出産前に赤ちゃんを幸せにする6つの方法

2018年6月15日

赤ちゃんが生まれる前に刺激を与えるなど、妊娠している間、胎児に特別なお世話をすることで、親子の愛の絆が深まります。このつながりは、母と子の関係を密接にするだけでなく、妊娠期間を通して赤ちゃんを幸せにします。

自然界における最もすばらしい奇跡ともいえる、妊娠が発覚すると共に、それに付随する様々な変化が起こります。そこで出産の前から、赤ちゃんがどうしたら幸せでいられるか意識するのです。

妊娠してから起こる感情面での変化は、女性にとってうまく言い表しきれません。だから「経験して初めて理解できる」とよく言われるのです。

胎内で成長している間、赤ちゃんが心地よく幸せでいられるようにするためにできることがいくつかあります。以下、妊婦のママが気を付けてあげる方法を一部ご紹介します。

幸せをもたらす出産前のベイビー・ケア

妊娠期間を通して、お腹の赤ちゃんに特別なお世話をするのは、赤ちゃんの健康を気にする将来のママにとって、一番優先すべき課題になります。胎児の成長のためには、妊娠中の健康管理をしっかりしましょう。

定期健診で、早い時期から自分の生活習慣を変えた方がいいかどうか医師にたずね、何か少しでも変わったことに気付いたら報告しましょう。

出産前からの赤ちゃんのお世話

食生活に気を配り、水分補給をし、適度な運動をすることは発達過程の赤ちゃんにも良い習慣です。妊婦のあなたが良い気分でいられたら、お腹の赤ちゃんも同じように感じるはずです。

自分の健康管理をすることは、赤ちゃんへの愛情表現であり、またお腹の中で幸せでいて欲しいと願う気持ちの表れです。

コミュニケーションと感情面での絆

生まれてくる前から赤ちゃんに話しかけるのはとても重要で、将来の発達にも好影響をもたらす初期の刺激手段とも言えます。感情の面でも神経細胞の発達においても、胎児とのコミュニケーションは愛情で結ばれる強い関係を生み出します。

赤ちゃんの幸せ1

妊娠中期の初めには、胎児の耳の発達は完成します。この時期には赤ちゃんは胎内にいながら、ママの声など外から入ってくる音を聞くことができるようになるのです。

胎内の赤ちゃんは、子宮内の音波によって伝達される高周波の音である、将来会うことになるママの声をはっきりと聞いています。

妊娠中の刺激が幸せを生み出す

赤ちゃんとのコミュニケーションのもう一つの方法は、妊娠中刺激を与えることです。やさしくお腹をなでることが、赤ちゃんをなでているのと同じことになり、胎児もさわられている感触を感じています。

妊娠最後の数か月には、お腹の赤ちゃんとのふれあいを持てるのです。お腹の中で聞いているという、はっきりした兆候が見られます。何かうれしいことがあると、元気に動くのが分かります。

他の家族との接触

妊娠期間中、他の家族も胎児の成長ぶりと関わるようにすると良いです。

家族全員と親しい友人と一緒に、胎内の赤ちゃんの発達段階をお祝いしましょう。例えば胎児が動くようになったら、赤ちゃんがどんどん成長している証拠なのでおめでたいですね。

赤ちゃんの幸せ2

写真提供:B&B Fotografia – Javier

妊娠の進み具合によっては、ママの声と他の人の声を聞き分けることができるかもしれません。赤ちゃんはハッピーで、自分は必要とされて愛されていると感じて、この世界に温かく迎えてもらえると安心するでしょう。

良い機会と意識すること

誰もがそうであるように、妊娠最後の数か月に入った赤ちゃんは、休む時間と活動的な時間があります。赤ちゃんの生活パターンを意識して、休んでいるのか動き回っているのかを知ることで、赤ちゃんの邪魔をしないで済みます。

赤ちゃんの幸せ3

 

妊娠後期に入り、赤ちゃんも不安になることがあります。子宮内に残った、狭い空間にいることへの居心地悪さも理由の一つです。

そこでこの時期は特に話しかけたり、刺激を与える機会を増やしてあげましょう。

妊娠最後のこの期間に、歌を歌ったり、赤ちゃんが落ち着くようなほっとするする言葉をかけながら、お腹をなでてあげると良いですね。赤ちゃんが落ち着かないようであれば、横になっている姿勢を変えたり、少し歩いたりして、赤ちゃんがリラックスできるようにしてあげましょう。

あなたへおすすめ