感情的意識を育てる5つの方法

· 2018年10月17日

自分の感情を理解してコントロールするのは、我々の社会生活において必須の技です。子どもに 感情的意識 を養育しなければ、子どもが成長したときに不満いっぱいで不幸な人間になってしまいます。

今回ご紹介する5つの方法を学んで、子どもに感情的意識を持たせるようにしましょう。

感情的意識 とは

感情的意識は、自分の感情を認識して、それが何なのか名称を付ける能力です。

自分に影響を与える思考、感情、行動を、しっかりと理解するという意味です。さらに重要なのは、自分の周囲にいる人の感情も意識して、その気分を「読み取る」方法を知る能力です。

心の知性の基本となるのは、感情が自分に役立ち、感情に振り回されないということです。

– ルーベン・バーオン

子どもの感情的意識

感情は私達の行動と学習する能力を決定します。感情について良い教育をすると、個人の身体と心の健康に役立ちます。さらに子どもの発達上の問題を防止し、子どもが健全な性格を持つようになるでしょう。

自分の気持ちを表現し、感情をコントロールできるのは教育の基本目標であり、子どもの成長にとても重要です。

感情的意識を育てる

研究専門家によると、感情は以下の種類に分けられるそうです。

1次的感情

これは学習と経験によって形作られる感情にもかかわらず遺伝の影響が大きく、ある意味どの文化でも見られ、誰にでもある感情的反応と言えるものです。

2次的感情

これは各自の成長によって得られるもので、このような感情的反応はかなり個人差があります。

否定的感情

心地良くない気持ちのことです。自分に危害を与えるような状況であるか判断し、可能な方法を結集して状況を変化させようとします。

肯定的感情

好ましい状態である時に起こる楽しい気持ちです。特に状況を変えようとする必要がないので、いつの間にか感じているうれしい気持ちです。

中立的感情

これは本来、心地良い、または心地悪い感情を作り出しません。その感情は否定的でも肯定的でもないのです。これは単に、良い悪いとは別の感情状態を引き起こします。

感情的意識を育てる5つの方法

家族

家族全員が示すお手本は、長期的な認識力と感情的影響を子どもに与えます。

子どもは常に、身近にいる大事な家族の行動をよく観察しているのです。私達こそが模範となる人間であり、子どもはそれを真似るようになるのです。

大人が楽観的または悲観的な性格なのか、さらに人とどう関わるのか、というのは、ほとんど子どもの頃に家庭で習得しているのです。

知的な刺激

多様な文化を愛することを奨励するような、子育ての環境を与えるのは両親の役目です。子どもに様々な刺激を与え、その内容について、読書や学習によってさらに知識を強化します。

しかし遊びも忘れてはいけません。遊びやスポーツなども、子どもの性格が確立していくのに重要で、色々なことに好奇心を感じ、興味を持つように、子どもを支えてあげるべきです。

感情的意識 を育てる遊び

子どもが自分の気持ちを話すようにする

子どもに何が起こっているのか、親が興味を持つようにしましょう。子どもとのおしゃべりを忘れないでください

会話を通して、子どもにとって何が怖いのか、どんなことで怒ってしまうのかを把握します。そういう感情を子どもが話してくれたら、それに対応してあげられます。

もちろん、自己制御しながら感情表現する方法を教えてあげなければいけません。

選択権を与える

子どもに心の知性を発達させるには、子ども自身が決定権を持つことが重要です。もちろんまずは何が正しく、何が間違っているかを、きちんと教えてあげることが先決です。

そうすれば子どもは自分に自信を持てるようになるでしょう。何かを決めるときに、どうしていいか分からなくならずに済みます。

雰囲気を認識できる

周りの人と場所を、よく観察するように子どもを教育しましょう。

それによって、子どもは色々な場所に慣れて、それに合わせて自分の行動を決めることができます。落ち着いて静かな場所にいるときは、大声を上げて人の邪魔をしてはいけないものだと判るはずです。みんなが楽しく笑っている部屋に入ったときは、その雰囲気を察して自分も笑顔を見せるでしょう。

子どもの目の前で大人が今現在していることが、長い間影響を与えるのです。将来子どもが自分の家庭や家族を持った時に、あなたの行動をそっくり真似するかもしれません。