特権の見返りに責任感を与える

· 2018年7月18日

役割を果たすことで何か特権が得られるということを子供に教えるのは早すぎるなんてことありません。だからこそ、子供に責任感を与えることも重要です。家族で役割を分担をする事は、すべての人に肯定的な結果をもたらします。

責任感と特権は、生活の中で両立するべき2つの概念です。子供のころには、何かを成し遂げるためには義務を果たさなければならないと学ぶ事が重要です。

子供に責任感を与えるためのポイント

  • 早い時期から始める。幼い頃から年齢に合わせた仕事をさせなければ、10代の子どもに大きな責任感を抱く事は期待できません。子供が歩き始めた時には、もうすでに子供に責任感を与えることができます。
  • 子どもに手伝わせる。多くの親は、子供が日々の家事に参加することを好みません。それは、親自身がした方が早く終わるからでしょう。しかし、責任感のある子供を育てるためには、清掃などの家事に参加させたり、可能であればあなたの仕事を手伝わせることも良いでしょう。彼らにはとりわけ簡単で楽しい仕事を与えてください。
  • どのように責任感を持つかを示す。子どもに家事を簡単かつ効率的的に行う方法を教えてください。仮に、汚れた服を片づけて欲しい場合には、洗濯用のバスケットを用意してあげましょう。初めての場合には、親子が一緒に取り組むことで、次回からは子ども一人で行うことができます。その後で、他の家事に移りましょう。
  • 模範になる。子供にとって親の行動は模範です。子供に身に付けてほしい習慣はまず自身が実行しましょう。家族全員が一つのチームであることを教えましょう。一人一人が家族全員の利益のために家事に勤しみ、それぞれが重要な役割を果たします。
子ども責任2

  • ポジティブな態度を取る。特に幼い子供は親を助けようとしがちです。このポジティブな気持ちを活かして、たくさんの活動に参加させてください。与えられた仕事を完遂させた時に、必ず口頭で褒めてあげましょう。そうすることで、コミュニケーション能力を強化し、積極的な行動を習慣づけることができます。
  • 過度な期待をさける。家事は子供の年齢や能力に合わせるべきです。子供に責任を与えることは、徐々に行うべきです。ある日突然、結果が見える訳ではありません。彼らの進歩を讃えてあげましょう。彼らは時間の経過とともに成長します。
  • 報酬を賢く使う。少なくとも最初の段階では、何か良いことをするたびに子供に報酬を与えるべきではありません。これは、報酬がある場合にのみ、正しいことをする習慣に子供に与えてしまうからです。言葉で褒め、ある程度習慣化されてから、度々報酬を与えるようにしましょう。
  • ルーティーンを明確に設ける。ルールとルーティーンは、子供に責任を与えるための鍵の1つです。何を、誰が、いつ行うべきかを知っていれば、結果はより良い方向へ向かうことでしょう。
  • すべての行動に結果が伴う事を教える。これが肯定的であるか否定的であるかは、子どもの行動に委ねるということです。彼らが責任を守らない場合は、最低でも一時的には特権の1つを取りやめます。少しずつ彼らは善い行いが自身に特権を与え、悪い行いには良くない結果が伴うことを学びます。
子ども責任3

  • 自立することを奨励する。スキルを完璧に近づける唯一の方法は練習です。子どもに能力を最大限発揮できる場を与えると、少しずつ自分の能力を信じ、より自立した人生を送ることを学ぶでしょう。
  • 決定権を与える。子供に自分の問題を自分で決めさせることで、状況結果を分析させ、どの行動を選択すべきかを教えます。小児の場合は、複数の選択肢を与え、好きなものを選ばせましょう。

責任は、あなたが早い段階から子供に教えることができる最も重要な価値観の一つです。小さな子供であっても、家族活動に関わるべきであることを忘れないでください。

これは、メンバーそれぞれの権利と責任が同様に重要かつ必要なものであること、それもまたコミュニティーの一部であることを学ぶ方法です。