赤ちゃんを泣いたままにしてはいけない

2018年7月5日

東洋では子どもの仕事は泣くことだと言われます。赤ちゃんにとって、泣くことは思いを伝える主要な手段です。構ってほしいと強く思っている時に誰も構わなかったらその無力な赤ちゃんはどう感じると思いますか?そして、なぜ”赤ちゃんを泣いたまま”にしてはいけないのでしょう?

泣くことは第2の“非聖書的暗号”です。赤ちゃんはいろいろな理由で泣きますが、通常は構ってほしいだけです。あなたが何か用事を頼んだ時に誰も聞いてくれなかったらどう感じますか?これが構ってほしい時に構ってもらえない無力な赤ちゃんが感じることなのです。

ある親にとっては、赤ちゃんが泣く度にそばに行くと、赤ちゃんをダメにしてしまい、誰が誰の担当かが分かるので赤ちゃんは泣かせたままでも良いと考えます。他の親は不可逆的損傷の原因となるので赤ちゃんを泣かせ過ぎてはいけないと考えているのです。

実際、赤ちゃんが泣く必要がある理由はたくさんあり、これが感情的または物理的な要求を伝えるために注目を引く彼らなりの方法です。例えば、おむつ交換が必要な時、暑い時、疝痛がある時、お腹が空いた時、または眠たい時などがあります

異なる意見がある場合は、赤ちゃんを泣かせたままにすることの良い点と悪い点を見るのが良いです。長時間泣かせたままにするとマイナスの結果をもたらし、すぐに対処するとプラスの結果をもたらします。なぜ赤ちゃんを泣いたままにしてはいけないのか、さらに理由を見ていきましょう。

赤ちゃんを泣いたままにしてはいけない

“赤ちゃんを泣いたまま”にした時のネガティブな結果

不安

しばらく経っても、泣き声に関心が向けられなかったら、泣き止むかもしれません。お世話をしてくれる人が対応してくれないと感じます。また泣き始めます。対応がない場合、見捨てられたと感じて、不安になります

孤立

同じ状況が長時間続き、頻繁に繰り返されると、赤ちゃんは見捨てられたと感じます。最初は怒っていても、最終的には諦めます。孤立化が始まります。愛情を受けていないので、愛することを学びません。

犯罪行為

良心が正しく育ちません。誰も信じられず、誰のことも気にしません。問題児となり、最悪の場合は犯罪行為に対して良心の呵責を感じない精神病質的になってしまいます。

揺さぶられっ子症候群

赤ちゃんが泣き止まないとイライラします;保育者の中にはこの状況に絶望して、新生児を揺さぶり始め、これが揺さぶられっ子症候群の原因になり、たとえ少しの間であっても、不可逆的な神経学的損傷を引き起こす可能性があります。

泣いている青い目の赤ちゃん

“この外傷が出血、脳障害、難聴、失明、脳脊髄損傷、麻痺、発作、さらには死亡の原因となる可能性があります。”

フアン・ホセ・ラモス・スエレス(Juan José Ramos Suaréz) 、小児科医

“赤ちゃんを泣いたまま”にした時のポジティブな結果

“赤ちゃんが泣く度に構っていると、彼をダメにしてしまうの?”という質問があります。可能性はあります。このことについてはたくさんの意見があります。子どもはそれぞれ異なるので、親は状況に合った最適な方法を決めなければなりません。

しかし、最新の研究は新生児が空腹であったり、不快であったり、不調である時は、体がストレスホルモンを放出し、泣いて不快感を表現することを示しています

お父さんやお母さんが赤ちゃんの要望に対応した時、赤ちゃんは脳内に落ち着きを助けるコネクションを作り始めると言われています。適切な配慮を受けた生物はストレスホルモンであるコルチゾールの生成が少なくなります

“常に、特に最初の6カ月から8カ月の間に、すぐに対応された赤ちゃんは、泣いたままの赤ちゃんよりも泣く回数が少ないのです。”

提案

  • 赤ちゃんに押し付けるのではなく、まずは自分の感情をコントロールしましょう。
  • そして、泣いた原因に注意を払いましょう。
  • 食事を与えたり、腕の中で抱きしめて赤ちゃんの耳に優しく語りかけましょう。
  • 背中やお腹を軽くたたきましょう。
  • 赤ちゃんが安心して、楽しめることをしましょう。

赤ちゃんの初めの泣き声はお母さんの耳への音楽です。しかし、断続的な赤ちゃんの泣き声はサイレンの音のように、動揺させます。

赤ちゃんの要望に応えることは彼をダメにすることはありませんが、反対に彼は独りではなく、笑顔や抱擁を与えてくれる家族がいることが分かります。たぶん、彼はしばらく静かにしてくれるでしょう。

あなたへおすすめ