親の権限に対する新しい考え方

しつけは全ての子どもが家庭で受けるべきものです。しかし親子の間でおこる体罰や怒鳴ったり言い合いをするのは、しつけと無関係です。両親が親の権限をしっかりと持たないと、子どもの認識力の発達に悪影響が出ることもあります。
親の権限に対する新しい考え方

最後の更新: 28 2月, 2019

我々の社会には共同生活を送るための規則があります。小さい頃から子どもは色々な道徳的な行動について学びますよね。しかし、道徳から外れる行為をする子ども達を目にすることもあると思います。これの原因の一つは、親の権限やしつけが足りないせいではないでしょうか。

それに当てはまる例はいくつもあります。子どもがどこでも大声を上げる、公共の場で走り回る、反抗的に物を床に投げつけるなどが挙げられます。これらの子どもの行動は他人に迷惑をかけてしまうことがあります。

社会文化が活発であるように、子どもに対する親の権限の設定も活発でなければいけません。次世代の子ども達が、未来のポジティブな改革を担っていくということを忘れないようにしましょう。

子どもの行動と親の権限不足

家庭でのしつけにおいて、行動に対する規則と許される行為というのは2つの根本的な原則です。両親は常に子どもに何をさせていいのか、そして何をすべきでないのかを考えていくことになります。

それと同時に、親の権限を権力の乱用と取り違える親もいるので、良からぬ結果をもたらします。

まずは母親として父親としてどのような権限があるか理解する必要があります。子どもの動向を良く分かっている心理士や小児科医によると、子どもを尊重した扱いをすることを勧めています。

愛情、結束、尊敬に基づいたしつけをすれば、親の権限はこの上ない子どもへの奉仕となります。

昔は一家の主として、親の権限は父親だけに与えられるものと社会的に決められていました。そこで子どもは父親が仕事から帰って来ることを恐れて、父親という存在を体罰を受けることや、愛着を表現しない事と関連付けていました。

しかし、社会は大きく変化しました。そして、父親が絶対的な存在という考えの代わりに家族での会話がなくなったという話題が出てきました。

プラス効果というのはいつも良い方法です。子育てというのは単に命令することではなく、子どもの感情とつながりを持つことです。

子どもの人生の成長過程において、それぞれ違う規則を必要とします。母親も父親も敬意を持ってそれを見守るべきです。

 

親の権限 の新しい考え方

必然的規則と任意の規則

現代社会は大人だけに注目していることを考えると、子どもにとって何が標準かを理解するのは難しいでしょう。新生児を一晩中泣かせておくことがしつけだと言う親もいます。そのような親が成長する間に受けた独裁的な教育が原因となっているのでしょう。

小児専門の心理士は、各家庭でそれぞれの家族の規則を設定することを勧めています。それによって私達の心持ちが変わって来るでしょう。

親の権限が足りないなどと言わずに済みます。その代わりに家族にとっての標準が必要であることに注目できます。自分の行動が影響して次の結果を生むということを理解して、子ども自身も行動に責任を持つ必要があります。

愛情、結束、尊敬に基づいたしつけをすれば、親の権限はこの上ない子どもへの奉仕となります。

家庭生活を送るための規則

家族として共同生活を送るための約束事を決める時には、必ず子どもの年齢も考慮することがとても大事です。

同時に大人もそれぞれ自分自身を見直して自己評価してみると良いでしょう。両親はそれまでに社会によって植え付けられた権威主義の考え方を認識して見直すことも重要です。

敬意を持つ子育てをするためには、自分の感情と規則をしっかりと分けて考えるようにすることを勧めています。ルールというのは個人の問題ではなく、子どもの行動による影響を理解できるようにサポートする所にあるのです。

子どもに対して「悪い子ね。」などと言うのは、子どもの行動に対して主観的な批判をしたことになります。それと同時に規則や権限に対して子どもがネガティブな感情を持つようになるでしょう。

親の権限 に対する現代の考え方

ゲームの規則

「親の権限不足」という話をする時、私達は大人中心に昔の考え方で物事を見ているのです。しかし、楽しく創造的な見方をすれば、家族生活をゲームのように例えることもできるでしょう。もちろんゲームにはそれぞれのルールがあります。

ゲームの感覚で見る方法では、明白な規則がないとゲームも面白くありません。体罰を入れる必要はなく、単に規則を破った場合どうなるかという部分だけをはっきりさせておけばいいのです。

この新しい教育法によって権威主義と名ばかりの子育てを止めることができます。現代の母親と父親は、自分が子ども時代に経験した辛く不公平な状況を繰り返したくないと思っています。

現代の親の権限というのは、愛情深く尊敬の念がこもった子育て法で、子どもの成長に付き添うことを意味します。子どもが道徳的な価値観を持てるよう指導して、健全な人生を歩むために必要なものを提供してあげるのが子育ての目的です。

こちらの記事もおすすめ
子どもに良いマナーを教えるための5つのアドバイス
わたしママで読むことができます。 わたしママ
子どもに良いマナーを教えるための5つのアドバイス

子ども に礼儀を 教える ことは私たち親としてのとても重要な責任です。良いマナーを理解し活用することが、他の人に対しての礼儀や共感などの良い特徴を子どもに与えてくれるのは言うまでもないですよね。また、 良いマナー を身に付けていると、自分の周りに対しても感謝の気持ちを抱くようになります。