あなたは気づかないうちに子供を不安にしているかもしれない

2018年6月12日
親であることは厳しい要求を伴う複雑な仕事です。そして、間違った子育て習慣は子供の精神に問題を引き起こす可能性があります。その問題の1つは"不安”で、不安の原因が親の不安からくることもあるのです。

あなたは子供にを不安にさせていませんか?気づかぬうちに、後の感情の発達に影響を及ぼしかねないほどの不安を子供に与えてしまっているかもしれません。

そういった理由から、ストレスや不安に関する、子供が発症する症状や兆候を理解し、解明することが重要です。

不安の背後にどんな原因があるのか

子供たちは一般的に肯定的であり、ポジティブです。常に生気に満ちて、新しい冒険を求めています。

しかし、子供の行動が明白な原因なしに長期的な変化を示し始めると、親は注意しなければなりません。時間をかけて、この変化の原因が誰に、何にあるかを分析する必要があります。

まず初めに、親が自分自身を顧みなければなりません。自分の態度や行動が子供の不安の原因ではないかを確かめるのです、ら

また、友達や他の家族など、毎日子供と接する人々が原因である可能性も考慮すべきです。

時には親が無意識のうちに子供の不安を高めることもあります。この不安は同時に子供のストレス蓄積にも繋がります。

意図的でないにしろ、行き過ぎたな親の権威も子供の不安の原因です。そしてその真逆ー過保護も同様です。

以下は子供に不安をもたらすいくつかの具体的な例です:

  • 過保護
  • 子供が自身の人格を育てる権利を否定する
  • 子供の意思決定を許可しない
  • 繰り返される批判

不安の兆候と症状

不安とストレスに苦しんでいる子供たちは、誰にでもわかる顕著な症状を発症します。しかし、症状を特定するためには、事前に症状についての知識をもつ必要があります。親は、子供が示す行動の変化に細心の注意を払わなければなりません。

ストレスと不安の症状は、生活の中の2つの側面で同時に現れる傾向があります。感情的なものと、物理的なものです。一般に、これらの2つは同時に起こります。しかし片方だけの場合もあれば、複数の症状が同時に現れる場合もあります。

子供不安2

感情的な症状

疑いなく、不安の最も明白な感情的症状の1つは、共感の欠如、または無関心です。

無関心は、学校や勉強、あるいは玩具、友達、そして子供がかつて楽しんでいた活動に対しての無関心です。

他の徴候には、慢性的な悲しみ、食欲不振、神経質、攻撃的な行動や言動、恐怖、不安、集中力の欠如などがあります。

ネガティブな考えは、不安に苦しむ子供に常に付きまとうものです。

子供の行動が明確なな原因なしに長期的な変化を示し始めた場合には、親はなにかしらの対策を取らなければなりません。

身体的症状

ストレスと不安が高いレベルに達すると、身体的な症状も現れます。症状は強く、他の病気と間違う可能性もあります。したがって、判別するためにも感情的な症状に注意を払うことが重要です。

不安は様々な身体的症状を引き起こします。子供は、過度の発汗、動悸から強い頭痛や腹痛まで異なる症状を発症することがあります。

他にも、吃音、寝汗、筋肉痛、震え、失神、行動障害、頻繁な風邪、適応障害などがあります。

子供の不安への対処法

子供を苦しめる不安に対しての最善の方法は、原因を特定して対処することです。したがって、自己反省が最初のステップです。

次のステップは、子供の不安の始まりを見極めることです。最近なのか、または以前から苦しんでいるかどうかを判断するということです。否定的な感情を対処するために専門家に相談し助けを求めるのもよいでしょう。

オープンで敬意あるコミュニケーションを常に心がけることが子供の自信を高めるために重要です。同時に、両親は子供のストレスレベルを下げ手助けをし、小さな変化与えることができます。

子供不安3

過保護育児を避けることは非常に重要です。また、過度に子供を批判したり叱ったりしないように、言動には気を配りましょう。

子供のことを親がすべて決めるのではなく、できる範囲で子供自身に決めさせてください。これは、子供の精神、情緒の発達を維持することに役立ちます。

以上の提案を行ったのにもかかわらず子供の不安やストレスが改善しない場合、専門家の助けを求めなければなりません。場合によっては、専門家は、心理カウンセリング、投薬、および家族カウンセリングを推奨する可能性もあります。

子供蝕む不安に対しての最善の対策は、原因を特定して対処することです。したがって、自己反省が最初のステップなのです。

あなたはあなたの子供を不安にしていませんか?幸いにも、これは簡単に解決できる問題です。

不安の克服を助けるために、最も重要なステップは、症状や行動の変化に敏感に反応することです。忍耐と大きな愛があれば、あなたの子供はきっと、幸せや、情熱、エネルギーを再び取り戻すこどができるでしょう。

あなたへおすすめ