男の子を産むのは女の子を産むよりも痛い

· 2018年5月25日

ある研究が、男の子を産む方が女の子を産むよりも痛みが強いかどうかを検証するため行われました。専門家の意見は果たして正しいのでしょうか?

自然分娩は、女性が人生で経験できる最も美しいものの一つです。それは主に痛みを伴う経験ですが、子どもを産むということにはもっとずっと多くの意味があります。

男の子と女の子を産む際にある違いになどの点ついては、疑わしいとお思いでしょう。

小児科学という機関誌に投稿された記事によると、グラナダにあるサン・セシリオ病院とグラナダ大学(UGR)の研究者チームによって行われた研究について書かれており、出産時子どもの性別が影響する可能性があるというのです。

この学術調査では56人の妊婦を対象に研究を行った。

この研究によると、男の子の出産の方がより痛かったというのです。この現象は、女の子の方がストレスをより上手に対処できるという事実によるものです。

女の子は男の子よりも優れた抗酸化防御を持っており、細胞膜に起こす酸化ダメージが小さいのです。

お母さんとしては、これにより炎症が少なくて済み、出産時の痛みも少なくなるのです。

科学者は、健康に何の問題もない妊婦56人を検証し、その56人から27人のお姫様と29人の王子様が生まれました。

女性が出産した後、女の子を産んだお母さんはその生体分子へのダメージがより少なかったことが医者により発見されました。

こういった結論にたどり着いたのは子の研究が初めてでした。

今までは、炎症の問題に悩んでいた大人にのみ研究が行われていたのです。しかしこの研究では、赤ちゃんがお母さんに起こす影響に焦点を当てたのです。

女の子を産むのは痛みが少ない

女の子を産むこと

ハビエル・ディアス・カストロとフリオ・ホゼ・オチョア・エレーラがUGRの生理学科と一緒に研究を行った主な研究者です。彼らの主張では、彼らの分析により新生児の性別と可能性のあるリスク要因や、寿命への影響、病気の進行などについての興味深い研究分野への入り口を開くことになるといいます。

それでは家庭の王子様とお姫様の違いはどのようなものなのでしょうか。

この専門家たちの研究によれば、出生時に女の子はより成熟した酵素システムを持っているそうです。これにより細胞へのダメージを防げるバリアを作ることができます。さらに細胞代謝もとてもうまく行えます。

言い換えれば、お姫様とそのお母さんは、出産に伴う痛みにより効果的に対処することができるのです。したがって、反対の性別の時ほど痛みが強烈ではないのです。

出産=痛みではない

出産の痛みは和らげられる

多くの妊婦さんは、自然分娩をすることへの強い恐れを抱いています。なぜなら他のお母さんたちの経験にだけ目を向けているからです。

出産=痛みではありません。特に妊婦向けサポートグループなどの人からのアドバイスを受けていればなおさらです。

出産時の痛みに対処するには呼吸法がカギになります。

助産師の存在が、赤ちゃんとのより平和で美しいご対面を可能にしてくれるもう一つの要素です。

非常に集中した運動と、身体の動き、呼吸法を通して、この経験を全く違ったやり方で切り抜けることができます。恐れや不安を感じることもありません。

加えて、あなたの身体が必要な痛みを穏やかに耐えられるよう動いてくれます。間違いなく痛みのピークはありますが、あなたの身体がこのピークを落ち着いた瞬間に変換してくれます。

身体は、エンドルフィンとエンケファリンを分泌することによりこれを行います。これらは不快感を抑制する効果のあるホルモンです。

あなたならできる!

お母さんの皆さん、出産はとても怖いと感じているのではないでしょうか。たくさんの話を聞いてきて、みんな苦しいことばかりだったでしょう。

しかし、自然は賢いもので、本当の幸せがあるまさにその瞬間にあなたを連れて行ってくれます。

赤ちゃんが生まれるのを見たら、あなたの赤ちゃんへ感じている愛は何倍にも膨れ上がります。命のプレゼントをするプロセスを感じることができるのは、やりがいがあることです。

あなたが産もうとしているのは、無垢で純粋な生き物です。何も恐れることはありません。あなたもあなたのお子さんも、その時が来たらどうすればよいのかちゃんとわかるものなのです。