娘との生活で得られる5つの幸せ

2018年5月19日

女の子が生まれることは、男の子が生まれた時と同じく、大きな喜びです。また、男の子と女の子にはそれぞれ異なる独自の特徴があります。

しかし、娘を持つことは、母親に素晴らしい経験を与えてくれるのです。

娘を授かる:素敵で一般的な5つの状況

間違いなく、息子と娘の間には一定の違いがあります。女の子がいる家庭では、おそらく以下の状況に出くわすことになります。毎日、その日に起こった娘との出来事を振り返ればきっと幸せを感じることでしょう。

おしゃべり

朝も昼も夜も、愛らしい声が聞こえてきませんか?娘のおしゃべりは止まることを知らず、常に新しい話題見つけ、あなたに提供してくれることでしょう。

きっと母親も娘の様々な話しを聞き、娘の表情を見ることが大好きです。あなたが知らないかもしれませんが、ただ聞いてあげるだけで、娘の感情やコミュニケーション能力の向上につながります。

母と娘

専属スタイリストになるチャンス

女の子を持つ親にとって、髪の毛との戦いは終わりが見えないものです。せっかくお母さんがセットしてもポニーテールを崩してしまったり、家に帰るまでヘッドバンドのままであったり。

時が経つにつれて、髪が絡んで分け目が現れ、綺麗なセットは見る影もなくなります。長い髪にガムがついたら?考えただけで厄介です。

娘の髪をポニーテールすべきか、そのままにすべきか?長さは?髪の毛は母と娘の間の永遠の戦いです。

洋服選びの苦労

母親として、かわいい洋服は買わずに入られません。沢山洋服を衝動買いしても、一度も使わないものもあるでしょう。

可愛いミニベストや、花柄のドレスを前にして、ノーと言いえますか?しかし、娘はすぐに自分のお眼鏡に叶うものしか着なくなります。洋服と化粧は娘独自のスタイルに変わっていきます。

ステレオタイプの崩壊

女の子を持つと、女の子が静かで穏やかだという一般のステレオタイプが間違いであることに気付かされます。女の子は大雑把で、俊敏で、強く、勇敢でアクティブです。それは違う!と思う方は是非、娘を持つ家庭を訪問してみることをお勧めします。

愛憎関係

あなたと娘との関係はおそらく振り子のようです。親子を繋ぐ魔法の絆は、思い通りには動きません。時には娘から「嫌い​​」と言われてしまうかもしれません。

心配しないでください。幸いにも、それはただ一時的なもので、永遠に続くことはありません。女の子は機嫌が悪いと周囲に気付かせることに長けています。最終的に、愛と愛情を取り戻すことはきっとできます。

母と娘2

娘を持つこと:奇跡と喜び

娘を持つことは、奇跡であり、大きな喜びです。貴重な経験をあなたにもたらすことでしょう。

自身の幼少期を振り返り、ゲームをしたり、歌を歌ったり、子供の頃の洋服をもう一度手に入れる絶好の機会です。娘を持つことはあなたをもう一度過去にタイムスリップさせてくれるでしょう。

母性は甘さと優しさを帯びています。母親である事とは何でしょうか?それは、愛と愛情をもって接し、あなたの背中を見て育つ子供の良き手本となることです。

信頼や友情、分かち合い、秘密を共有することや秘密を守ることを教え、また、自身も学ぶことです。良い時も悪い時もいつも誰かがそばにいる事です。必要な時にに手をにぎり、時には突き放すことです。

あなたは娘の涙や失望を他の誰よりも理解し、その傷を癒すために何をアドバイスできるか、何をすべきかをきっと知っています。

娘を持つということは、大笑いしたり、一歩一歩を歩進めながら幸せを感じることです。娘を持つ事とは最愛のパートナーを見つけ、永遠の絆を育むことです。

子供が幸せでいることが、母親にとっても一番の幸せではないでしょうか

あなたへおすすめ