バイリンガルを育てるためのアドバイス

2018年8月4日
バイリンガルの子供を育てるのは、想像するほど複雑なものではありません。子供にとって2つの言語に生きることに慣れるのは難しいかもしれませんが、将来的に多くの利点を持つことができるでしょう。

バイリンガルを育てることは難しいことだと言えるでしょう。それは主に2つの言語に慣れるのに時間がかかることが原因で、場合によっては子供の発話プロセスに遅れが見られることもあるからです。しかし、これは唯一の小さな否定的側面であり、長期的に考えれば将来2つの言語で話す能力を持つことは、子供にとって社会的側面においても職業的側面においても大きなメリットとなります。今回ご紹介するアドバイスは、子供をバイリンガルに育てるためにお役に立つはずです。

バイリンガル児を育てるためのアドバイス

バイリンガル児を育てるプロセスは、多くの場合家で使う言語と学校で主に学習する言語が異なることから、多少複雑になるものです。

  • テクノロジーの使用… 現在ではテクノロジーがかなり役立つツールになっており、さまざまな言語を学ぶためのアプリなどが多数あります。いずれにしても親が子供のとなりに座っていっしょに使うのが望ましいでしょう。
  • 2か国語併記の本の利用… 読書はバイリンガルへのプロセスにおいても文法を学ぶための基本となります。また学習中の言語で読み聞かせをして言葉を説明するのも良いでしょう。
  • マルチメディアコンテンツ
    •  テレビ番組は言語をより早く学ぶ助けとなります。言葉や表現を教える教育番組が多数提供されており、学習を加速してくれるでしょう。
    • 映画を見せる時は、学習中の言語で見せるようにしましょう。耳が鍛えられ、映像と結びつけて覚えることができます。
    • アニメだけでなく子供向けの教育番組もおススメです。その言語が話されている国のドキュメンタリー番組を見せるのも、子供がその国をより良く知るための良いアイデアです。
  • 社会化… 子供をその言語を使う友達と遊ばせましょう。友達と学習中の言語で対話することが効果的な学習になります。
顔に国旗を描いた子供たち

 

バイリンガル児を育てるメリット

子供は一人ひとりが特別で、時間が経てば言葉も覚えますが、普通は2言語を学ぶことでそれぞれをきちんと使えるのが少し遅れるということを忘れてはいけません。うまく使い分けられず、一つの文章を組み立てるのに両方の言語の言葉を使ってしまう可能性が高いので、親は子供の言語が形成されてゆく間、我慢強く待たなければなりません。バイリンガル児を育てる多くのメリットの中には次のような点があります。

健康面でのメリット

複数の言語のスイッチを入れたり切ったりすることで脳が持つようになる能力は、モノリンガルの脳が行うのとは大きく異なる形で情報を蓄積し、変化や失敗に対応できるシステムを作ります。このことは、その子供がさらに別の言語をより楽に学習できることにもつながります。

経済面でのメリット

2か国語を勉強し使いこなす子供は、将来職を得る可能性がより大きくなり、さらには他国での就職など選択の範囲が広がるでしょう。英語は現在では必要不可欠な言語となっており、小さいうちから学べば、時と共により楽に上達させることができるでしょう。

教育面でのメリット

バイリンガル児は異なる言語をより楽に学ぶことができることが多いものです。つまり他の言語を始めようとした場合に有利になります。もう一つ重要な点は、子供がその言語で学ぶ学校や大学で勉強する可能性を持てるということです。

黒人と白人の友人

社会文化面でのメリット

現代においては主にテクノロジーの発達のおかげで、異なる国々の人々がこれまでとは比べ物にならないくらい簡単にコミュニケーションをとることができます。人との交流や文化交流において、複数の言語を扱うことが必要になってきています。バイリンガルであることで社会能力が高まり、外向的になれるでしょう。

2言語を学ぶことで子供の集中力が高まり、さらに短期的にも長期的にも記憶力が強化されます。

バイリンガルの子供を育てるメリットはその他にも多くあり、100%おすすめできることです。1言語の子供たちより話し始めるのが遅くなるでしょうから親としては少し心配を感じるかもしれませんが、将来を考えると本当に有意義なことです。時間が経つにつれてそのメリットが明らかになるはずですが、社会の一員としてよりよくやっていくためにとても重要なことだと言えます。

 

あなたへおすすめ