子供への性教育の重要性

2018年7月3日
子供が直面するリスクの1つに、性的虐待のリスクがあります。危険な状況から身を守る事を子供たちに教えることは重要です。

この記事では、子供たちに性教育を教えることの重要性について話します。

無論、すべての保護者は、子供の精神的、肉体的、および感情的な健康を気にかけています。親には子供たちに、人生のトラブルを避ける方法を教えようという意図があります。

子供たちに教える必要がある、最も重要なことは、性についてではないでしょうか。子供たちは、「誰も私の体に触れることができない」ということを理解しなければなりません。

性教育はなぜ子供にとって重要なのか?

今日では、性教育は家庭で子供にを教えるべき基基本的な項目の一つになっています。

子供たちと話し合わなければならないこと:

  • 生命の創造
  • 人間の身体とホルモンの変化
  • 避妊
  • 生殖

性教育には期限は決められていません。

子供がすでに自分の性を自覚するまで待つことに反対する人もいますが、性教育は適切なタイミング、方法で行われるべきです。

早い段階から子供に性教育を与えなければならない理由は、子供の将来のために限られません。

性教育は、あなたの子供が性的虐待に晒さる危険性を最小限にするために不可欠です。

もちろん、親の希望は、子供たちが幸せで健康的に成長することです。

しかし、虐待から身を守るためにも、両親は子供に身体接触の制限を学ばせるための何らかの措置を講じなければなりません。

子供は誰も自分の体に触れることができないことを知る必要があります。親は子供に許される接触と許されない接触を区別するよう、教える必要があります。

性教育2

子どもに身体的接触の範囲を教える方法

性について子どもとと話しあう場を設ける場合、性的虐待の深刻さと危険性についても明確に伝えることが重要です。

子供が性的虐待への理解を深めれば深めるほど、被害者になる可能性は低くなります。

子供に、不快に感じるような状況になった場合は、直ちに信頼できる大人に打ち明けるべきことを教えてください。

以下の概念は、子供が脅威と捉えるための指標になると思います。

身体のプライベートで親密な部分

他人が自分のプライベートな部分を触ること、見ることはできないと子供が理解することは非常に重要です。誰かがこの制限を超えた場合にはすぐに信頼できる大人に知らせるべきです。

子供たちは、以下の身体部位、それぞれの名前を覚え、認識し、これらの部位は制限の範囲であると知るべきです。

  • 生殖器(陰茎または膣)
  • お尻
  • 鼠径部

同様に、保護者は子供に、他人のこれらの部分にも決して触れてはならないと伝える必要があります。

言い換えれば、彼らはプライバシーの概念を理解する必要があるのです。

誰も私の体に許可なく触れることはできない

子供は早い段階から、自分の体が自身のもので、他の誰のものでもないことを知らなければなりません。それが、愛や愛情を約束するものであってま、誰にも触れる権利はありません。

子供は、このルールが知人、他人を問わずらすべての人に等しく適用されることを知る必要があります。

見知らぬ大人が子供に助けを求めることはない

保護者は、状況下を問わず、見知らぬ人が接近することが危険なことであると子供に教える時間を設けましょう。

いつ、どこであっても、子供に助けを求める見知らぬ人を信用してはいけないとしっかり教えましょう。

こういった要求に対する唯一の答えが、はっきりとノーと伝えることであると子供が知っておくことが重要なのです。

見知らぬ人が親切に見えたとしても、警戒をといてはいけません。

重要なことは、理由なく見知らぬ大人が子供に助けを求めることはないと伝えることです。

性教育3

結局、誰を信用できるのか?

子供は大人には想像もつかない驚くべき想像力を持っています。故に子どもに直接的かつ明確に話すことが重要です。

もう一つの参考になるアイデアは、信頼できる大人のリストを作ることです。これはあなたの子供が間違った人に信頼を寄せてしまうことを避けるのに役立ちます。

病院で想定されることも子供に話してください。上記のリストに記載されている身体部分を医師が見るか触れる必要がある場合があります。

しかし、これも、親の許諾なしには決して起こり得ないと知るべきです。

コミュニケーションを奨励する

虐待防止の最終的なキーは、幼い頃から青年期まで、子供とのオープンなコミュニケーションを築くことです。これは非常に重要なポイントです。

子供は保護者に包み隠さず、気兼ねなく自分の生活の中で起こっていることを話すべきです。

これは、良いことだけでなく、不快に感じたことも共有することが望ましいです。

子供は何でも保護者に伝えることができる、そして、保護者はどんな些細なことでも、真剣に取り合ってくれると知る必要がるのです。

あなたへおすすめ