親の機嫌が子供の感情発達に影響する

· 2018年6月11日
大人は子供の精神に大きな影響を与えます。両親が怒ったり、神経質である場合、子供の精神不安を招いたり、悪影響を及ぼすことがあります。

親の感情的安定性は、子供の発達において基本的な役割を果たします。親が常に気分が悪い場合、子供は感情的にも認知的にも悪影響を受けるのです。

その為、あなたの子供の幸福を守るために、あなた自身の精神状態を把握し、不機嫌が継続しないに注意することが非常に重要です。

神経質すぎる両親:子供にとって深刻な問題

両親の機嫌が悪いと、子供の感情発達に深刻な影響を及ぼす可能性があります。これは、定期的に両親の機嫌が悪くなったり、両親が常に怒りっぽい場合に顕著です。

子供や他の家族に怒鳴ることで子供たちの心に深刻な不安を植え付けることになります。場合によっては、あなたの子供に不必要な罪悪感を抱かせてしまう可能性もあります。

0歳から3歳までの子供は、特に両親の感情的不安定に敏感です。だからと言って、3歳以上の子供に悪影響がないわけではありません。。

親が子供や自身の状態を意識して常に制御することが重要です。感情制御は大人のみならず、家族皆の精神的健康のためにも必要なものです。

親機嫌2

なぜ両親は怒りっぽく神経質になってしまうのか?

親の機嫌が悪くなる事には多くの原因が考えられます。人によっては、専門家の助けを必要とするような過去の重荷を引きずっている場合もあります。

他にも、仕事や金銭問題などの問題によって受けたストレスが原因になる場合もあります。上記に当てはまる場合は、負のエネルギーを放出するような活動を探すのがよいでしょう。また、ネガティブな感情をコントロールできない場合は、専門家に相談してみましょう。

重要なことは、問題の根幹を特定し、早期に解決を図ることです。そうすることで、あなだけでなく、子供や周りの人々に深刻な影響を与えることを避けることができるかもしれません。

不機嫌が子どもに与える影響

不安

不安は、親が常に不機嫌な場合に子供に与える悪影響の一つです。強い不安は子供が緊張や、ストレスを強く感じた時に、引き起される傾向にあります。

これは特に子供の両親が緊張とストレスの原因の場合に起こりやすい現象です。そして子供の不安感は、罪悪感に発展する可能性もあります。

うつ病と不安

不安だけでなく、最悪の場合、鬱病が起こりうる可能性もあります。両親の機嫌の悪さに左右される子供に起こる影響は、しばしば学校に馴染むことができないという形で現れます。つまり、他の子供たちとのトラブルを誘発する可能性があるのです。

学校の成績は、子供と親との関係の現れです。不機嫌な両親の元では子供は自分自身を表現することを恐れるでしょう。これは、短期的ないし長期的な問題の原因となります。

攻撃的な行動

両親が常に不機嫌であると、子供は愛情の欠如と解釈することがあります。これは、子供の発達に悪影響を与える可能性を含む問題です。

冷え切った家庭環境で育った子どもたちは、自身の不安を表現する手段として攻撃的な行動を取る傾向にあります。

どのように感情をコントロールすべきか?

状況の深刻さに応じてですが、専門家の助けを借りなければならない場合もあります。しかし、兆候が見え始めた段階であれば、以下の推奨事項のいくつかが状況を改善する手助けになるかもしれません。

自分に時間をかける

精神的な健康を維持するための推奨事項の1つは、あなた自身のために時間を確保することです。スポーツしたり、読書、時には友人と一緒に過ごしてください。これらは蓄積されたストレスを発散させる良い方法です。

親機嫌3

コミュニケーションを積極的に

ストレスの多い状況を回避するために、親しい友人とオープンで効果的なコミュニケーションを取ることがオススメです。相手を尊重し、個人的な意見を表明することは、ストレスレベル低く保つために重要な事です。また、友人はあなたの精神的、感情的な健康を維持することにも貢献してくれることでしょう。

問題があることを認識する

問題があると認めないうちは、決して解決策を見い出すことはできません。問題に直面した時に自体を好転させるための唯一の方法は、まず何かを変える必要があることを自覚することです。

あなたの不機嫌の原因が子供にない事を子供に伝えることも重要です。コミュニケーションは、あなたの不機嫌が周囲の人間を巻き込まないためにも不可欠なものです。

両親のが不機嫌な状況下では、子供の感情や認知機能の発達に深刻な影響を与える場合があります。

問題があることを自覚し、問題にしっかり対峙して改善するために何か措置を講じる。そうすることで、自分自身との向き合い方を知り、周囲の人とより良い関係を築くことができるのです。