抱いて安心させることは甘やかすことではなく教育すること

2018年6月30日

甘やかすことは子どもを”抱いて安心させること”、子どもの要求に応えること、子どもの恐怖を和らげること、また子供をハグや愛撫で育てることとは無関係です。子どもたちを十分に育てられない親たちは、赤ちゃんの心が操作や脅迫を理解している大人のようなものと誤って考え、子どもたちを無視し、放棄している人たちです。

感情知性に関する興味深い研究では、1日を通して、ほとんどの赤ちゃんが物理的な痛みよりもはるかに多くの心理的な痛みを経験することが示されました。これは間違いなく考慮すべき価値があります:子どもたちの感情的な苦しみは飢え、恐れ、不安のような要因と関係しているからです。

これらは真の不快感を示す本能的な要因であり、それぞれの子どもが他の子どもとは異なる特有の方法で表現するものです。そのため、母親としてそれぞれの子ども特有の現実を理解しなければならず彼らの要求に応えることは甘やかすことではないと知る必要があります。

このトピックを掘り下げ、時には論争を呼び起こすことをお勧めします。

慰めること:要求を理解する技術

私たちの友人が泣いたら、涙が枯れるまで彼を泣かせたままにはしません。恋人、姉妹、または父親が泣いたら、彼らが泣き止むまで部屋を離れません。なぜ子供たちにもそうするべきなのでしょう?

慰めることとは誰かの要求を理解し、心理的または感情的な痛みを癒すための適切なケア戦略を展開するという卓越した技術です。そのため、「落ち着いて、あなたは大丈夫です」と言うだけでは不十分です。

小さな子どもにとって、慰めの最大の力を与えるものは、身体的な接触と穏やかかつ親密に話す声のトーンです。

赤ちゃんにキスするママ

これらは成熟した赤ちゃんの脳に本物の印を刻む小さな事柄です。どのような刺激も、刺激の不足も同様に、その後の赤ちゃんの成長を決定付けるでしょう。

もう少し興味深い側面を見てみましょう。

良い子育ての知恵

私たちの言語で言葉は大切ですが、最も一般的な表現は現実には自然の過程に過ぎない時でも、病理学的行動を定義しようとすることがあります。例えば、子どもを腕に抱いて、泣いたり怒ったりを和らげている時に、友人や家族のコメントに耐えなければならない状況に遭遇することは非常にあり得ます。

彼らは「甘やかしている」と私たちに言います。適切なタイミングの積極的な強化が、かんしゃくを抑え、ストレスを軽減し、子どもたちにより安全に、自分たちのペースで周囲を探索できると感じさせることを理解しているので、私たちはそうではないと知りながらも黙っています。

  • 良い子育ての知恵は、長時間の対処されない泣き声の結末を知ることです。神経学的な観点から、それはストレスの原因となります。高レベルのストレスホルモンであるコルチゾールは、神経伝達物質の化学作用を変え、恐怖を増大し、より大きな配慮を必要とさせます。
  • 優れた世話人は、慰め、抱きしめ、「そこにいること」が子どもたちとの絆を強化することも知っています。私たちの子供たちは最初の3年間を通してこの安全な愛情を必要としています。これは、彼らの必要不可欠な要求が、安全性、愛情、認識、そしてニューロン結合を高める刺激を豊かにすることを楽しむというシンプルかつ本質的なものになる傾向がある段階です。

エネルギーが枯渇するまで泣くことが許されている子どもや抱擁や愛撫を受けない子どもは世界に対してやや敵意のある考え方、「常に欲しがり」、自分を守る必要がある世界に住んでいて、時々怒りを覚えるというようなシナリオを作ってしまいます。

それは良くありません。

子どもたちを育てているママとパパ

子供の成長を助けるために感情的な発達を促進する

感情教育は子どもが既にコミュニケーション時の能力がある時、私たちが既に著しい制限や交渉されたルールを設定している場合は始まりません。怒った時に私たちの髪を引っ張る8ヶ月の赤ちゃんは、彼の怒りと欲求不満を導く方法を探しているのです。

  • 感情教育は出産後に病院から帰宅し、ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせた最初の日から始まります。最初の感情的な定着は、赤ちゃんと母親の最初の皮膚と皮膚との接触により、出生時に始まることを忘れてはなりません。
  • 授乳は、この絆を強化し続け、安心、平穏、幸福を伝える素晴らしい柱です。その後、丁重な慰めの技術は、あなたの子どもが安全な環境で成長し続けるのを助けることができます。
  • 否定的な反応を無視することも甘やかすことではありません。怒りでおもちゃを地面に投げつけたり、兄弟や母親を傷つけたりする2歳の男の子は彼が理解できない感情に対して行動しており、導き、理解し、管理することを学ばなければなりません。
赤ちゃんを抱くママ

感情を理解し、それに取り組むというタスクは科学と直感を必要とし、子どもたちが小さいからといって絶対に見過ごしてはいけないものです。今日の小さな事柄が明日の巨大な事柄に変化することがあります。したがって、私たちは注意を払い、彼らに肯定的な感情を与え、良い子育ての技術を実践する必要があります。

あなたへおすすめ