出産後に減量したい人へのアドバイス

2018年6月26日

多くの女性が妊娠することを夢見るものですが、赤ちゃんが生まれた後の自分の体型はやはり悩みの種になります。そこで出産後に健康的に減量する方法を知っておくのは重要なのです。

赤ちゃんを産むのは何といっても素晴らしい経験です。しかし身体の外見に関しては、この人生で大きな出来事がどうしても心配になってしまうのです。つまり出産後の体型と、どうしたら減量して元の身体に戻ることができるかという問題点です。

自分の体型を受け入れて、最大限に赤ちゃんを楽しむ

主産後に減量するためには、新しいライフスタイルを生み出し、まず忍耐力がなければいけません。自分の中で生活のバランスを取り、最初の数ヶ月は自分の体型にまず慣れるようにして、小さな命を可愛がってあげましょう。

食生活を見直し、定期的な運動をすると効果的です。タイムマネジメントをしっかりして、自分で決めた目標に着実に届くようにしましょう。

自分の変わってしまった体型を受け入れられないと、ストレス、産後うつ病、不安症を引き起こし、感情の起伏が激しく、食事の際衝動的に食べる事もあり、むしろ体重増加が見られる場合もあります。

出産後の減量 ストレス

授乳中は減量よりも食事に気を付ける

授乳している間は、それに伴うエネルギーの消費により、自然と体重減少が起こるということを覚えておいて下さい。そのため食事の制限をすると、赤ちゃんの授乳にも影響するので気を付けましょう。

体型を戻すためには、栄養のある食生活を心がけ、低カロリーのダイエットは避けないと危険です。カロリーの少ない食事でやせても、授乳中はそれが間接的に赤ちゃんに影響してしまいます。

出産後の減量 授乳

減量のための新しい食生活の習慣

新しい食生活を習慣付けるのは重要なので、以下の要点を守るようにしましょう。

  • 脂肪分の摂りすぎには気を付けましょう。
  • グリル野菜を食べましょう。
  • 果物と野菜を摂取しましょう。
  • 水分補給を忘れずに。

これらを実施することで、どんどん身体の変化が見られるはずです。

出産後にやせたい人へお勧めの食べ物:

  • 牛乳、卵、低脂肪の肉類は必要なたんぱく質となるので、減量に効果があります。
  • 野菜には抗酸化作用があり、身体の正常機能を促進します。
  • ナッツ類には繊維が含まれるので便秘に効きます。
  • 穀物類はエネルギー要素があり、不安な気持ちを和らげます。
  • 果物を食べると病気予防になり、より健康な身体を作ります。

その他の減量のアドバイス

以下、やせるという目標を達成するために参考にして下さい。

ビタミン剤

ビタミン摂取は身体に必要なエネルギーを与え、母親としての大事な役割を果たすのに役立ちます。さらに、カルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルは、授乳の際必要なエネルギー源となります。

水分摂取

出産後の急な回復と減量によって、お肌のはりがなくなり、妊娠線が目立つようになります。たっぷり水分補給をすることで、お肌を中から保湿し、身体の正常機能を促し、セルライト予防となり、より健康になります。

身体運動

赤ちゃんをベビーカーに乗せて散歩するのは最適です。赤ちゃんとの関係を維持しながら時間を共有して、新鮮な空気を吸って日の光に当たることで、親子共にこの新しい生活に順応していくことができます。

一日最低1時間散歩をすることで、あなたの健康への進歩が見られます。ヨガ、ピラティス、骨盤底筋を鍛えるケーゲル体操、ダンス、エアロビクスなどの運動を、徐々に強化していくことでゆっくりと元の身体に戻ることに成功します。

心配しない

分泌後、身体をしっかり休めると、身体がショックを受けたり合併症を引き起こしたりしないで済みます。しっかりと時間を空けてから減量を始める事も、元の身体に戻るための成功につながります。

体型を戻し始める時期になったら、カロリー計算をして、あまり低カロリーになり過ぎないように気を付けましょう。自分だけでなく新生児の身体の健康管理をしなければいけない時期に、身体が大変化してしまうのは危険です。

あなたへおすすめ