日本の子育て技術と文化

· 2018年5月9日

日本には、独自の”子育て技術”があります。育児に関して、日本は子供の世話と植物の世話を比較し、適切な成長のために栄養、訓練、そして不要な部分を取り除くことが必要とされます。

子供たちの特定スキルの発達は、文化が彼らに与える重要性によって決まるのです。

ですので、共感や感情を抑えることが重視される日本において、子供たちは幼い頃から同じ習慣を身に付けることを期待されています。

今回の記事では、日本の子育ての特徴について見ていきましょう。

児童中心教育

日本の子育て技術は基本的に子供たちの母親への依存が土台となっています。

子供が生まれてから、母親は自分の赤ちゃんと親密な絆を形成し、幼年時代を通じてその繋がりを強化します。

カンザス州乳幼児精神保健協会が発表した「幼児期訓練(Early Childhood Discipline)」の記事の中で述べられているように、日本の両親は伝統的に子供のタスクと責任(身支度、入浴、テーブルの準備など)を管理しています。それは青年期でさえも同じです。

学校で学ぶ日本の子供

日本で社会的、道徳的価値を持った子供を育てる時、この極端に近い関係の構築の方がモデル提示、交渉、懲罰技術よりも好ましいのです。

子供たちに正しい振る舞いを促し、強制するために懲罰やその他の手法よりもむしろ、子供たちと確立した親密な絆に頼ることが日本の母親の伝統です。

日本の母親の役割

日本の母親は教育、趣味、子供たちが開発し、追及するキャリアパスにまで口出しします。

この子育て戦略の結果として、日本の子供たちは親の助言や指示に忠実に従うことを学ぶのです。

母親の役割は、子供たちがどこに行くのか、何を食べるのか、どのような活動に参加するのかについて独占的な決定を下す時は非常に注意深く、選択的になります。

乳母を雇ったり、赤ちゃんを離して夜に映画を見たり、週末にママとパパだけで旅行に行くことは一般的ではなく、日本の文化では受け入れられません。

共感を教えることの重要性

自分の行動が他者に与える影響を考えることは日本で最も価値があるものの1つを維持するために極めて重要です:集団の調和。これが共感を日本文化の中心に置き、当然、日本の子育ての中心でもあります。

西洋の親たちはたびたび子供に協力を要求(例えば、口頭注文や懲罰など)する一方で、日本の母親は子供たちの行動が他者の感情だけではなく、動物や物の感情にまで、どのように影響を与えているのかを絶えず教えていることが知られています。

幼い頃から、日本の子供たちは行動を起こす前に他者を思いやることの重要性を身に付け始めます。

日本の子供に対するしつけ:両親が子供に価値を伝える

子供に教える両親

親は子供に緊密な管理と指示を与え、ルーチンと行動パターンを確立するために彼らの成長を導きます。

しかし、この親の指導は、子供たちが自分たちの行動パターンとルーチンを管理できるようになるにつれて、徐々に必要性が低くなります。

日本の文化は厳格だと見なされます:多くの外国人の親は、日本の親があまりにも厳しい規則を適用していると考える傾向があります。

しかし、いつもそうではありません。西洋の親が子供が従順であることにより集中し、懲罰を課すのに対して、日本の親はもっと規則を定め、懲罰に過度に依存しない傾向があります。

従順と協力は密接に関係している

日本では、子供たちは小さなグループ(スポーツ、文化、部活動やその他のグループ)に参加し、そこでは協力と調和の重要性が強調されます。

このようなグループにいるという社会的な重圧が、間接的にコンプライアンスを要求する模範的なエージェントとして機能し、子供たちに適切な行動と服従を教えるのです。