子どもを良い人間に育てるための秘訣

· 2018年6月2日

今現在これまでよりもさらに、この世には良い人間が必要とされ、世界をより良い環境へと向上させることが重要です。

しつけ、価値観、誠実さを教えることが、子どもの人生通して大切な教訓と言えるでしょう。

あなたの子どもは、世界をより良い方向へと導く可能性を秘め、それを達成するために親であるあなたを必要としているのです。責任を持って、自分たちの生活をしっかりと営むことができるよう、子ども達を良い人間に指導し教育していきましょう。

この人生で最も価値のある肩書は、良い人間です。大学に行ってもこの肩書は与えられませんが、自分の道徳的な価値観だけがそれを可能にします。

子どもを良い人間に育てるための秘訣

まず自分が変わる

子どもの行動で何か改善したい部分があるとしたら、まず親である自分が変わって、お手本になって下さい。

親が絶望的でいつもいらいらしているのに、子どもに辛抱強く落ち着くようにさせるのは難しいでしょう。子どもに楽観的になるよう望むのであれば、まず自分の態度を改善しましょう。

子どもに運動する大切さを教える

身体の健康は、心の健康と密接な関係があるので、身体を鍛えることは重要です。

あまり動きのない生活をしている人は、身体的精神的な問題があります。身体の全細胞が酸素を必要としているので、そのためには運動をするしか方法はありません。

運動することで、元気がわいて、気分を良くします。つまり、何かスポーツをしたり、単に外で30分散歩するだけでも、身体の毒素が排出され、緊張がほぐれます。

子供が何か興味のあるものを探すよう励ます

学校の勉強以外にも、子どもが課外活動に参加するように勧めてみましょう。

もちろん、子どもの生活にやる事を詰めすぎて、スケジュールがいっぱいにならないようにして下さい。極端にすることは良くありません。ただし課外活動が子どもの心を晴れやかにするという利点があることは確かです。

芸術、スポーツ、科学は、子どもの様々なライフスキルを発達させます。

子ども達が色々な趣味を試す機会を持ち、何が一番好きなのかを見つけ出しましょう。何か楽しい活動で、しつけの訓練になり、精神的な健康を助長するものが好ましいです。

協力し合う大切さを教える

子どもが他の仲間たちや年上の人たちと一緒になって、共同生活したり、協力し合うことの重要性を理解して、積極的に行動して良い結果を出す方法を教えてあげましょう。

社会や人を通して子どもの自律性を発達させると、我慢強く周りの人を尊重できるようになります。子どもが協調していく価値を感じ、チームワークを楽しむことができるのも良い点です。

良い人間に育てる

「お願いします」と「ありがとう」を言える子どもに育てる

子どもの最初の1年目に、ありがたいと思うこと、感謝の気持ちを表現する大切さを教えなければなりません。誰もがみんな平等だと認識し、子どもが良い人間になって思いやりの気持ちを持てるようにするのが重要です。

基本のあいさつ言葉以外にも、正直に礼儀正しくふるまえるようなしつけをすると、これからも学校や社会に出てもやっていけるよう、子どもが成長し、本人も自分に満足できます。

健全な人付き合い

自信があって、賢く寛容な子どもに育ってほしいのであれば、人付き合いを経験させましょう。家庭でも子どものお手本になるような対人関係を持つ必要があります。

他の人との社会関係を築き始める練習をして、それをどう上達させるか教えてあげましょう。

人間関係で起こる様々な問題から守るために、子どもを隔離してしまうのは意味がありません。むしろその代わりに、積極的に対人関係を作るのに必要な手段を与えましょう。

身だしなみとパーソナルケア

まず自分の身だしなみを整えることが、良い人間の基本です。健康管理を怠らず、必要なであればきちんと受診して、常に清潔でいるよう心がけましょう。

幼少期の最初の段階で、身だしなみの基本を習慣付けましょう。

まずよく手を洗い、歯みがきの方法を教えます。そこから少しずつ、もっと高度なパーソナルケアを練習させます。

自然を愛する心を育てる

この地球の環境問題を考えると、子ども達に環境に優しいライフスタイルを教えることは重要になってきます。

リサイクルの重要性、水を大切にすること、環境との関わりを考えた生き方を、子ども達に伝えていかなければなりません。人類が必要とする、地球規模のエコロジーを子ども達に教えていきましょう。

良い人間になる

真実のつながりが良い人間を育む

毎日の生活にテクノロジーが侵入してきた現在、人間同士の真のつながりを持つのが難しくなってきました。

技術ではなく人の身体的な愛情表現の大切さを、毎日子どもが忘れないように気を付けてあげましょう。誰しも個々に価値ある人間だという事を教えてあげなければいけません。

良い人間になるというのは、親の努力と献身が必要で、発達に時間のかかるものです。しかし、その努力一つ一つが充分価値あるもので、子どもがこの世をより良くしていく姿が見れるのです。

この世界には、学術的にも倫理的にも教養のある人間が必要です。そして、誰もが共存し合って、世界をもっと住みやすい場所になるよう改善してくれるに違いありません。