんを温め過ぎる:

赤ちゃんは生後数週間は体が冷えやすく、彼らを温め過ぎると大量の汗をかきます。

 

彼らの体温を一定に保つことが鍵です。手足の温度や四肢が少し紫色がかっているかどうかを確認することで、彼らが寒がっているかどうかを識別できます。頭や首の周りに汗をかいているのは、とても暖かく、暑いと感じているからです。

赤ちゃんが寝ている日中は家の静寂を保つことを要求する:

生後一カ月半経つと、子供の睡眠パターンは明暗サイクルに従い始め、夜間により長く眠ることができるようになります。ですので、昼間であることが分かるように、昼寝の時に家の周囲の騒音に慣らしておくべきです。

反対に、子供が眠っている間が常に絶対的な静寂であれば、どんな雑音にも驚き、目を覚ましてしまうでしょう。

自分の赤ちゃんと他の赤ちゃんを比較する:

ある子供を他の子供と比較するべきではありません。それぞれの子供は自分のペースで成長するので、正常と見なされる範囲内であれば心配する必要はありません。

健康診断中、小児科医は赤ちゃんが正常に成長しているかどうかを確認する責任があります。だから、あなたの経験を他の母親の経験と比較しないでください。それぞれが異なる方法で子どもの成長を経験します。

毎日、赤ちゃんを入浴させる:

小児科医は週に2~3回赤ちゃんを入浴させれば十分だと述べています。おむつ交換後にお手入れをして手を洗う場合は、毎日バスタブを使用する必要はなく、石鹸を優しく使用するにしても、それほど頻繁に使用する必要はありません。

赤ちゃんが眠っている時間を仮眠に活用しない:

これは初めての母親が犯しやすい最も一般的な間違いです。彼らは赤ちゃんが眠っている時間を家事や他の仕事の遅れを取り戻すために使うことを好みますが、数週間後には、彼らがどれだけ疲労を感じているのかに気付くでしょう。初めての母親は、赤ちゃんの生後一年間で400~750時間の睡眠時間を失うと推定されています。

自分たち以外は誰も赤ちゃんに触らせたり、抱かせたりしない:

これは初めての母親と経験がある母親にとても共通することで、誰かがキスしたり、抱いたりすることで赤ちゃんが病気にかかることを恐れています。しかし、誰かが病気にかかっていれば、病気の拡散を避けるために赤ちゃんをその人に近づけるべきでないと知っておくことは常識です。

 より太くするために髪を切る:

赤ちゃんの髪は生後一年を過ぎてから切ることが勧められています。新しい髪は同じになるので、髪が太く育つという考えは迷信です。

一方、赤ちゃんがとても小さい場合、頭を介して熱を失う可能性もあります。実際の髪の質感、色、および種類は彼らが一歳になるまで分からず、これは主に遺伝によって決まります。

パートナーを無視する:

最初の母親がいつも赤ちゃんと一緒に過ごすべきだと感じることは普通です。しかし、可能な限りいつでもパートナーに時間を充てることも必要です。差し支えのない限り、ベビーシッターを雇ったり、週に1回または15日毎に家族に支援を求めたりすることで、二人で一緒に楽しむことができ、愛情行為をする機会もできます。