ゴッドペアレンツ:代親の役割

2018年7月14日
代父母はしばしば勘違いされる存在です。代母や代父とは、友人であり、模範であり、そしてなんでも打ち明けられる特別なもの、また、両親の相談相手である事を意味するのです。

赤ちゃんの代父や代母として選ばれることは、大きな名誉です。代父母を務めることは、生涯にわたる約束であり、真に親愛な人だけが得ることのできる喜びです。

多くの場合では、赤ちゃんを授かったと知った瞬間から、両親は代父母を探しはじめます。一般的に、代父は父親に選ばれ、代母は母親によって選ばれます。

両親は、代父母を選ぶ際、慎重に行わなければなりません。キリスト教の伝統では、代父は赤ちゃんの精神的面への責任を負わなければならないからです。

子供の両親に何かが起きた時には、代父母がも両親の役割を担うことが期待されます。

これは非常に重要な役割であり、生涯にわたっての役割です。適切な人を選ぶのはとても難しいと言えるでしょう。

代父母の役割は何か?

理論的には、何らかの理由で両親が子供の面倒を見られない場合には代母や代父がこの役割を担う必要があります。

しかし、これだけではありません。カトリックの家族では、代父母が子供の宗教教育を担当しています。通常、代父母は宗教観を与え、子供の模範であるべきです。

これらは、代父母が子供の人生の一部でありたいと願うことから始まります。代父母は、子供がが目標を達成するのを助け、成長の節目に彼らの成果を祝い、両親を支援する必要があります。

代父母は必ずしも血縁者である必要はありませんが、家族の一員になることを自覚する必要があります。つまり、代父母になるためには、子どもの精神的幸福に対する信念、責任、関心が必要となります。

子供の実父母に加えて、代父母は子供の教育を支え、生涯を通して彼らの成長に貢献しなければなりません。

代親

大きな責任が伴うことを恐れないでください。

良い代父母になる為には、自信を持って役割を果たすことが重要です。自身を持つことで義務を果たし、赤ちゃんの人生にポジティブな影響を与えることができます。

カトリック教会は、代父母が子供を良いクリスチャンとして導き、集団への参加を促すことを推奨しています。代父母は日々、子供のために祈り、聖書や薔薇などの宗教的なプレゼントを与えることが期待されます。

しかし、異なる信仰の家族の中でも、信頼できる友人や親戚の中から代父母のように子供の生活に貢献するものを選ぶ場合があります。

代父母になるための要件

重要な要件は、大母または大父選ばれる人が18歳以上でなければならないということです。

これは、役割を果たすために十分成熟していることを証明になります。ただし、このルールには例外もあります。

カトリックの洗礼式に参加上で代父母はカトリック信徒でなければなりません。

まず聖体拝領と堅信を受けてから、信仰を実践しなければなりません。教会から追放された人であってはなりません。また、他の宗教に属してはいけません。

「代父母であることは、子どもの精神的幸福に対する信念、責任、関心を必要とする」

代父母が赤ちゃんの兄弟または姉妹で、15歳未満の場合は例外です。この場合、代父母は初めての聖体拝領を終えるか、聖体拝領の準備を完了している必要があります。

兄と姉が良い代親になることは少なくないです。兄や姉妹が同じ家に住み、関わる機会も多いからです。子供の堅信の時が来ると、代父母を変えるか、そのままでいるかを選択できます。

代親2

戦略

代父や代母が役割を果たす上での助けとなるいくつかの戦略や活動があります。

子供が良い成績を修めた場合や、誕生日に外出する場合には、特別な贈り物を送ることで伝統を確立する必要があります。

また、バプテスマや洗礼に際して、手紙を書いてください。これにより、子供と両親に対する無条件の愛を再確認することができます。

自分の責任を腕を広げて受け入れるべきなのです。

訪問は、子供を中心し、子供に合わせるべきです。子供は、価値を感じ、代親からの無償の支援があることを知るべきです。

最も重要なことは、これらの重要な責務を愛と善意に基づいて行うことです。良い時も悪い時も寄り添い、サポートしてください。

代父母は、家族の一員であり、育成に重要な役割を果たすのです。

あなたへおすすめ