子育てに必要な人間共存のための18のルール

· 2018年6月4日

幼い頃から人間共存のための基本ルールを学ぶのは大切です。子育ての中でそれを教えると、家族同士でも周りの人たちの間でも、調和のある平和な人間関係を作り上げることが可能です。

ここで紹介する法則に沿って、人間共存のための方法を子どもに教え伝えましょう。

人間共存を子どもに伝える理由

基本になるのは、子ども達が他の人を尊重しながら、人との関わりを持つということです。それを理解すると、相手を尊敬し、周りに寛容な行動をとるようになります。

そのようなルールがないと、子どもは自分の思い通りに行動して、無秩序な社会になってしまいます。

最近の社会では、人間共存などという法則など気にしない人も増えてきましたが、子どもにそれを伝えていくのはとても大事です。これを理解する子どもは、人を尊重し前向きな態度を持つ人に育ちます。

このルールを教えると、子どもは不安定になったり、当惑したり、問題を持つことなく成長します。人間共存は、自分の要求と周りの人の要求とのバランスをとるのに役立ちます。

実際、人間共存の法則を守ると、子供も大人もより幸せになるという研究も出ています。

人間共存のための10の基本ルール

人間共存のルールは、周りにいる人たちの権利を尊重するという所にあります。さらに誰もが果たすべき義務があると認めるのに役立ちます。

法則全てが大事ですが、以下の10のルールは、まず子どもが最初に学ぶべきものです。

  • 「お願いします」、「ありがとう」を忘れない。
  • 叫ばない。
  • ていねいにあいさつする。
  • 自分が話す順番を根気よく待ってから質問する。
  • 尊敬心と優しさを持って、自分がそうしてほしいと思うように他の人に接する。
  • 分かち合う。
人間共存するための18のルール

  • 身体的にも言葉の上でも、人を悪く扱わない。
  • どこかへ行くときは時間厳守にする。
  • 間違えたり、誰かに怪我をさせたら、素直に謝る。
  • 他の人の考え方を尊重する。

人間共存のためのその他のルール

さらに子どもの学校生活や成長の段階で、必要になってくる価値観や法則をご紹介します。

  • 親が買ってあげられないような物や、不必要な物を欲しがらない。
  • 他の人が話している時は、注意して聞く
  • お年寄りを尊敬し、手助けする。
  • 嘘をつかない。
  • 責任を持つ。
  • 他の人のプライバシーを尊重する。
  • 自分の間違いとその結果を認める。
  • 自分の住む環境に優しく、資源を大切にする。
人間共存するためのルール

人間共存を子どもに伝える方法

子供に人間共存を伝えるには、自分がお手本となって指導することです。そのためには、親がルールを守って実践することで、人間共存を子ども達に植え付けることができるのです。

そこで、親がきちんとあいさつをして、お詫びをして、感謝の気持ちを表し、人の話をよく聞くようにします。子どもがそれを見て、同じようにしてみようと思えるのです。

以下のアドバイスに従って、子どもにルールを守るような子育てを、簡単で効果的に教えていきましょう。

  • できるだけ早く子供に伝える。子どもが幼い頃から人間共存のルールを教えるのが理想的です。例えば、1歳の時点で「ありがとう」を教えると、成長する段階で簡単に練習できます。それから、賢明な子どもは、親を見てそのまねをし始めます。
  • ゆっくり時間をかけて教える。様々な状況で良いしつけをする機会を持ちましょう。
  • ルールの大切さを説明する。子どもの成長に合わせて理解できる範囲で、ルールを守り、良い行動をとることの重要性を話し聞かせます。
  • ほめて、必要であれば間違いを訂正する。良い行いをしたらほめてあげましょう。法則に沿った行動を持続するよう奨励するのです。反対に法則に背くような場合は、それを直してあげましょう。
  • ゲームを取り入れる。しつけを学んで実践できるようなゲームを教えてあげましょう。子どもの年齢に合った遊びにするのが重要です。

子供の年齢に関わらず、人間共存のためのルールをどんどん教えてあげましょう。

良い人間を育てることで、皆仲良く調和のある社会を築くことにつながります。