知っていて損はない出産に関する7つの知識

2018年5月22日

出産は女性が体験する出来事の中でもとても思い出深く、そして体力を奪われる体験となります。妊娠している一人一人の女性の体験は全く異なりますが、すべてが特別なものとなることは間違いないでしょう。どんな体験になるかは未知数ですが、あなたから産まれる赤ちゃんに対して深く愛情を感じる瞬間は忘れられないものです。赤ちゃんがこの世に存在するためには、出産は避けては通れない道です。実際はあまり知られていない出産は、わからないことが多く不安になる女性も多いではないのでしょうか。今回は知っていて損はない出産のことについて書きました。

出産が帝王切開でも、家のバスタブの中でも、ベッドの中でも、病院で行われたとしても、赤ちゃんを初めて見ることは、親にとって人生の中で一番感動深い体験と言われています。

出産は母親にとって忘れられない特別の経験となることでしょう。あまり知られていない出産のことについて話をしたいと思います

出産予定日は正確ではないことの方が多い

出産予定日に赤ちゃんが産まれることは珍しいです。妊娠期間は無期限ではないですが、出産予定日が過ぎても赤ちゃんが産まれないことは良くあります。

出産日に赤ちゃんを産むのは5%のお母さんしかいません。もし赤ちゃんが出産日より早く産まれたり、または遅れて産まれても心配しないでください。健康的な赤ちゃんが産まれることが、何よりも重要なことです。

麻酔は必ず効くとは限らない

出産の際に麻酔を使うケースもありますが、出産の痛みがすべてなくなる魔法ではありません。麻酔は下半身の痛みを緩和するもので、背中に注射を差し注入します。

硬膜外麻酔はすべての感覚を失くすものではありません。ある女性は足に無感覚を感じ、ある女性は感覚が少し残り、ある女性はお腹に痛みを感じ、ある女性には麻酔は全く効かないことでしょう。どのような作用があるのか詳しく知りたい人は医者と事前に相談をしましょう。

知っていて損はない出産のこと-Pregnant-Woman-Sitting

麻酔をした後は飲み物、食べ物を口にできない

病院に行く前に食べ物を食べることをお勧めします。麻酔を使う、使わないにしても、出産は大変体力を使う作業となります。麻酔をした後は食べ物や飲み物を口にできないことを覚えておいてください。

出産の際に同時に便が通じることがある

出産が始まった後にいきみますが、その際に同時に便が通じることがあります。思ったより多くの女性にこのことが起きます。恥ずかしく感じることはありません。看護師はこのような事態にはとても慣れていますので、安心してください。

赤ちゃんが出ても出産は終わりではない

赤ちゃんがあなたから産まれても、子宮の中にあるプラセンタを押し出す作業が残っています。痛みやかかる時間は赤ちゃんよりは大したことはないので、心配しないでください。

知っていて損はない出産のこと-Pregnancy-1

赤ちゃんは白い粘膜に覆われて産まれてくる

赤ちゃんが産まれた際は白いねばねばとしたチーズのような粘膜に覆われています。胎脂と呼ばれるもので、赤ちゃんを子宮の中でも守る役割をしているものです。赤ちゃんを洗えば落ちるので気にしないでください。洗われた赤ちゃんの肌はデリケートでとても柔らかいでしょう。

赤ちゃんの頭の形は変化する

膣出産をした赤ちゃんの頭は膣内を通るために変形します。この変形はだんだん元に戻るものなので、心配しないでください。数日の間に、トウモロコシのような少し細長くなっている頭がだんだん丸くなってくるでしょう。

これらが、あまり知られていない出産について7つのことです。情報を知っていくことで、大事な日のために準備がよりできることでしょう。

あなたへおすすめ