子供の暴力とどう向き合うか

· 2018年5月18日

なぜ子供たちは他人を攻撃する事があるのでしょうか??叩いたり、噛んだりする子供をどう扱うべなのでしょうか?

この疑問は、子供の攻撃性を心配する多くの親が抱いているものです。

幼い頃の攻撃性

まず第一に、この攻撃性は幼少期に起こる自然で正常な現象だということです。それは、道具としての攻撃であり、子供が目的を達成するために行われるものです。

たとえば、他人が持っているおもちゃが欲しければ、叩いたり、噛んだり、他の子供たちを押し付けたりするかもしれません。他人に害を与えることが目的ではなく、目的はあくまでもおもちゃを手に入れることです。

幼い子供たちは、言語を上手く扱う能力を持っていません。加えて、幼児期の子供は自分中心の考え方しかできません。この段階は自我段階と呼ばれ、子供は他人のニーズを考慮できないものなのです。

子供は、自身の望むものや、感じるものを伝えるために、様々な手段を試みます。中には、他人と幸せに共存できない手段も含まれています。暴力以外の手段を知らない子供は、必然的に暴力に訴えるようになります。

子供の健康的な感情の発達を促すためには、暴力に訴える子供をどのように扱うかを明確にすることが重要です。このアプローチでは大人は子供に社会性と、自身の欲望との上手な付き合い方を教える立場をとります。

子供暴力2

暴力を振るう子供に取るべき行動

子供の暴力を目撃したらすぐに行動しましょう。大人(教師、母親、父親、乳母など)は子供を落ち着かせ、子供と話をしましょう。何が起こったのかを理解し、暴力が正しい手段でないことを教えましょう。

子供が自分の感情を言葉で伝えることができない場合、代わりに大人が伝える必要があります。“怒っているのよね?”と聞いてあげましょう。すると子供は理解を得られた事を感じます。次に、核心に迫りましょう。「相手を傷つけてしまうのだから、叩いたり、噛みついてはいけない」と、はっきり言わなければなりません。

子供が落ち着いたら、行った行動に対しての償いや関係の修復が必要であることを理解させましょう。 「友達が欲しいものをくれなくて、怒ったと分かっている。しかし、一番の問題は暴力を振るったこと。友達に謝りましょう。と優しく諭しましょう。

時と場合に合わせた教え

  •  絶対に省いてはいけない重要なステップは、あなたの子供に、欲望を表現するために別の方法があることを教えることです。「何かをしたいときは、言葉で親切にお願いしなさい」。こう伝えることで子供は怒りや欲望を伝達する方法を新たに学ぶことができます。
  • それはまた、忍耐と待つ能力を教える良い機会でもあります。 「別の子があなたの使いたいおもちゃで遊んでいるなら、終わるのを待ってから遊びなさい」と伝えましょう。

子供暴力3
考慮すべきいくつかの”してはいけない”事

  • 子供の暴力を仲裁する際には、大人は感情を制御しなければなりません。決して怒鳴ってはいけません。暴力で解決しようとすれば、子供は暴力に暴力で応じることを学びます。
  • 素早くことを済ませようと、多くの親は子供の暴力を見逃す傾向があります。子供の怒りを素早く和らげるために、父または母親が子供に合わせてしまう。これは深刻な間違いです。こんなことを続けては、子供が自分が望むものを得るために暴力を振るうことに慣れてしまうからです。時間かける、献身的な指導は、暴力を振るう子供への教育に不可欠なものです。

感情教育を忘れずに

適切な感情の発達には、大人が模範的な行動をとることが重要です。大人の行動から、子供は適切な感情表現方法を学びます。しっかり感情のバランスを意識し、穏やかな家庭環境下で子供を育てましょう。子供は大人から学び、両親は子供にとって最も身近な大人です。同様に、子供は学校でも多くの時間を過ごします。したがって学校も非暴力的な環境である事が望ましいです。

子供に感情の教育することで、子供の暴力や攻撃性は克服することができます。彼らは適切な感情を学び、理解し、同時に他人の感情を推察するようになります。最終的には自分感情をコントロールする、十分なスキルを身につけることができます。このことは、子供が社会の一員となる事に大きく貢献するでしょう。