子供が5歳になるまでに教えるべき価値観

· 2018年5月7日

子どもが幼い時に価値観を教えようとすることは、不可能で意味がないのではと思う親もいます。しかし、年齢を理由に不可能だと信じることは間違いです。なぜなら、5歳までに多くの人格が決まるからです。

あなたの子供がこの年齢層なら、伝えるべき価値観を書き留めましょう。早ければ早いほど、子供はそれらの価値観を人生に上手く取り入れることができます。

誠実

正直を子供に教え込むのに最もよい方法は、あなた自身が真実を話すことです。子供があなたが嘘をつき説得力のない説明をしていることを見抜いたら、困惑し嘘をつくことは問題ないと思うでしょう。

このことが生じると、嘘は普通で自然で大したことではないと考えます。子供が嘘をついていることが分かったら、大げさに反応することは避けましょう。本当の事を言う大切さを分かりやすい言葉で説明することが一番です。

嘘をついていることが分かったら、話を止め嘘をついていることが分かっていることを明確に伝えましょう。そして本当の事を言うように言いましょう。このやり方なら、子供は嘘をつくことが不可能であり常に最初から正直に話した方がいいことを学びます。

0歳から5歳の間は重大な嘘はつきません。問題は、嘘をつくことを許すことで直すのが難しい習慣を身につけてしまうことです。

正義

今までどれくらい子供の悪い行いについて謝らせましたか?子供は今までどれくらい悪い行いの結末に向かいあいましたか?5歳までに子供に教えないとならない2番めの価値観は正義です。

子供に正義を教えることは、全ての行動は結末を伴うことを子供が学ぶという意味です。親が子供の悪い行いを見逃すということは、子供にそのような行動をしても何も起こらないことを教えることと同じです。そして子供が成長して現実世界と向き合った時、ルールに対してどのように行動すべきかが分からなくなります。

決断

子供の新しい挑戦の後押しをすることは、決断力と自信を身につけるのに役立ちます。5歳までに子供に教えなければならない3番目の価値観は、人生において困難な状況に立ち向かうのに役立ちます。

この価値観を教えるのに最もよい方法は過剰なご褒美をあげないようにすることです。何か上達する度にそれを認識して祝うのは良いことです。気をつけなければならないのは、ご褒美の上げ方です。

もし野菜を食べる度にお菓子を与えたら、良い食べ物を食べることを義務だと思わなくなるでしょう。代わりにご褒美を与えることがあなたの義務だと考えるようになります。代わりに目標に対する上達と到達をチャレンジさせましょう。スポーツをさせるのがいい方法です。

配慮

子供に教えなければならない4番目の価値観は他者の気持ちを考え、尊重することを学ぶことです。私達は他者に囲まれて生きており、彼らを単に踏みつけることはしてはいけません。

子供は自分の行動や言葉が他人を救うことも傷つけることもあることを理解しなければなりません。第一段階は何かよくない状況が起きた時、その前に不適切な言動があったことを説明することです。子供がその事を知らないことを理解し、やさしい言葉でその事を説明しなければいけません。

子供自身を他者の立場に置き換えさせましょう。何を考えるか、どう感じるか?同じことを自分にされたいと思うか?率直に話せば最小の努力で、子供はこの価値観を理解し受け入れるのが分かるでしょう。

愛情

 

親は子供は本質的に物事を愛する生き物であると考えがちです。それは正しいですが、常にその価値について話し、それはお互いのものであることを説明するべきです。少しの時間を使ってあなたの彼らに対する愛情は唯一で特別なことであることを伝えましょう。

あなたが愛情を示せば、子供はその事をよい事として捉え、他者へ愛情を示すことを学ぶでしょう。子供を抱きしめたりキスすることに躊躇しないでください。実際、安心感と自分が特別であることを感じるのに必要なのです。

これらが子供の人生の最初の時期に見落とすべきでない価値観です。これらがよい振る舞いと幸せな人間となる基礎を築き上げるのです。