寝る前に子どもに本を読んであげましょう

· 2019年1月10日
毎晩寝る前に子どもに本を読んであげていますか? この記事では、本を読む習慣によってどんな利点があるのかを見ていきます。

子どもを寝かし付けるときに本を読んであげるのは、良い習慣となるばかりでなく、子どもが安心するような日課を習慣付けることになります。 を読むのはすばらしい夜の日課となり、子どもに良い影響を与えるでしょう。

寝る前に子どもに本を読むことは、多くの両親が自然と毎日の生活に取り入れている日課の一つだと思います。子ども達は、親との距離が近くなるので本を読んでもらう時間が大好きです。忙しい毎日の終りに、親子の親密な空間が持てるのです。

特に2~4歳の子どもにとって、本を読むという行為がとても重要な日課だということに驚かれる人も多いかもしれません。

この時期、子どもは色々な恐怖を味わっており、安心と感じることが不可欠なので、読み聞かせる日課は、子どもの安心感に最適です。

寝る前に子どもに本を読むのが健全な理由

本を読む日課

子どもの生活が日課に基づいていると精神的に安定します。この世に生まれてきてから、全てが変化の毎日で、子どもは常に学んでいるのです。そこで次は何をするのか、がわかってくると落ち着くのです。

遊び終わったら、お風呂の時間で、それから夕食、手を洗い歯みがきが済んだら、絵本を読み、その後に寝る時間となります。このような同じ日課を繰りかえすことで、子どもは安心して、よく眠れるようになるでしょう。

寝る前に子どもに 本 を読む

子どもは愛されていると感じる

寝る前の時間帯を、子どもと本を読むためだけに空けておく、ということが親子双方にとって大変充実した時間となるでしょう。そのためにはスマホを手放し、家事などのやるべき事をすべて中断し、子どもとの時間を優先させなければいけません。

声を聞きながら、すぐそばにいてくれるうれしさと共に、朗読の抑揚を観察しながらお話を聞くだけで、子どもは愛され、抱きしめられ、大事にしてもらっていると感じます。

夜に本を読んであげるのは、冒険が詰まった長い一日の終わりに、最適な最終日課と言えるでしょう。

こちらの記事もお勧めです:6歳以下の子どもと読書するのに最適な5つの本

体験したことを吸収するのに役立つ

一日を通して、子どもは様々な状況で新しいことを体験しています。学校で友達とけんかをしたかもしれないし、先生が言ったことをしっかりと理解できず不快な思いをしたり、他にも色々な状況があるでしょう。

子どもの小さな世界は、毎秒のように新たに広がっていって、それを全て理解して自分の中で吸収していくのは、けして簡単ではありません。子どもが物語を聞くことで、自分自身を振り返って恐怖や不安を認識すると、本の中の主人公のようにそれに立ち向かっていくことを覚えるのです。

そういう意味では、子どもの成長に合わせて、適切な内容の本を選ぶことが重要になってきます。

年齢以外にも、子どもはそれぞれのペースで発達していくので子どもの成長具合を尊重してあげましょう。明確にポジティブなメッセージが伝わるような本を選んでください。

物語の内容をいちいち説明する必要はありません。お話の中から、その時に必要な内容を理解しているはずなので、子どもを信じてあげましょう。ある意味、読書はセラピーのようなものなので、子どもの環境から何を吸収しているかなど、決して強制してはいけないのです。

認識力を強化する

本を読むことは感情的にも落ち着く時間ではあるけれど、子どもにとっては新しい言葉や言い回しを習得する機会でもあります。子どもが読解力を磨くのに役立ちます。

さらに物語の流れについていくことで、最初から最後まで話を聞く集中力が向上し、想像力も豊かになるでしょう。

寝る前に子どもに本を読むことは、両親が自然と毎日の生活に取り入れている日課でしょう。子ども達は、親との近い関係を持てるので、本を読んでもらう時間が大好きです。

本を読むと子どもが落ち着く

一日を終えるのに、良いお話を読むのは理想的です。本を読む時間と寝る時間とを関連付けると、自然と気持ちが落ち着いてきます。

できればハッピーエンドで終わる物語を、寝る前に読むようにしましょう。子どもをベッドに寝かせて、照明を少し暗めにして、静かな声で本を読んで上げてください。これで健全な睡眠習慣を、簡単に子どもの日課の一部にすることができます。

いつも同じ本、同じ物語

子どもが毎晩同じ本を読んでほしいということがよくありますが、驚かないでください。前述のように、子どもは安心して平和な気持ちになりたいので、次のことを予測して何が起こるか分かっていたいのです。

お話の一言一言を覚えて、次に何を言うのか予想できると、その日一日に起こった出来事を子どもなりに納得できるようになるのです。

しかも繰り返すことで誰もが学習するものです。子どもにお話を読んであげる度に、何か新しいことを発見しているかもしれません。

こちらも参考にして下さい:子どもに絵本を読んであげよう:「おやすみ、ロジャー」について

読書を通して、子どもは新しい言葉と自分の経験を統合して、それを初めて聞いた時の感情を思い出し、聞いたことがある言葉をまた聞いたと確認できるのです。

子どもに 本 を読むこと

制限についても教える

子どもが安心して守られていると感じることは重要です。子どもは一瞬ごとに何が必要なのかまだわかっていないので、制限について教えることも子どもを愛し養育することなのです。

もし一つだけお話を読むと言ったら、その同意を尊重しなければいけません。そうすれば、約束したら守らなければならないということを覚え、親が言ったことは信じても良いという信頼感を持つようになるでしょう。

https://youaremom.com/bedtime-stories/