モンテソーリ法で飾る:子ども部屋インテリア

· 2018年12月28日
子どもには、それぞれ違った能力があるというのがモンテソーリ法の基本であり、子どもがその能力を利用し、試して探索できることを促します。

モンテソーリ教育法を利用した、 子ども部屋 インテリアの飾り付けをすると、安全な環境で子どもの想像力を発達させることができます。 子ども部屋 のインテリアにはそのような効果があるのです。

子ども部屋のインテリアと言うと、すぐに色々な家具などをたくさん買って、子どもが新しい環境に慣れて心地良く過ごせると思いがちです。

しかし、親にとって心地が良いことが子どもにとっては同じではないこともあります。

モンテソーリ法で飾る子ども部屋インテリアとは?

モンテソーリ法というのは、子ども中心に考えられた教育方法です。

子どもには、それぞれ違った能力があるというのがモンテソーリ法の基本であり、子どもがその能力を利用し、試して探索できることを促します。

この方法の主な特徴は、小さい子どもであっても天性的に持つ学びたいという情熱があり、その環境と関わり合うことができるという点です。

こちらも参考にして下さい:家庭で実践できるモンテッソーリ教育

そこで、大人が求めるような心地よさではなく、子どもに合った環境を与えるようなインテリアが必要となってくるのです。

モンテソーリ法の教育で重要な目的に挙げられるのは「発見」であり、自分の子ども部屋ほど発見に最適な場所はありません。

子ども部屋で子どもは新しいことを発見して学ぶのです。モンテソーリ法に沿って飾られたインテリアによって、その目的が果たせます。

子ども部屋 インテリア

モンテソーリ法、子ども部屋インテリアの飾り付け方法

両親が良かれと思って、子ども部屋のインテリアを親の思い通りに飾るのは、よく見られることです。

こちらの記事もお勧めです:素晴らしい5つの子育て方法

しかしモンテソーリ法で飾る子ども部屋インテリアには、次のような特徴があります。

  • 空間。この概念は広く、清潔で、照明は明るく、換気の良い部屋を目指しています。
  • ベッド。赤ちゃんが18か月を過ぎたら、全方向フェンスで囲われたベビーベッドの使用を避けるよう勧められています。モンテソーリ法の子ども部屋では、低い位置で寝るようなベッドを選び、ベッドに挟まるようなことが無いように子どもの安全を確保して、子どもが探索できるようにしています。
  • 。暖かい色調の落ち着いた色を選びましょう。この部屋は子ども個人の空間ということを忘れないでください。暖かい色合いの壁はリラックスでき、ゆったりと休むことができるでしょう。
  • 家具。引き出し、いす、絵などの飾り、棚などは、すべて子どもの背丈に合わせて、大人の背に合わせないようにしましょう。そうすれば全てのものに届くので、子どもが心地良い環境と感じられます。
  • 。子どもが自由に動き回れるように、邪魔になるようなものは何も置かないようにします。できれば子どもが様々な感触を感じられるようなカーペットを置くと良いでしょう。
  • おもちゃプラスチック製ではなく、布や木製の自然素材でできたおもちゃを選びましょう。光り輝いたり、音がやかましい、複雑なおもちゃは、子どもも想像力を制限してしまいます。
  • その他の飾り。鏡は子どもが自分の身体を観察したり発見できるのでお勧めです。自然や動物、風景のポスターを壁に飾ると良いでしょう。洋服掛けなどがあると、子どもが自分で洋服をかけることができます。
  • 整理整頓。常に整理整頓を心がけて、物や空間もいつでも準備ができている状態にします。部屋にものが多すぎると、片付けるのが無理になるでしょう。
モンテソーリ法の 子ども部屋

モンテソーリ法で飾る子ども部屋の7つの利点

また、モンテソーリ法で飾る子ども部屋には次のような利点があります。

それでは、さっそくモンテソーリ法で子ども部屋を飾りましょう。

上記のような利点以外にも、モンテソーリ法のインテリアは、従来の部屋より経済的で機能的と言えるでしょう。

その他にもネット情報で、色々な子ども部屋インテリアのアイデアが紹介されているので参考にしてください。

https://youaremom.com/montessori-method-a-childs-room/