母性愛と本能の強さ

2018年7月16日

母性愛の強さは神々しい意味を持っています。学べば学ぶほど、それは私たちをさらに驚かせてくれるでしょう。

子供たちと甘く、活気ある時間を共有したことで、愛が芽吹くことはごく自然です。しかし、子どもが生まれる前から愛の強さはすでに存在しているという事実も、素晴らしいことです。

母性愛は最も強い人間の感情と例えられます。母と子の絆が生まれた時、それがこれまで感じた何よりも素晴らしいと気づくのです。

母親であることは、私たちをこの世で唯一の存在に変えます。子供の成長を助けることに、いかなる障壁もないのです。

このような愛の最も驚くべき性質の1つは、母親が持つ、子供が生まれる前から深い心の絆を築く能力にあります。そして、この感情が母性本能と呼ばれるものなのです。

母性本能か愛か?

母性愛2
私たちは、母親が一目我が子を見る以前から続く大きな愛情の事例を知っています。

我々は社会として、この情動が妊娠の瞬間から始まることを認識する必要があります。しかし、この考えには反論する者もいます。

母性本能という言葉を母親の愛に結びつけることは、多くの女性を不快にすることがあります。母親は、子供が生まれる以前から子供たちとの絆をを感じ始めたことを断言します。

一方で、これは専門家の評価を必要とする心理的性質に関連する現象でもあるのです。

科学的発表によると、母性本能の存在を証明する方法はまだありません。たとえ証明がなされていなくとも、多くの母親が感じているこの経験をを考慮しなければなりません。

女性が生まれる以前との気持ちのつながりを理解するためには、母親である必要があります。一部の科学者は、それが単に伝統や、社会的に作られた一般化された理想だと考えています。

妊娠中の女性に起こるホルモンの変化によって、以前には感じたことのない感情を感じることができるようになります。

人間にはもう一つ、興味深い性質があります。生存本能と呼ばれ、生存競争と繁殖に関連したものです。

私が感じるのは愛

子供たちが生まれる前から子供への愛に目覚めた母親は、自分が感じた事が現実ではないと言われることを断じて受け入れることはできないでしょう。特に、今まさに感じている人にはなおさら受け入れ難いでしょう。

世界中の母親は、彼女たちがが感じた物が本当の愛であることに完全に同意するでしょう。

母性愛3

赤ちゃんは幸運にも、彼らの誕生を大きな愛を持って心待ちにしている人がいます。母親がお腹の中で成長する子供に愛を注ぎ、子供が成長のために母親に依存することはとても自然なことです。

何百万という母親が、存在を知る前ですら彼らへの愛を感じていたといいます。たとえ何かが二人を分かつとしてもなお、これの現象はおこるのです。これこそまさに彼らの愛が強固たる要因の一つです。

一方、この兆候をまったく感じない母親もいます。これは、妊娠の事実を知らなかった、または、単に置かれている状況に不慣れだったからです。

これは前述した母性本能がないとされてしまいます。だとしても、出産前であっても、母親が子供を以下に愛することが出来るのかを疑うべきではありません。

母性は比類のない素晴らしいものです。母親であるという認識は、自分自身をより良く理解することに繋がります。また、それによって私たちは愛する能力を思い知るのです。

あなたへおすすめ