オレンジ色のサイ:子供に怒鳴らない方法

2018年6月10日
あなたは自分の子供たちを怒鳴りつけることがありますか?もしもやめるべきと感じているならば、この記事をお読みください。

オレンジ色のサイの挑戦は、両親が子供たちを怒鳴ることを止めるのに役立つ方法を紹介することです。

この方法は、自己規律で、子供に対する行動を変えたいと悩むある母親によって考え出されました 。

耐えること、親と子どもの理解とコミュニケーションに悩む方にも有効です。

親になることは多くの困難と対峙することを意味します。そのうちの一つは、子供とのコミュニケーションではないでしょうか。

日常生活のプレッシャーは容易に我慢の限界を越えさせます。結果的に、私たちは自分の子供たちを怒鳴ってしまっています。

何かが間違っているのか

理性を保てずに怒鳴り散らすことは、子供叱るのに実用的な方法ではないことを認めましょう。

ほとんどの場合、怒鳴ったところで子供に良い影響はありません。例え、子供が服従したところで、それは尊敬からではなく恐怖からにすぎません。

子供が、一生、心に傷を負う可能性もあります。また、子供たちは、両親を真似て他人に怒鳴るようになるでしょう。

しかし、もしふと子供に怒鳴ってしまうのであれば、この悪い習慣を変えるためにあなたには残された手段があります。このテクニックはオレンジ色のサイと呼ばれます。

オレンジ色のサイの始まり

この挑戦はSheila McCraithという米国の母親が創ったものです。彼女は、気づかずに、彼女がいつも4人の彼女の子供たちに叫んでいることに気付いた時、恥ずかしいと感じました。

親怒鳴り2

恥ずかしさから、慌てて自分の行動を変えようとしました。その間、彼女は2つの重要なことを発見したのです。

  1. 第三者が目の前にいるとき、彼女の子供たちに怒鳴りたい衝動を制御することができる。
  2. 子供たちが感じることは、他なによりももはるかに重要である

この二つの気づきから彼女は子供たちに怒鳴ってしまうことが習慣化していることを認めるようになりました。同時にそんなことはもうやめたいと感じました。

そこで、彼女はある挑戦を始めることを考えつきました。彼女はこの挑戦をオレンジ色のサイと名付けました。

Sheilaは、挑発されたときに自身を守るために強さを発揮する動物であるために、サイを思いつきました。

色については、オレンジ色が喚起する強さと決意が困難な挑戦には欠かせないと考えました。

オレンジ色のサイの挑戦はどのように機能するのか?

オレンジ色のサイの挑戦は、時間をかけて怒鳴る衝動に抵抗することを意味します。

もちろん、目標に集中し続けることを可能にするヒントがあります。

ヒントは以下のとおりです:怒鳴ることをやめるこ強い決意をノートに書き記しましょう。また、その進捗状況をノートに綴りましょう。その時、怒鳴ることを我慢できた時にも成功体験を書き記しましょう。

これだけのことで、彼女は子供たちを4年間も怒鳴らずに過ごすことができたそうです。その事からも、これが効果的な方法であるということができるでしょう。

オレンジ色のサイを適用する方法

オレンジのサイのテクニックは、実践的で少し変わった行動療法の一​​種です。

あなたの子供たちに長々と批判の言葉、言葉のナイフを投げつける前に、次の措置を試してみてください。

  1. 深呼吸する。
  2. 移動する。別の部屋に行ったり、外に出てください。
  3. 体をゆすってみる。
  4. 音楽を聴く。
  5. 目を閉じて、静かで平和な場所(ビーチや、畑、スパなど)にいると想像してください。
  6. 冷たい水で顔を洗い、10まで数える。
  7. 目的を思い出すために、家の周りにオレンジ色のものや布を飾る。

オレンジ色のサイの挑戦で行動を変える

両親が子どもに対して、権威を持つことは事実ですが、これには大きな責任が伴います。あなたはあなたの子供が従うべき模範であることを忘れてはいけません。

もちろん、オレンジのサイ挑戦は、自身を変える魔法の公式というわけではありません。しかし、あなたが以下のポイントを受け入れることは可能になるでしょう。

  • 子供とのコミュニケーションに問題があることを認識する。
  • 変わるためには力を必要とすることを理解する。
  • 現実的な目標を設定してください。たとえば、はじめに怒鳴ることを1日我慢することに挑戦する。そこから徐々に段階を上げていくこともできる。
  • あなたの目標を他の人と分かち合い、目標を達成するように励ましあうこともできます。
  • あなたの家族に怒鳴る習慣に陥るような状況を特定する。
  • これらの状況を把握し、備える。可能であれば、避けてください。
  • いつどこで誰といても、決めたように自身をコントロールするよう努める。

親であれば、子供に対して言い知れない不満を感じる場面があります。しかし、絶え間ない怒鳴り声を上げることは、健康的な育児習慣ではありません。

あなたが罠に陥ってしまったら、オレンジ色のサイの挑戦を実践することをお勧めします!

あなたへおすすめ