子供にとって”一人になる”ことが恐怖の対象であると理解する

· 2018年6月20日
多くの子供たちは特定の年齢に達すると一人でいることを怖がります。この記事では、親子でこの恐怖を乗り越えるためのヒントを紹介します。

数え切れない程の親が、この問題に直面するでしょう。この恐怖は子供、特に幼い子どもは広く見られる現象です。

一般に、2歳から5歳の子供にみられます。家族が適切に対処しなければ、子供のメンタルヘルスに悪影響を与える可能性があります。

場合によっては恐怖は、暗闇への恐怖、ライトをつけたままでないと眠れない癖に繋がります。また、お化けの仮装や、クラウンを対象とした、一般的な恐怖と並行して現れることもあります。

親は、子供たちが恐れている事に関わらず、適切な手助けをしてあげましょう。

子供がどのように時間を知覚するか

子供が放置されるのを恐れる理由の1つは、大人と違った時間感覚を持っているからです。。

例えば、近いうちに子供にとって楽しい出来事があると伝えた時には、彼らはいつ?いつ?と何度も繰り返し聞き、「後で」という答えには納得しないでしょう。

これは、子供たちの時間の知覚が大人と違うからです。幼い子供にとって、ほんの数分でも数年間のように感じられるのです。

だから親が学校へ迎えに行く際に、数分間遅れただけでも子どもは何時間も待ったと感じるのです。

これは、大事に発展する可能性さえあります。そういった状況から受けたダメージを回復できずに、登校を恐れるようになる子どももいるそうです。

一人での子供2

一人でいるという恐怖は正常

地球上のすべての子供は、幼児期に一人でいる恐怖を経験したことがあります。これは正常なことであり、心配する必要はありません。

周囲に誰かがいてもなお、一人で放置されるのを恐れることもあります。

例えば、友人がいるのにも関わらず学校の前で親と離れるのを嫌がる子供がいます。この場合の原因は不安です。

子どもは近くに親がいると分かっても、部屋で一人で遊ぶ時には不安を感じるでしょう。赤ちゃんの場合には、親以外の人に抱えられた時に、この恐怖が発生することがあります。

一人でいる時に感じる恐怖を克服する方法

親の仕事は、生活で生じる子供の困難を乗り越える助けとなることです。無論、一人になる恐怖も困難の一つです。

1.問題を軽視しない

大人から見て些細な心配や恐怖であっても、決して軽視してはいけません。子どもの不安や恐怖を無視することは、親は信頼できない、頼りにならないと子供に教えることと同義です。

2.恐怖を煽らない

子供の躾の一環として、恐怖を用いる親がいます。たとえば、「早く寝ないと、ブギーマンが来るぞ」と言った脅し文句は、怖い雰囲気を作り出します。

このような環境で育った子どもたちは、安全を望み、臆病な傾向にあり、恐怖に直面するのが苦手です。

一方、過保護になる親も多くいます。例えば、託児所や学校で子供たちが問題を抱えると、現場に行って子どもの代わりに解決したがります。

しかし、子供たちに自分で問題を解決させることが重要です。そうすることで、彼らは自信と自尊心を得るのです。

一人での子供3

3.子どもの恐怖を理解する

子供たちが準備が整う前に恐怖に立ち向かわせるのではなく、何が怖いか、なぜ怖いかと聞いて下さい。詳細に恐怖を理解することで、この恐怖に立ち向かう手段を得ることができます。

子供とこのテーマについて話し合うときは、十分な注意を払うようにしてください。

こういった子供との関わりの中で、子どもは親が自分の問題に関心を持っていると知ります。将来、何か問題が起きた時には、親に包み隠さず打ち明けることができるでしょう。

幼い子供が、恐怖を抱くことはいたって正常な反応です。親からの手助けや、サポートによってはじめて、子供はそれを克服することができるようになるでしょう。