お腹の中で赤ちゃんは何をしているのか

2018年5月9日

妊娠中に、お腹の中で赤ちゃんは何をしているいるのでしょうか?まだ産まれる前でも、赤ちゃんは様々な動きや行動をしています。今日は、その興味深い行動について話をしたいと思います。

お腹の中で赤ちゃんは常にアクティブです。そして、産まれる前からいろいろな動きができます。

お腹の中での赤ちゃんの発育について興味はありませんか?赤ちゃんは日々確実に成長しています。成長の過程の中で、サイズが大きくなるだけでなく、行動の種類も増えていくのです。

お腹の中で赤ちゃんは聞こえる音に注意を払っている

赤ちゃんはあなたの心臓の音が聞こえます。赤ちゃんにとって、心臓の音を聞くことで、落ち着くことが出来るのです。産まれた後も同じで、赤ちゃんの耳を胸の近くに持ってきて、抱っこをしてあげると赤ちゃんは安らかな気持ちになることでしょう。

心臓の音だけでなく、あなたの声も赤ちゃんは聞いています。そして、周りで話している人の声も子宮の中の赤ちゃんの耳に届いています。

子宮の中には羊水がありますが、音やそのバイブレーションを遮るものではありません。声に限らず音楽やその他の音も赤ちゃんは聞いていることでしょう。

これは、赤ちゃんが20週を過ぎた後に起こることです。

お腹の中で赤ちゃんは親指を吸っている

赤ちゃんは産まれた数時間後にはお母さんのおっぱいを吸って、母乳を飲んでいることでしょう。

お腹の中で赤ちゃん-blue-dress

母乳をあげることは最初は難しく感じるかもしれません。どうやっていいのかわからない場合もあります。でも赤ちゃんは産まれる前からお腹の中で母乳を吸う訓練をしています。

お腹の中で赤ちゃんは自分の親指を吸うことで、産まれてから母乳を吸えるよう筋肉を発達させ、備えています。

お腹の中で赤ちゃんはしゃっくりをしている

赤ちゃんはお腹の中で既にしゃっくりをしています。あなたの知らない間に、赤ちゃんは頻繁にしゃっくり繰り返していることでしょう。特に産まれる前、最後の3か月の間は回数も多くなります。

この行動は、産まれた後に備えるためだと言う医者もいます。

赤ちゃんは横隔膜を使ったり、羊水を吸い込むことで、肺や他の内臓を強化しています。

お腹の中で赤ちゃんは表情を変えている

6か月を過ぎると赤ちゃんは瞬きをすることができます。

赤ちゃんはまるで大人の感情を読み取ることができるように反応をします。笑ったり、顔をしかめたりなどを既にお腹の中で行っています。

お腹の中で赤ちゃんはルーチンがある

これは嘘のように聞こえますが、お腹の中で赤ちゃんはルーチンに沿って行動をしています。

7か月になると、赤ちゃんはスケジュールに沿って「タスク」を実施しています。

決まった時間に起き、動き、そして眠りにつくなど、赤ちゃんそれぞれのパターンで行動しています。

お腹の中で赤ちゃんは何をしている?

お腹の中で赤ちゃん-heart-belly

お母さんがテレビを見たり、シャワーをあびたり、休んだり、話したりしている間も、お腹の中で赤ちゃんは忙しくしています。

メインの行動としては、食べたり、成長をすることですが、以下の行動・動きを常に行っています。

赤ちゃんがお腹の中で行うこと

  • 手をグーパーする
  • 顔を触る
  • 夢を見る
  • 臍帯(へその緒)で遊ぶ
  • キックする
  • 目をこする
  • 眠る
  • 動きまわる
  • 糖度が高い時により羊水を飲み込む
  • おしっこをする
  • お母さんと遊ぶ(お腹を外からこすったりタップしたりすると、動き回ったり、キックで返す)
  • 足に触る
  • ベロを出す
  • 出産前に頭を下向き体を回転させる

赤ちゃんの発育は臍帯を通して栄養が運ばれることでなされます。

脳も常に発達しています。産まれた後に順調に育つ準備を、今赤ちゃんはしているのです。

あなたへおすすめ