恐怖による服従ではなく敬意を教える

· 2018年7月14日

多くの人が驚くかもしれませんが、服従を要求しても、必ずしも世界に幸せな子どもたちを生む結果になるとは限りません。服従はほとんどの場合、恐怖によって達成されるので、最も良いことは非常に早い段階から子どもたちに敬意を教えることです。そして、その相互関係と共感は誠実な愛情に基づきます。

一部のママとパパはこのアプローチに同意しないかもしれません。さらに、私たちの多くは、悪い行いは激しく処罰され、良い行いは褒美を与えられるという行動心理学の柱の下で教育を受けています。

褒美や処罰は必ずしも効果的ではなく、特に大人の世界では、社会が常に「良い人でいるだけ」に何か良いもので報いてくれるわけではありません。子どもたちは簡単な褒美に基づいて行動を指導させるべきではありません。

彼らは良い振る舞いのルーツが敬意と品位であることを理解し、同時にそれを実践する必要があります。

恐怖と不幸に基づく服従

重要なコンセプトを明確にすることから始めましょう。恐怖による服従が子どもたちの不快感を引き起こすように、寛容性もまた不幸の原因となります。

制限が多すぎると、子どもたちは周囲に壁しか見えなくなります。そして、あまりにも許容されすぎると、周囲に何の制限もないので、彼らは期待されていることがわからなくなります。

極端な子育ては良くないので、まずは「従順な子ども」が何を意味するのか、定義する必要があります。

自宅でのみ従順な子どもたち

これは教師たちが教室で見るとてもありふれた行動パターンです。授業中に他の子をいじめたり、敬意を示さず、自宅での振る舞いとは程遠い振る舞いをしたりします。

教師たちが親たちと話す時、自宅では「とても従順」なので、彼らは子どもがこのように振る舞っていることを理解したり、信じたりすることができません。

そして、問題なのは子どもたちを恐怖と処罰で教育すれば、彼らは従うと思いますが、敬意のコンセプトを深くは理解できないということです。

彼らは理解によってではなく、義務によって行動するのです。したがって、学校では、家庭のプレッシャーから解放され、この恐怖と怒りを規律を乱す行動に向けるのです。

それは十分ではありませんし、時には逆のケースもあります。厳しいしつけの中で服従を教えられた子どもたちは、他のシナリオでは閉鎖的で、怯えて、防御的な行動を示しました。恐怖は教育にはなりません。恐怖は感情的なバランスを損なってしまうのです。

従順な子どもたちが通常受ける教育の方法

子どもを教育する方法はたくさんあり、各家庭は間違いなく自分の子どもたちに伝えたい原則と価値を持っています。しかし、降伏に基づく服従は健康的でも教育学的でもありません。

支配的で厳しい服従に基づく育成が通常もたらすリスクを見てみましょう:

  • いかなる自発的行為も非難されるため、子どもたちは感情を表現する方法をあえて知ろうとはしません。
  • その子どもは黙っていることや、「泣くことは弱者」だから涙を隠すこと、または「面倒くさい」からじっとしていることを教えられ、挙句の果てに、非常に危険な感情的かつ個人的な抑圧を生じてしまいます。
  • 服従はまた、潜在的な危険から子どもを「保護」しようとします。従順な子どもは自宅の安全地帯から出てこず、父親と母親の幻想に結び付きます。

恐怖によって教えられた従順な子どもはあえて探索したり、発見したり、他人と打ち解けたりはしません。 恐怖は幸福の逆です。アプローチを変え、恐怖ではなく敬意を教えることが必要です。

敬意と幸福を教える

「黙って、じっとしてろ、お前のすることは全部迷惑だ」と言うのと「静かにしてくれませんか?ママが電話中です。」と言うのは同じではありません。

言語は教育し、態度は教育学的です。模範になることがすべての親業の鍵です。私たち全員が私たちに注意を払う子どもたちを欲していることは事実ですが、彼らがなぜ私たちに耳を傾けるべきなのか、そして常にお互いが敬意を持って扱うことの目的を理解する必要があります。

敬意に基づく教育の価値を反映するために、これらのキーポイントをメモしてください。

  • 子どもに責任を与える。早期から、自分のために物事を行うことと自分の所持品を管理することの重要性を学ぶ必要があります。徐々に、彼が多くのことをできる能力があり、私たちが彼を信頼していることを実感した時、彼は自分自身を誇りに思うでしょう。
  • 自宅で確立したルールについて子どもに言って聞かせる。なぜそれに留意すべきなのかを説明しましょう。子どもに話しかけ、すべての質問に答えられる丁重なコミュニケーションを確立しましょう。
  • 間違ったことをした時は、彼に叫んだり、恥をかかせたりしない(「お前は不器用だ」、「お前は世界で最悪の子どもだ」)。否定性を高める代わりに、物事を上手くするように教えましょう。

彼らの感情を理解し、これらの内部プロセスを導き、理解するように教えましょう。このためには、ローザ・ヨヴェ(Rosa Jové)による「La Crianza Feliz」 (幸せな幼年時代)や エヴァニア・ライヒェルト(Evania Reichert)による 「Infancia: La Edad Consegrada」(幼年期:聖なる年齢)という本がとても役に立つでしょう。