モーツァルト効果は本当か嘘か?

· 2018年6月20日

 

モーツァルト効果というのは、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトが作曲した音楽を聴くと、色々な効果が見られ、大人だけでなく赤ちゃんにも良いのでないかという仮説です。

しかし噂とは反対に、モーツァルト効果で子どもの頭が良くなるという影響はありません。

モーツァルト効果は単なる作り話で、幼い子ども


の脳に賢くなるような変化をもたらす効果は見られないそうです。

しかし、このオーストリア出身の音楽家の曲を聴いたとき、赤ちゃんに他の利点があるので、それについてご紹介します。

なぜモーツァルトの音楽なのか?

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、他に類を見ない天才児で、たった5歳で作曲を始めました。モーツァルトはあらゆる楽器演奏に熟達していて、特にバイオリンと鍵盤楽器の演奏は秀でていました。

短くも充実した人生(1756 – 1791)を送った天才音楽家のモーツァルトは、600以上もの貴重な音楽作品をこの世に残しました。

何年にも渡って科学的な研究が行われ、モーツァルトの作品に、何か音楽以上の相乗効果があるのではないかと言われてきました。そして、モーツァルト効果が生まれて、医学や心理学者の研究に基づく科学的仮説として広まったのです。

モーツァルト効果で赤ちゃんを刺激する

1991年にモーツァルトに関する本が出版されたことによって、専門家の意見、調査、推測が集まり始めました。結局のところモーツァルトの音楽は、曲のテンポ(拍数/分)と周波数など独特な特徴があるという結果が出ました。

そこでモーツァルトの音楽が、赤ちゃんの感情的発達にどのような良い刺激を与えるのか、詳しく見てみる必要があります。

モーツァルト効果1

モーツァルトの作品の中でも「2台のピアノのためのソナタ ニ長調」K.448は、赤ちゃんが小さい時に聴かせると癒しの効果があると言われています。

モーツァルトを聴くと、脳の様々な部分で変化が起こり、励まし、喜び、ポジティブな気持ちを引き起こし、小さい頃から音楽を楽しむようになるという効果はあります。

結論

単なる流行りでは終わらず、モーツァルト効果は拡大解釈され、宣伝効果に使われたことになります。崇高なる音楽によって、子どもの知能やIQを上げる効果があるなどという、理想的な考え方だからこそ支持されていたと言えるでしょう。

新しい思考が生まれたら、それを商品化しなければいけないという、人間の欲と必要性も、その誤解が続く原因だったかもしれません。モーツァルトの音楽効果は、単なるうわさから子どものいる家庭へと影響を広げていきました。

モーツァルト効果は本当か嘘か?

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト、またはその他の作曲家の音楽によって、赤ちゃんの知性が伸びる、集中力が上がる、運動協調性や学習能力をつかさどる脳を活性する、などというのは嘘です。

モーツァルト効果2

賢くて、健康で、幸せな赤ちゃんに育てたいのであれば、赤ちゃんと一緒にいることで関係を深めるのが一番です。赤ちゃんに話しかけて、歌を歌ってあげて、一緒に遊ぶことの方が大事です。

赤ちゃんを連れて散歩して色々な発見をする、何か新しいものを与えたり、カラフルなおもちゃを渡してみましょう。

お話を読んで、想像の物語を作って、抱きしめて、キスをして、ママはあなたが大好きよ、と教えてあげましょう。

音楽の効果を利用したいのであれば、お昼寝の時間にボリュームを下げて、モーツァルトの作品を聴かせるのも良いかもしれませんね。