あなたはカッシング法を知っていますか?

· 2018年5月24日

今日は、赤ちゃんに非常に有益なカッシング法について説明します。ここで紹介する記事を読んでその利点とやり方を是非学んでみてください。

カッシング法とは何か?

カッシング法は、哺乳瓶での哺乳の技術です。赤ちゃんに哺乳瓶で哺乳しているにも関わらず、母からの直接授乳のように感じさせる方法です。

この方法は、数年前にカッシング博士によって確立されました。哺乳瓶を使用しながら赤ちゃんに自然な授乳を感じさせることに焦点を当てています。興味深いのは、哺乳瓶での哺乳と、直接授乳を両方法を併用できることです。

この方法は、今から哺乳瓶で哺乳し始めたいが、直接授乳も続ける母親に最適です。

哺乳瓶に慣れてくると、赤ちゃんは直接授乳へ戻りたがらないものです。母親にとって非常に難しい問題です。カッシング博士はこの問題を防ぐためにカッシンング法を確立したのです。彼女の方法は、母親の乳房を握る自然な状態と、乳房を吸引する状態を哺乳瓶で、できるだけ再現することです。

哺乳瓶の詳細

カッシング法2

多くの母親にとって哺乳瓶での哺乳は大変便利な選択肢です。しかし、直接授乳と併用したい場合は、カッシンング法を使うことをお勧めします。瓶で哺乳をする場合は、いくつかの注意点があります。

使用中の瓶は良好な衛生状態を保つ必要があります。不衛生な瓶を使うと、細菌感染症が発症する可能性があるので、常に瓶をきれいに保つ必要があります。

哺乳瓶を使用する利点のひとつは、赤ちゃんが簡単に吸入出来るようになることです。赤ちゃんにとって授乳が楽になるのです。

カッシング法を実践するには、哺乳瓶の乳首のタイプ選ぶく必要があります。母親の乳首の形に近いもので、完全に丸いものを使ってください。幅は2センチ程度で細く、柔らかいタイプは乳をゆっくりと押し出します。

ストレートで湾曲していない瓶を購入してください。ストレートな瓶では乳の流れがゆっくりなので、赤ちゃんがより簡単に飲むことができます。

瓶の乳首はできるだけ母親の乳首の形状に似るようなものを選んでください。そして赤ちゃんの硬口蓋と柔口蓋が接触するところまで瓶の乳首が届く、長いものがおすすめてます。これは直接授乳と同じような感覚を赤ちゃんに感じさせるためです。

乳がゆっくり流れるような瓶の乳首が必要です。赤ちゃんは母親から直接吸う時、頑張って吸わなければならないので瓶での哺乳も同じような環境を作ったほうがよいでしょう。また、吸い終わるまでに時間がかかり、消化がよくなるのも利点の一つです。

哺乳瓶の持ち方

カッシング法3

瓶の乳首と同じくらい重要なのは、瓶の持ち方です。赤ちゃんを出来るだけ正しい姿勢でらせ、瓶はできるだけ水平にしてください。

このようにすると、重力の影響が軽減されます。赤ちゃんは乳房から吸う時と同じように力を入れなければなりません。さらに、乳の流れ、量、速さもコントロールできます。

赤ちゃんと瓶の角度を90度にすることをお勧めします。赤ちゃんの頭と首に片手を置き、もう片方の手で瓶を持ちます。乳が赤ちゃんの口に直接注ぎ込まれないよう、常に瓶を水平にしておいてください。

最後に、一部の専門家は、哺乳瓶でなくシリンジやスプーンで授乳することを推奨しています。この場合でも赤ちゃんのの反応に合わせて、カッシング法も試してみてください。