わが子への愛情表現の重要性

· 2018年7月28日

子どもへの愛情表現は、基本的なお世話や生活の必要性と同じくらい重要です。

子どもを愛することは、家族の和を保証し、安全な状態で成長するためにできることを全てしてあげる、そして子どもが最高な人生を送れるような環境を与えてあげるという意味です。

さらに子どもを愛することは、愛情表現をすることでもあります。なでる、優しい言葉をかける、キスする、誉めてあげるのです。

愛情表現は子どもの自信をつける

子どもはいつでも愛情表現が必要です。どれだけ甘やかしても、なだめても、抱きしめても、子どもはすぐまたママの暖かさを求めて近付いてきます。なんてかわいいのでしょう。

愛情表現のおかげで、この世に生まれたその時から、母と子の愛情ある繋がりが形成され、それが一生続くのです。それは間違いありません。

子どもが近くに寄って来て、キスしたり頭をなでたりして欲しい時は、単に愛され守られていると感じたい、または頭を触られてほっとしたり落ち着いたりしたいと思っているだけではないのです。

子どもは自信を付け、自己を尊重し、自尊心も持つための準備をしているのです。子どもが感情的に安定するために必要な性質を学び取っているのです。

家族で愛情表現

愛情表現は子どもの成長を促す

自分が子供の頃を思い出して、今の自分自身の価値、感情、色々な刺激や様々な状況に対する反応を比べてみると、幼少期の成長の発端がいかに影響しているか分かるでしょう。

これらの全ての要素が、今日の自分を形成付けているのです。

あなたの両親が良いしつけをしていたら、親の愛と助けによって、家族の和が感じられるような家庭で育ったということになるでしょう。

今では自尊心をしっかりと持った人になっていることでしょう。家族愛を持つことで、それが自己価値につながります。

抱きしめるなどの愛情表現で、子どもの頃に自分の性質を理解してもらえることによって、性格が形付けられ、感情面での成長を促します。

甘く優しい言葉や、何かやり遂げた時の誉め言葉、優しくなでたり親切にしてもらう事が、現在の人としての基盤となっているのです。

大人のあなたにとって価値あることだったとしたら、もちろん子どもにとっても十分価値あることに違いありません。

感情面で子どもを養育しましょう。たくさん愛を注いであげれば、将来子どもは成長して非常に幸せな人になるでしょう。

愛情表現で子どもは社会性を持つ

世の中には、他の人との人間関係をうまく持てない人がいるものです。

そういう場合、子ども時代に問題があり、両親や周りの人から充分な愛情や助けを受けなかったのが原因となっていることがあります。

愛情表現は、子どもが社会的にうまくやっていくことを保証する良い方法と言えます。

愛情療法により、子どもが受け取ったり与えたりすることの満足感を得て、それが物理的でも精神的なものでも満ちた気持ちになると体感するのです。

愛を受け取ることで、周りの人たちみんなに愛情を示すようになります。

愛情表現の重要性

愛情を表現するのは大事?

はい、それはとても大事で、予想以上に重要なことです。

子どもに愛情表現することを、心配しなくても大丈夫です。子どもをなでて、キスして、抱きしめることで、甘やかし過ぎたり、親に依存したりすることはありません。それとは逆に、愛情表現は子どもを養育し、自信をつけて自尊心を持つことを強化することになります。

子どもが大きくなるにつれて、愛情表現を減らしていく方が良いと考える人もいるようです。真実は全くの反対です、大きくなればなる程、愛を注いであげるべきです。

成長と共に、子どもは論理的に考え、自分自身の価値観を持ち、感情知性を育むようになります。

子どもに愛を与えて、自分の仲間たちを尊敬するように育てましょう。して良い事と悪い事を設定して、むちゃな行動をしている時は注意しましょう。

子どもに愛と理解を与えましょう。悩みを聞いてあげて、子どもの価値に相当するような愛情を与えるのが良いです。できる限り子どもと時間を過ごして、子どもの意見が大事だということを教えてあげましょう。