出生前刺激:方法と効果

· 2018年5月16日

妊娠中の一番素敵な瞬間の一つは、赤ちゃんを初めて感じたときです。そして、赤ちゃんを刺激するのに使えるテクニックがるのをご存知ですか?出生前刺激とその多くの効果を見逃さないようにしましょう。

最初のキックを感じることは、たいてい多くの妊婦さんにとって忘れられない瞬間の一つです。赤ちゃんがこの中にいるんだと頭でわかっている状態から、完全に感じることができる状態になるからです。その瞬間から、赤ちゃんや赤ちゃんの動きに気づかないことは絶対になくなります。ときに快適ではなくなりますが、それはあなたに平穏をもたらしてくれるのです。

出生前刺激は赤ちゃんが発達するときに赤ちゃんに様々な刺激を与えるという考えに基づいています。なので、あなたはお子さんの運動技能、感情や感覚能力を二人の間の親密さを深めながら強めていくことになります。

この刺激は妊娠中期及び後期にわたり継続的に行うことが勧められています。しかし、触覚の刺激など、中には妊娠のほとんど初期のころから行えるものもあります。

出生前刺激のいいところ

出生前刺激を行うといいことがたくさんあります。妊娠はとても長いかもしれませんが、正しい活動を行い毎日を生かしていけば、あっという間に時間が経ってしまいます。

ここに、毎日の生活に出生前刺激を組み込みたくなるいくつかの理由を挙げてみました。

  • 刺激によりあなたとあなたの赤ちゃんを直接結び付けることができます。あなたがすることが直接赤ちゃんの刺激になるということがわかり、赤ちゃんと深いつながりを感じることができるでしょう。
  • 刺激により赤ちゃんの感覚の発達を助けられます。それぞれの練習が感覚とその発達に特に重点を置いており、最も適切な方法でそれぞれの感覚に刺激を与えることができます。
  • 心の平穏を得ることができます。それぞれの練習に、赤ちゃんがどんなふうに反応してくれるかわかるようになると、赤ちゃんの健康についての不安がぐっと軽くなります。赤ちゃんがそこにちゃんといて、あなたはそれを感じることができるからです。
出生前刺激のいいところ

出生前刺激のやり方

以下の出生前刺激の練習は、それぞれ感覚につながっているので、毎日別の練習を行うのが良いでしょう。

こうすれば、あなたも赤ちゃんも練習に飽きてしまうことがなくなります。あなたが楽しめば楽しむほど、赤ちゃんも楽しいということを覚えておいてくださいね。

まずは視覚の刺激です。だいたい妊娠4か月ごろから、赤ちゃんは視覚の刺激に反応し、見える感覚を楽しめるようになります。

  • 太陽の光を直接おなかに当てましょう。光は赤ちゃんに到達するまでの様々な層をスムーズに通過して入ってきます。
  • 懐中電灯を使っていろんなゲームをしてみましょう。赤ちゃんの注意をひきつけ、反応を引き出すために、懐中電灯をつけたり消したりしてみましょう。

次は聴覚の刺激です。この練習は妊娠14週頃から最も効果的になりますが、妊娠直後から行うこともできます。

  • 赤ちゃんに話しかけましょう。話しかけるのをやめてはいけません。あなたの声は、赤ちゃんが受け取ることのできる最も良い刺激です。
  • 安心させるための優しい音楽をかけてあげましょう。
  • 自然の中を歩きましょう。自然が生み出す音は、赤ちゃんへの刺激になります。
  • 様々な楽器を演奏しましょう。ピアノソロのメロディや、フラメンコのたいこの柔らかいパーカッションなどは、赤ちゃんからいろいろな反応を引き出すことができます。

次に触覚の刺激です。優しく触れてあげることの大切さは、お母さんの子宮の中から始まっています。特に、妊娠6週目から7週目頃から顕著になります。

  • 羽やブラシなど、肌に様々な触り心地のものを試してみましょう。
  • かわるがわる別の指で、または全部の指でいっぺんに、おなかを撫でてあげましょう。
  • お腹をマッサージしましょう。様々な強度で押すことで、赤ちゃんが反応します。
  • 赤ちゃんの動きにこたえてあげましょう。赤ちゃんが動いたら、赤ちゃんがもぞもぞした場所を押してみましょう。これはあなたと赤ちゃんの完璧な交流になります。
赤ちゃんへのさまざまな刺激

他にもあります。赤ちゃんはあなたが体勢を変えると動くので、姿勢を変えてみましょう。妊娠10週目までには、赤ちゃんはこれが分かり始めます。

チョコレートなど、特定の食べ物を食べると赤ちゃんが反応することもあります。とはいえ、赤ちゃんの動きを最大にしてしまうことは良くないので、こういった食べ物は食べすぎないようにしましょう。