子供にはキスしない権利ある

· 2018年5月25日

子供は成長するにつれて、他人との境界を自覚し、尊重することを覚えます。感情にも限度があります。子供には好まなければ他人にキスしなくてよいという権利があることを自身で理解する必要があります。

多くの文化において、頬にキスすることは挨拶を意味します。そういった文化圏では親はこのルールに則り、子供にキスを強制してしまうことがあります。

幼い子供にとってキスは愛情表現の一つです。彼らは自発的に愛情表現として両親にキスすることを学びます。しかし、相手が両親でなければ?それは自発的な愛と呼べるでしょうか?

子供に見知らぬ人や親戚にキスさせる前に、それが嫌ではないか尋ねる方が賢明です。

大人は、挨拶の際、必ずキスするのでしょうか?握手を選択する場合もあります。子供の場合も同様です。

親は子供がキスを拒否するのは失礼だと間違った考え方をすることがあります。しかし、子供がマナーを示すためには別の方法もあります。

手を振ること、ハグすることも挨拶の形です。

キスしない選択は、失礼ではない。

キスしない

親は子どもと、愛とマナーについて話す機会を設けましょう。

愛情表現は愛を示すためのものであって敬意を示すものではありません。

もちろん子供は大人を尊敬すべきですが、必ずしも愛情を表さなければならないわけではありません。

マナーと愛情を必ずしも同時に表さなければならないわけではないのです。子供の意見を問わないままに、キスしたりハグさせるべきではありません。子供が見知らぬ人に限界を設定ることができるのです。

ある専門家は、キスする義務を子供に課すと子供が傷つく場面に出くわすことが多くなると言います。

多くの人は、愛情とマナーは他人を喜ばせるものという認識がありますが、同時に虐待や、ハラスメントに繋がる恐れを含んでいます。

児童虐待は、一般的に、子供の身近な人によって引き起こされるものです。虐待の一つの原因は、子供が疑うことを知らず、反抗する力を持たないからです。つまり、仮に、命令されれば身体的な接触を否定することは難しいのです。

キスと服従

キスしない3

義務とは、服従という言葉に関連づけられます。服従を親子関係に当てはめれば、服従の概念は、子供が(そのことが正しいかどうかにかかわらず)、両親が命令したことをしなければならないということになります。

服従関係が築かれてしまえば子供は抵抗できない状態になってしまいます。子供と服従関係を結ぶのでなく、子供は独自の基準を持ち、物事を自身で選択することを学ぶ必要があります。

子供にキスをする決定権を委ねることの利点

まず、子供に自分の体が自分のものだと教えることができます。愛情と尊敬を区別することに加えて、身体的な接触をいつ、誰とするかどうかを自分で決めることを学ぶことができるでしょう。

子供が自分の身体について自分で決めることができると、ハラスメントを受ける可能性も減るでしょう。

これは、いじめにも当てはまります。いいなりでいることに慣れてしまえば、子供が周囲と合わせるために嘲笑を受け入れてしまうのです。

子どもが自身で意思決定することで、自尊心が培われます。

自らの基準をもつ子供たちは、自信を持って大人になるでしょう。両親の役割は、この過程を見届けることです。

キスしない4

同様に、子供はパーソナル空間を尊重することを学びます。すべての大人が同じように子供の存在に反応するわけではありません。必ずしも子供を肯定的に捉えているとは限らないのです。

見知らぬ人にはキスをさせないほうがいいでしょう。それだけで好ましくない状況、または拒否される恐れはなくなります。

子供のために配慮すべきもう一つの理由は混乱させてしまうかもしれないからです。幼い子供たちは衝動的に誰かにキスしてしまうことがあります。相手が好意的に受け取らなければ、拒否されたり、虐待に発展する可能性もあります。

最後に、健康上の問題もあります。子供にキスさせると、ウイルス感染や接触疾患にかかる可能性を高めることになります。