年齢ごとに適した子供の遊び

· 2018年5月12日
子供の遊びは子供の発達にとって重要で、年齢ごとに遊びの内容が変わってきます。

子供が成長するにつれて、異なる刺激が必要になります。遊びの質も変わり、新しいスキルや興味を持つようになるでしょう。

子供の遊びはどんどん発展していき、年齢ごとに進化していくことでしょう。赤ちゃんは数個の遊びしかできませんが、大きくなるにつれて、子供の遊びはより複雑になることでしょう。

子供は自分の年齢に合った遊びに自然と適用していきます。でも、そのツールを提供したり、遊びの発展をサポートするのは周りの大人の役割です。

年齢ごとに違う子供の遊びを知るためには、子供の動きを観察することが一番です。子供がどれだけ成長したか、個々のパーソナリティによっても興味が異なります。

子供が遊ぶ方法を選ぶことは、子供にとって自然に行われるものです。年齢ごとに遊び方が変わるのはこのせいです。

子供がはっきりとしたかたちで遊び始める時期というのは決まったものがあるわけではありません。赤ちゃんも赤ちゃんなりの遊び方がありますが、大人から見てはっきりと遊びとわかるわけではありません。

年齢ごとに遊びが変化すると言いましたが、その変化は赤ちゃんの頃は特にわかりにくいものかもしれません。

赤ちゃんや子供のころの遊び方は子供の個性によって大きく違うことでしょう。

ですので、年齢が同じ子どもの間でも遊ぶ興味が違い、使うおもちゃなども全く異なることがあります。

年齢ごとにも遊び方が異なり、パーソナリティによっても遊び方が違うということを覚えておきましょう。

遊ぶ子ども

年齢ごとの子供の遊びはどんなもの?

子供の発達によって、子供の好きなように遊ばせるのが一番だと言われています。子供に遊び方を選ばせてあげましょう。

親は子供はどんな遊びが好きなのか観察をします。もし必要であれば、新たなツールやおもちゃを与えるということも遊びの発展につながることでしょう。

ただ、年齢ごとに人気の遊びというのは存在します。そのカテゴリーについてより詳しく話しをしたいと思います。

運動をする子供の遊び

この遊びは産まれてから数日たった後から、2歳になるころまで続きます。運動遊びは異なった動きや運動をすることが遊びとなります。

この遊び方は、子供にとって新たなスキルを獲得することができ、体のコントロールの仕方を学ぶ意味があります。モノを扱うことも、この遊びで覚えることができます。

想像性と象徴性を使った遊び

この遊び方は2歳半から3歳の間に始まります。想像力を使った遊びとなり、子供の間中この遊びは続きます。象徴的な遊びもこのころに始まります。

おままごとや、ないものをあると想像しての遊びも3歳くらいに始まるでしょう。この年齢になると、子供の遊びにも幅が広がり、果てしなく可能性が広がります。

手すりを持つ子ども

建造遊び

建造遊びは子供が急成長しているあかしです。この種類の遊びは5歳くらいで始まり、7歳くらいまで人気の高い遊びとなることでしょう。

このころになると、子供な複雑な構造をしたものを作れるようになります。何時間も集中して遊ぶことも珍しくないでしょう。

社会性遊び

7歳ころになると、子供は身体的、精神的な部分でかなり成長した状態になります。ただ、社会性はまだまだ伸ばさなくてはいけません。このころになると、そんな社会的スキルを伸ばす遊びが活発になることでしょう。

子供はルールに沿ってグループで遊ぶようになったり、大人のように他人と接するようになります。スポーツやボードゲームなどもこの遊びが発展させるのに役立つ遊びになります。