活発な子どもは幸せな子ども

· 2018年5月8日

多くの母親のように、あなたにも理想の母性があるかもしれません。子どもを持つことを夢見ていても、まだ彼らの行動を想像したことがなかったので、落胆したように感じるでしょう。しかし、心配することや後悔することはありません。活発な子どもは、みんな幸せな子どもなのです

あなたの考えとは対照的に、気ままで、騒がしく、落ち着きのない、活発な子どもは実際には幸福と同じ意味を持ちます。子どもの活力はとても健康な子どもだということを暗示しているので、幸せを感じるべきだと言われたことはありませんか?

「赤ちゃんはじっとしていない」と人々が何度も繰り返しているのを耳にするでしょう。幸い、これが100%正常なのです。この間違いは、子どもは大人と同じように振る舞うという馬鹿馬鹿しい主張にあります。

大人をとても悩ませる、この気ままな振る舞いや活動を通して、子どもたちは周りの世界を知るのです

活発な子どもは探求によって学ぶ子ども

自由で幸せであることに加えて、活発で気ままな子どもは学習の過程にいるのです。このような探求と幼年期の冒険を通して、子どもは物や質感、反応を発見します。したがって、人生そのものが与えるこれらの教訓を制限することは都合が悪いのです。

幼年期の構成とその段階の重要性を忘れることは誤りであり、間違いなく、各個人にとって最も創造性に富んだ段階の1つです。この犠牲的ではあるが、美しい親の使命を引き受ける人々は自己移入を選択しなければなりません

最高の思い出や笑顔で思い出せる逸話になるようないたずらの冒険によって署名された新しい遺産を残したまま、私たちの人生を特徴付けるすばらしい年を重ねることよりも良いことは何ですか?

あなたの赤ちゃんは泣き、笑い、叫ぶでしょう。これはあなたとコミュニケーションをとり、気持ちを表現し、必要性や不快感を表現する彼なりの方法です。心配無用。あなたは母性のマニュアルを持っていないのに上手くやっています。

同様に、あなたの小さな子どもはジャンプし、走り、歌い、執拗な質問をします。これは彼のゲームの一部です。幼年期の遊び心は単なる楽しみや娯楽以上のものです;また教育的でもあります。

活発な子どもは満たされた子ども

活発な子どもは幸せで、満たされた子どもです。よくご存じのように、小さな子どもはあらゆるものを触り、それを感じ、時にはそれを味わいたいとさえ思っています。それが彼らが周りの世界について学び、経験する最善の方法なのです。

もし、彼に沈黙を続けさせたり、じっとして動かないことを強要してしまうと、世間と交わらず、内向的で、怯えた、疑いやすい性格を形成していまいます。このような小さな子どもたちは恐怖や罪悪感のために思い切って探求することができません。したがって、親に対して一定の依存状態を生じ、自主性を傷つけます。

この全てが、低い自尊心と子どもが耐えるには重過ぎる負担を作り出してしまいます。それは大人になるまで肌に残る傷跡となり、将来的にも、人生のあらゆる面で影響を及ぼすでしょう。

通常言われることとは対照的に、泣くことに関心を向けなければなりません。子どもの遊びたいという欲求は満たされなければなりません。もちろん、あらゆる損傷や危険を避けるために大人による注意、保護、監督の下で。しかし、それがそうだとしても、親として探求心と好奇心を促さなければなりません。

それはまさしく、自分の中の全てを使いこなす力を目覚めさせる自由と喜びです。周りの環境と触れ合うことで、子どもたちはとても幸せになれます。はい。幼年期とは本質的にも定義的にも、騒がしく、乱雑なものです。

この理由から、これらの年齢層は必然的にトラブルメーカーで、落ち着きがなく、好奇心が強いのです。彼らが成長する時、沈黙を続けたり、誰にも迷惑をかけずにじっとしている時間はたくさんあります。しかし、今日、あなたの子どもは行動が全てであり、あなたはそれを受け入れ、尊重し、促さなければなりません