幸せな子どもは気ままで落ち着きがなく騒々しい

· 2018年5月31日

“幸せな子ども”は気ままで、落ち着きがなく、騒々しいものです。彼の手はあらゆるものに触れたくて、彼の目は世界のあらゆる不思議を発見したいと望んでいるのです。

最も美しく魔法のような幼少期を子どもたちが最大限に利用することを認めなければいけないのは私たちです。

驚くべきことに、最近、幼少期の本質とそれが社会に与える価値を理解しないような運動が起きているように思います。

近頃、「子連れお断り」と明示されている複数のレストランやバー、ホテルを見かけることがあります

サービスを提供する場合、特にその要望がある場合に、それぞれのビジネスは自由にやりたいことを提案できると私たちは知っています。

実際、アメリカやイギリスのような国々が最初にホテルやレストランの中で“子ども禁止”というスローガンを掲げ、顧客が子どもの泣き声や怒声、ゲームの音を我慢しなくても済むようにしました。

幸せな子ども

私たちはこのアイデアを多かれ、少なかれ理解できますが、社会が子どもの世界に共感することを止めてしまい、“成人主義”が突然現れるこのような状況を尊重することは私たちにとってはより難しいことです。

あなたにもこのことについて真剣に考えてほしいです。

気ままな子どもと「悪く」思われる母親

多くの母親が次のような状況を経験しているでしょう。公共の場にいる時、突然子どもが泣き出した。まもなく、まるで母親として間違ったことをしているように、全ての視線が、苛立った空気と一緒にあなたに集まった。

これは最近、ソーシャルメディアや他のサイトで糾弾されていることです。例えば、“子ども恐怖症”の状況を説明する二つの面白いストーリーが思い出されます。

危機的かつ不可解な状況

サラ・ブラックウッドは2年前に彼女の人生で最も不快な瞬間の1つに苦しんだカナダ人歌手です。彼女は23カ月の子どもとバンクーバーまで飛行しなければならず、妊娠7カ月でもありました。

  • 彼女の子どもが泣き出した時、飛行機はまだ離陸していませんでした。乗客たちは彼女の方を見て、騒ぎ始めました。この普通のコメントを耳にするまで時間はかかりませんでした:「最近の母親たちは自分の子どもの扱い方も知らないのね。」
  • すぐにスチュワーデスが現れ、息子を落ち着かせるべき、それができなければ、他の乗客の迷惑になるので飛行機から彼を追い出さなければならない、と言われました
  • サラ・ブラックウッドは、幼年期についての感受性と理解の欠如による、この共通の反応に恐怖しました。彼女の息子が落ち着くまで10分もかからず、離陸までリラックスしていました。ところが、この10分間は飛行機全体をイライラさせるには十分でした。
幸せな子ども

  • 同じことが別の若い女性にも起こり、彼女はそのストーリーを「ラブ ワット マターズ (Love What Matters)」というポータルサイトに発表しました。彼女もまた飛行機で旅をしなければならず、飛行中に赤ちゃんが泣き始めました。批判、非難、コメントは躊躇なく飛行機中に溢れました。
  • その若い女性は、突然「善人」が現れるまで、状況をさらに悪化させる不安状態に陥りました。高齢の男性が近づいて、静かな声で魔法の言葉を言いました:「心配しないで、あなたは良いお母さんだよ。」

それから、彼は赤ちゃんの気を紛らし、彼女に話かけ、タブレットで彼女の写真を見せ始めました。それはすばらしかったです。少なくとも、その人は幼少期とは何か、子どもの必要性、そして愛情、忍耐と親近感の重要性を理解していました。

子ども恐怖症対「ファミリーフレンドリー」

探検したり、傍観したり、興奮したり、時々笑ったり、時々泣いたりする反抗的な子どもはとりわけ世界を発見している幸せな子どもです。

上で引用した不快な状況は全て、私たちに、育児が何であるかについての間違った考えを持っている人がいると結論付けています。

幸せな子ども

子どもたちは私たちと交流する必要がある

  • 子どもが泣くのは、母親の何かが必要だからです。例えば、孤児院で育った子供たちは、いつも自分たちを気遣ってくれるわけではないことを理解しているので、よく泣き止みます。
  • 気ままで落ち着きがない子どもは寛容で気楽な親の結果ではありません。各個人が独自の個性を持っています。

男の子や女の子は大人のミニチュアではありません。彼らは私たちや周囲の環境と交流する必要があります。

その後、彼らは大人になるために、静かにしている時間を持つでしょう。しかし、このすばらしいステージを尊重する必要があります:幼年期。

「ファミリーフレンドリー」施設

「子連れお断り」という傾向の高まりに直面して、良く分からないまま特定の施設への入場を拒否された家族を対象にした対応が行われています。

  • 今では、ランチに出かけたり、ホテルや他の施設で子どもと休暇を過ごしたり、「家族に優しい」というモットーの下で、楽しいオファーを見つけることができます
  • 実際の顧客は子どもたちであり、あらゆるコーナーで幼年期を理解している真の専門家の感受性を引き出します。
  • 全てのスペースが子どもたちに適応されています:子ども椅子、色付きカップ、おむつ交換台、刺激的なゲームなど・・・沈黙は禁止され、子供たちが常に自分らしくあることを意図しています。

なぜなら、喜び、幸福、尊敬の中で成長することは、私たち、みんなが勧めるべきすばらしいことだからです