子どもたちに自分で勉強する方法を教える

· 2018年6月14日

子どもたちに自分で勉強する方法を教えることは、親が発達中の子供にに指導、監督、サポートすべき非常に重要なプロセスです。

子どもたちに自分で勉強する事を教えることは、単に、子供への手助けに留まらず、親の責任とも言えるものかもしれません。

幼児期には、親は特に知識の学習、取得に関して、いつでもサポートできる体制を整えておかなければなりません。

子供の宿題への親の協力の有無は、子供の学校でのパフォーマンスに確実に影響を及ぼします。そのため、両親が積極的な協力姿勢を持続させることが非常に重要です。

早期に子供に身につけさせるべきな習慣は、学校でのタスクや家でのタスク(宿題)を全て完成させることです。これは、子供が試験(筆記または口頭)などストレスが高い状況を対処できるような準備を備えるためです。

子どもたちに自分で勉強するように教えることは、人生における大切な道具を与えると同義です。

子供のころに培った習慣のほとんどは大人になるまで持続することを心に留めておきましょう。

規律は、学習する意欲を維持、向上させる上で重要な役割を果たします。

「あなたを突き動かすのは動機だが、あなたに継続的な取り組みを促すのは習慣である。」

ジム・リュン。

自分で勉強2

子供に自分で勉強することを教えるためのヒント

子供が自分で勉強するようなるための第一歩は、学習エリアを準備することです。

テーブルを掃除し、気をそらすものを取り除き、机の上にランプを設置し、必要なもの(鉛筆、紙、辞書など)をすべて机の上に置きます。

近くに水のボトルを置くことを忘れないでください。勉強中には水分摂取を忘れてはいけません。

1.トピックを分割する

研究領域が準備されたら、最初に行うべきことはトピックをセクションに分割することです。

分割することで、子供は彼らが何を勉強しようとしているのかを明確に理解することができます。また、様々な情報を容易に扱うことができます。

練習の目的は、子供が自分で勉強するようにすることですが、だからと言って保護者は何もしなくて良いというわけにはいきません。

子供たちが勉強を始めようとするときには、保護者は彼らのモチベーションを高めてあげなければなりません。また、学習を終えたときには、子供の気持ちを聞き、よくできたところは褒めてあげることも忘れてはいけません。

勉強に関しての質問にはできるだけ答えてあげましょう。子供が挑戦し、克服することを覚えるためにも、子供の質問には辛抱強く付き合うべきです。

子供が学習欲求を満たせなかったり、興味を失うことを防ぐために、問題の解決方法を見つける手伝いをしてあげてください。

暗記を必要とする場合には、保護者が質問してあげることで子供を手伝ってあげましょう。簡単な質問をしてしてあげましょう。そうすれば、子供は自信を持って答えることができます。

2.強制してはいけない

勉強のたびに保護者から圧力を受けてたり、保護者の言うことを聞いていないという理由で子供を罰してしまうと、疲れてしまうでしょう。

だからこそ、リラックス状態で安定的な方法で勉強させるべきです。子供たちは自身で、勉強の重要性を理解する必要があります。

3.休憩を取る

子供に自分自身で学習することを教えることは、同時に休憩を取ることが悪いことではなくむしろ学習において必要不可欠なものであることを教えることです。子供には定期的に休憩を取らせてください。

子供が集中力を持続できる時間を超えて勉強をすることは、逆に時間を十分に活用することが出来ないことに留意してください。過度な勉強は、学習することにをネガティヴなイメージを抱いてしまう事に繋がります。

4.細やかなご褒美与える

他のヒントとして、褒美を与えることも、子供自身での学習を子供に習慣づける上での良い方法になるかもしれません。

しかし、褒美の内容については、彼らのモチベーションを保つためにも、適切に選択されなければなりません。

5.子供に学びを教える

保護者は子供に勉強は学校の成績のためだけにするものではないことも教えましょう。

毎日何か新しいことを学ぶようにモチベーション与えましょう。子供たちには、日常生活においての知識の重要性を理解させる必要があります。

保護者は子供たちが自宅で学ぶことを補助するインタラクティブな方法を自分で探し出すことさえできます。例をあげれば、ドキュメンタリー作品や、教育ゲーム、書籍です。

質問をすることも有効です。子供に質問をし、周囲の世界について思考する機会を与えて下さい。

6.子供にあった方法を見つける

保護者は、子供にあった学習システムを見つけるまで、さまざまな方法を試みることができます。また、子供に合うように方法を修正することもできます。

たとえば、学習用カード、個人向けの学習ガイド、付箋などを利用してみても良きかもしれません。

また、保護者は子供が自身にあった勉強方法を見つけられるよう、励ましてあげなくてはなりません。

子供がユニークで、楽しいと感じる情報を見つけ提示し、学習意欲刺激してあげましょう。

自分で勉強3

7.注意散漫を最小限に抑える

子どもが自分で学習する上での重要な側面は、集中力が散漫となることを防ぐことにあります。

そのためにも、テレビや、ラジオ、その他の電子機器を勉強スペースではオフにする習慣をつけます。

必要な場合は、勉強時間には、保護者がインターネットアクセスを完全に制限することもできます。

8.書く:大切なツール

子供に自分で勉強する習慣を教えるには、鉛筆とノートを使いましょう。子供は物事を書き留める事で情報を効率的に保持することができます。

したがって、彼らが勉強しているトピックに関連するメモや質問を書き留めるように教えなければなりません。子供は学習ガイドを自身で作るべきです。

トピックに関する質問に答えることができるようになるとさらに良いです。

すべてを書き留めたら、時折、書いたものを復習して内容を完全に覚えることが重要です。

これらのヒントは、子供が抱える試験へのストレスを軽減するでしょう。