2歳頃から物事の限度を教わった子供は責任感のある大人になる

· 2018年6月8日
多くの両親は、2歳の子供がまだ幼いのでて甘やかしてしまう傾向にあります。しかし、小さいころから物事の限度を教えてあげることが重要なのです。もし教えないと、子ども達は欲しいものを手に入れるために駄々をこねる等の行動をとってしまいます。

2歳の子供に物事の限度教える事は容易ではありません。この年齢の子供たちは欲しいものは何としても手に入れたいものです。さらに、子供たちはその目的を達成するためにわがままを言ったり駄々をこねたりすればよいと自然に考えます。したがって、親は落ち着いて判断する必要があります。

両親が規則と限度を設けることは、子供たちをわがままなまま成長させないためのものです。

さらに、これも子供に自尊心をもつことを教える方法の一つです。

これを念頭に置いて、限度を設定するにはどうすればよいのか、それにどんなメリットがあるのかを説明します。

2歳の子供に限度を教えるのは誰?

父親にも母親にも子供に限度を教える責任があります。父と母は全てのルールについてコンセンサスをとり、それを遵守されるように家族全員に知らせなければなりません。

したがって、ルールを作る際に、子供それぞれの性格やニーズを配慮してください。

2歳子供に限度を教える7つのコツ

限度は、子供が親と家族メンバーとどう振舞うべきかを学ぶために必要です。

以下は、子供に限度を教える際に留意すべきいくつかの提案です。

1.親は具体的なルールを教えるべき

2歳の子供が曖昧なメッセージを理解することができないため、親は子供にとって欲しい振る舞いを明確に説明する必要があります。 「振舞いなさい」または「真っ直ぐ座りなさい」などと言うだけでは不十分です。

親は、何がよい振る舞いのか、正しく座る姿勢がなんのかを詳しく教えなければなりません。

2歳子供限度2

2.落ち着いてしっかりと子供と話す

子供が何かを誤った場合、どんなルールに違反したのかを教える必要があります。その際に、落ち着いて、深刻な口調で話してください。

役に立つ一つのコツは、ルールを紙などに書き、見えやすい場所に吊るすことです。もちろん2歳の子供も理解できるために、絵などでわかりやすい形にしてください。

子供がルールを破った場合、そのルールを繰り返して教えることはよいですが、その際叫ばないでください。これは悪い行動にしか導くことができないためです。

3.子供が怒ったり駄々をこねたりしても、屈してはいけません

答えがノーであり、親はしっかりとしていなければなりません。子どもたちは、自分の欲望が満たされない時よく嘆きや泣きなど、駄々をこれることが多いです。

もし子供がこれらの行動で親の答えを変えることに成功したら、その後も繰り返す可能性が高いです。

しかし、親が確立したルールに関して確固たるままであれば、子供もルールを厳守するようになるでしょう。

4.ルールや教えを肯定的に表現する

子供たちは、より積極的な方法で表現されたルールに従いやすいです。子供に「泣くな」を命令するのではなく、静かに話なさいと話したほうがよいでしょう。

例えば、子供が他の子を殴ってしまった場合、暴力がだめだと叱るのではなく、愛と敬意をもって他人と接触する必要があると教えてください。

この年齢の子供の言語能力はまだ発展途上なので、「いいえ」と「だめ」という言葉を完全に理解することはまだできません。

5.子供の性格を考慮する

子供はそれぞれに性格が違って、すべての子供が同じではないことを覚えておく必要があります。ある子は軽度の叱りだけで十分ですが、他の子供はより厳しくする必要があります。

子供が従わなかった場合、従うまでに教え続けてください。

6.両親はコンセンサスをとって連携しなければなりません

母親が何かを禁止している場合、父親はそれをサポートしなければならず、逆もまた同様です。もしそうでなければ、子供は従うではなく、より緩い親に頼ることに慣れてしまいます。

これは、子供に迷わしてしまい、多くの場合、両親の権威を無視することに繋ぎます。

7.ルーチンを作る

ルーチンは子供にとって非常に重要なので、作って厳守する必要があります。食事時間や寝る時間を設定したら、それを守らなければなりません。

これは、子供が毎日何がくるか、何が期待されているかを知るのに役立ちます。

子供が寝たくない時でも、親は寝させ、十分な睡眠を取らなければ明日疲れて眠くなると説明してください。

2歳子供限度3

2歳の子供に限度を教えるメリット

両親が子供に限度とルールを教えると、次の利点が得られます。

  • 子供が成長するにつれて、規則に従うことの重要性を学びます。これは、10代と成年に入るとさらに重要になります。
  • 子供に責任を教えます。
  • 子供はどんあ振る舞いや態度が期待されるかを知り、何が正しいことかを理解することができるようになります。
  • 規則に従うことを学ぶことも、子供が肯定的な自尊心を養うのに役立ちます。

結論として、服従と責任を教えるために、2歳の子供にルールと物事の限度を教えるする必要があります。複雑に見えますが、子供の発達にとって不可欠です。

これは実は思っていたよりもはるかに簡単であることを実感していただければ幸いです。愛と限界で子供を育ててください。そうすれば子供も大人になったらきっと感謝するでしょう。