子供は親の背中を見て育つ

· 2018年6月23日

子供は親の毎日の自然で率直な行動を見逃しません。どんな小さな行動でも、子供は親の立派で純粋な心意気を感じることができるのです。親は子供が自分の姿を見ているなんて知らないかもしれません。けれども、子供は親の背中を見て育つと言われるには理由があるのです。

子供は気づかないうちに、親の行動をじっと見つめているはずです。親の行動にプライドを感じ、誇りに思っていることでしょう。親は子供の存在を意識をして、行動をしているわけではないかもしれません。けれども子供は敏感に親の心意気からたくさんのことを学ぶのです。

子供はどんな小さな行動でも、親の立派さに尊敬を抱くことができるでしょう。このように行動を観察するだけでも、子供にとって正しい行動とはどういうものなのかというのを実践から学ぶことができます。だからこそ、子供にとって親はロールモデルになっているということを忘れてはいけません。それでは、どのような場面から子供は学ぶのか例を見ていきましょう。

子供は親の背中を見て育つ:例1

小さい頃に親子は病院に行きました。病気のお友達を心配して、お母さんがお見舞いに行ったようです。その時子供は、他人を気にかけるということだったり、世話をするということを学びます。見返りを求めず、友情や愛情で絆を深めということです。

赤ちゃん-見つめる-観察

違う日では、母親が貧しい家族に寄付をしている姿がありました。他にも地域活動に協力したりと、サポートを必要としている人に手助けをしている姿を見ました。

子供は親の行動から、時間やお金に余裕があれば、他の人がより幸せになれるように手助けをできるということを学びます。連帯感や寛容な気持ちというのは人間として価値があるものということを知ります。

親が他人の気持ちを汲み取ること、道義心や優しさを見せることで、子供の心は成長します。他人の幸せや公平性に対して行動するということが、自分の幸せにも繋がるということを感じれるようになることでしょう。これらは、子供は親の背中を見て育つということを示していると言えることでしょう。

子供が学ぶのは親の幸せな気持ちだけではありません。親の苦労している姿を見て、悲しみや辛さも人生の一部なんだということを学びます。ネガティブな感情だったとしても、幸せな感情があるということは、辛い感情が裏表であるということです。辛い時には涙を流し、嬉しい時には笑うというのが自然なことだと考えることができるようになります。

子供は親の背中を見て育つ:例2

子供-赤ちゃん-笑顔

子供は親が気づかないうちに、親の行動をいつも興味深く観察しています。親の行動や感情を感じることで、子供は安心をすることがあるでしょう。言葉で伝えられないことでも、行動により、愛されているという風に感じることも多くあります。

子供が描いた絵をいつまでも大切に持っていたり、冷蔵庫にはっていたりをする親の行動を見て、子供はとても嬉しく思うことでしょう。

ランチやディナーなどで子供の好きな料理を作ってあげる親の子供を見て、子供は自分が大切にされていると感じることでしょう。いつも健康的な食事を準備してくれていて、甘やかされて、愛されていると感じることもあるかもしれません。親の小さな行動でも、子供はとてもうれしく感じます。

子供は親がいつも子供のために時間を割いたりしてくれることを大変感謝することでしょう。親の忍耐のある行動により、子供はすくすくと育つということを心の奥底で子供は感じ取っています。親が家の周りのことを気遣い、家族の世話をしていくれていることを学び子供は自分が親になった時に、自分の子供の世話の仕方を学ぶことでしょう。

子供も毎日大変なことがありますが、親がいつもついてくれているという意識を持って行動ができるようになります。親としての義務、責任というのを小さいながら学んでいくのです。

子供はたくさんのことを考えています。親の知らないこともたくさん見て、感じていることでしょう。子供は親の背中を見て育つ、そのことを忘れないでください。子供は親から生きるすべということを学びます。親は子供のロールモデルです。親は愛情を持って毎日接しるという努力を惜しまないようにすべきなのでしょう。