子どもの発話を助ける実践的な練習法

· 2018年5月12日

生まれてから最初の数か月間は、赤ちゃんは話し方がわからないため、全ての感情表現が泣くことで表現されます。私たち親は、自分の子どもの最初の言葉を今か今かと待っています。しかし、子どもの発話を助ける実践的な練習を賢く行うことで、この待ち時間を短くすることができます。

子どもが話すようになるための刺激の与え方は比較的シンプルですが、おうちでできるアクティビティについてはあまりよく知られていません。

ここでは、赤ちゃんが言葉を形成する瞬間に近づけてくれるいくつかの練習法を紹介していきます。対象は6~36ヵ月のお子さんにお勧めです。

実践的練習法で、子どもの発話を助けましょう

言葉の習得を促進するにはどうしたらいいのか、というのは、多くの人が答えようとしてきた疑問です。親や専門家、チャイルドケアのプロや先生たちみんなが効率的に赤ちゃんの発話を助けようと努めています。

赤ちゃんに話すようになってもらうには、言語習得に必要なアクティビティについての背景知識を持っておくことも大切です。これらはご自宅で簡単に実施することができます。

そこでこの記事では、この感動的で画期的な瞬間に到達するための最もシンプルな練習法を紹介したいと思います。

練習1:読み聞かせ

読み聞かせ

子ども向けのお話はわかりやすく作られていて、赤ちゃんの感情の容量に刺激を与えてくれます。年齢にあったお話を選んであげましょう。

子どもの発話能力を発達させてあげるためには、読み聞かせをしながら本の中にでてくるものを赤ちゃんに指さしてもらいましょう。お子さんはあなたがお話を読むのを聞くことには慣れますが、赤ちゃんが「読める」ように、赤ちゃんの手に本を持たせてあげるのもよいでしょう。

練習2:パペットシアター

キャラクターや会話に興味を持たせる楽しい練習法です。子ども向けのパペットや操り人形は、子どもたちにとって素晴らしい先生になります。人形に話し返したり、人形の特徴を挙げたり、人形からの質問に答えるよう促してみましょう。

会話を導くためのシアターを作り、象徴となるような小道具を置くのも良いでしょう。登場人物になりきってお話を作るのも楽しみ方の一つです。

パペットで遊ぶ

練習3:昔ながらのゲーム

大人と子どもがかかわりあい、歌やダンスが出てくるゲームは、発話の促進に使えます。こういったアクティビティは、たいていゲームによって子どもが反応し続けたり身振りで表さなければなければならない韻、フレーズや音が入っています。

練習4:子どもの歌

子どもの歌の目的は教育ですが、子どもたちにとっては抗いがたいなにかを持っています。なので、歌は楽しみながら学ぶにはとてもいい方法なのです。

またこれらの歌は子どもの頃に学ぶ語彙が豊富に含まれています。シンプルで、おもしろおかしいものですよね。まずは音節一つずつ、そしてしだいにより長い断片、というようにして、それらを何度も何度も繰り返していくとよいでしょう。

練習5:絵

「言葉の兆候」という難しい暗号を紐解いていくには、目で見る絵と、絵を説明している言葉を結び付けていくことが非常に重要です。

このため、写真、漫画やあらゆる種類の絵を見せることで、それに関する意味や会話の情報を与えていけるのです。子どもは絵の中に見えるものを説明して、新しい概念を作り出し新しい語彙を習得していきます。

いつから練習をはじめるべき?

子どもが理解の兆候を見せ始めるのは、生後約6ヵ月頃からだと言われています。笑ったり、話しかけると注目したり、最初の発声が出てきたりします。この頃に発話を刺激するための適切な練習を始めていくのが良いでしょう。

9ヵ月から12ヵ月になると、よりたくさんの音節に対して反応できるようになります。欲しいものを指さしたり、受容と拒否を表現したり、様々なものや人の名前が覚えられるようになったりします。自分で意味を作ったジェスチャーも使い始めます。

2歳以降では、単語を完全に言うことができ、意味が分かっていることを示せるようになります。この頃に、子どもが話すのを促すために作られた練習法を行うのが良いでしょう。

36ヵ月では、上で述べたような練習はすべてできるようになりますが、中には行うのが難しいものもあるかもしれません。これがうまくいかない場合は、専門家に相談してみてください。