突然芽生える子供の攻撃性

· 2018年5月22日

もしもあなたに子供がいるのであれば、子供の攻撃性の現れを目の当たりにするかもしれません。それがどういったことなのか、どのように扱うべきなのか明確な答えを得るのは難しいでしょう。ここではあなたにいくつかのヒントを紹介します。是非このを読んで参考にしてみてください。

攻撃性の現れ

確かに子供の攻撃的な態度は、不満の徴候、不満への反抗の一つの手段です。子供が特定の状況に不満を示す習慣的行動であるともいえます。これが攻撃性が突然現れる原因です。

子供の攻撃性が現れた時には、まず引き金が何であったのかを自分自身に尋ねなければなりません。原因はテレビを見る時間を制限したことかもしれないし、親からの愛情表現が足りなかったことかもしれません。

もう一つの攻撃性の原因は、恐怖の感情に関係します。言い換えれば、子供は何かに脅かされているように感じ、結果として攻撃性を示すのです。それは、嫌いなものや理解できない事への反応かもしれません。

子供攻撃性2

上記の状況は次のような反応を挑発する可能性があります

  •    侮辱や大人を真似た言葉での攻撃。
  •    罰を避けるために嘘をつく。
  •    叱られることから抜け出すために駄々をこねる

どのような時に攻撃性が現れるのか

子供の攻撃性がよく現れる一つのは、幼い兄弟がいるときです。自分の居場所が奪われ、いままでは自身が持っていた特権を奪われたと感じた時にこのように行動します。

つまり、自分の居場所と両親の愛を取り戻そうとする行動です。このタイプの行動は、いとこや友人が訪れたときにも見られ、大人の注意関心を引くためのものです。

対応方法

問題の原因を突き止めたら、どう対応すべきかも知るべきでしょう。その鍵は、厳しさと理解です。子供のマナーを向上することにもつながるでしょう。

  • まず、子供に何が起こっているのか理解しましょう。子供が自分の不満を主張した時、不満を満たすのか満たさないのかをまずは判断してください。子供の主張が道理に合わないと判断したならば、気まぐれと要求に付き合う必要はありません。
  • 次に、彼を落ち着かせましょう。子供が動揺し始めたら、落ち着かせてください。声を小さくするように頼み、そのままの振る舞いを続ければ叱らなければならない旨を伝えてください。
  • 地に足をつける。親の役割はしっかりと地に足をつけることであり、子供を気遣うあまりに言いなりになることではありません。攻撃的になれば望むものが手に入る、と子供に勘違いさせてはいけません。
  • 忍耐はもう一つの鍵です。親がムキになることは避けてください。怒鳴りつけても、何も解決されません。いつでも落ち着いていて、穏やかなやり方で子供を叱るようにしてください。

他の役立つ情報

子供たちは、いつでも両親を見ていることを忘れないでください。両親の他人との接し方が穏やかであれば、子供も同じように他の人に接するようになります。しかし、あなたの攻撃的であれば、子供も同じ態度を取るようになります。

子供攻撃性3

社会ではよく見られる現象ですが、絶対に攻撃的な態度にさらなる攻撃的な態度で対応してはいけません。

子供は真似ること、観察することから自身の振る舞いがどうあるべきかを学びます。だからこそ、親はいつでも子供の規範となる行動をとらなければなりません。

最後に、子供の教育は膨大な時間と献身的な姿勢を必要とする課題であることを忘れないでください。両親は、教育の方針についてコンセンサスをとる必要があります。

一方の親が子供を甘やかし、他方が厳しければ、子供は混乱して、おそらく厳しい者に対して反抗するようになるでしょう。