妊娠合併症を検出する革新的な技術

· 2018年9月11日

革新的技術の力を借りることで、医療従事者は起こりうる妊娠合併症を検出することができるようになりました。

妊娠は順調な場合でも適切な服薬と安全性を保証するために医学的な注意が必要です。

数年前まで、現在の出生前検査で用いられる技術の多くは存在していませんでした。

しかし、現在では染色体異常であるダウン症などの重大な合併症を判断するために使用できる多くの検査方法が確立されています。

妊婦は定期的に病院に行って医師に様々なチェックをしてもらうべきです。しかし、自分のやり方で妊娠と向き合う権利を持っていることもまた事実です。

母親の中には、医師の助けがなくても自然に問題のない出産ができると信じている人もいるでしょう。

妊娠が原因で、緊急に治療が必要な事態が起こる事は滅多にありません。しかし、出生前検査が様々な面で発達、多様化することは赤ちゃんの健康を知る上で非常に重要なのことです。

妊娠に伴う合併症の出生前検査

このテストは、赤ちゃんまたは母親に問題があるかどうかを判断する際に、専門家が用いる評価基準となるテストです。

テストの結果によって、特定の検査を受ける必要があるのかを判断します。つまり、このテストは具体的な状態を知らせるものできないものの、より詳細な検査が必要かどうかを判断することができるのです。

検出2

スクリーニング検査の実施に関して心配する必要はありません。このテストは、問題が有る無しに関わらず定期的に行われます。

しかし、異常の可能性を即座に特定する事に大きく貢献してくれるのです。母親と胎児の問題を検出し、先天性の問題を検出するために使用されるでしょう。

また、スクリーニング検査は妊娠の段階によって方法が異なります。妊娠初期に効果的な検査も、妊娠第二期に効果のある検査もあります。

そういった検査では羊水異常または多汗症、貧血などの医学的な症状の発見、先天性欠損の判別、および誤診への対処の場合など、特定の状況下ではさらに有用です。

妊娠に伴う合併症を検出するための革新的な技術

検出3

先に述べたように、妊娠が正常に進行している場合でもスクリーニング検査が推奨されています。なぜなら、予期せぬ問題を処理し防止するために非常に有効だからです。

妊娠には、一つ一つの段階にリスクがあります。検査を受ける時期には、恐怖を感じるてしまう事があるかもしれません。

これから検査内容を簡単に説明します。しかし、誰もが受けるかどうかを決める権利を持っているということを忘れないでください。

超音波検査

超音波による検査は、ごく一般的な検査の一つです。問題の検出に加えて、生まれる前の赤ちゃんを画像として表示することができます。

これにより、赤ちゃんの性別を知ることができますし、また、心不全や染色体変化などの早期異常の検出も可能です。

第2レベルの超音波検査は、胎児に生じる可能性のある欠陥を観察するために推奨されている検査です。スクリーニング検査で異常の可能性がある場合は、第2レベルの超音波検査が推奨されています。

音波を用いて画像を生成する装置を介して行われる安全な検査なので、音波によって赤ちゃんを傷つけることはなく、子宮内を観察することができます。

絨毛分析(CVS)

この革新的な検査は、妊娠第1期の定期検診で異常が検出されたときに用いられます。また、高リスクな妊娠にも用いられます。

これは、胎盤由来の組織からなる絨毛のサンプルを分析するものです。

組織サンプルを得るためには2つの選択肢があります。大腿骨頸部、もしくは大腿骨腹部です。どちらが選択されるかは、妊娠の状況に応じて変わります。

この方法には、母親を不安にするリスクもあるでしょう。

しかし、胎児に発症する可能性のある遺伝的または染色体的な異常を正確に診断できる重要な検査です。この検査によって、嚢胞性線維症、ダウン症候群およびターナー症候群を判別することができるのです。

血液検査

これは広く知られた検査方法ですが、現在、血流中の特別なタンパク質の測定を可能にする新しい技術が実用段階になっています。これにより、染色体および一般的な欠陥の変化を検査することが可能になるでしょう。

この検査のポイントは、血漿プロテインAおよびヒト絨毛性ゴナドトロピン値レベルを判断し、特別な分析方法を用いることにあります。この要素は、特定の欠陥に関連する可能性を示します。

また、これは問題の早期発見に繋がる技術であり、安全かつ簡単に実施することができます。しかし、結果を分析するためには高度な技術を必要とします。

羊水検査

羊水検査は、遺伝的および染色体的の異変を検出する方法です。これは、神経に影響する先天性の異常を診断するのに非常に有用なものです。

この検査は、一般的に妊娠初期に行われ、妊婦から少量の羊水を抽出するものです。羊水の分析は、α-フェトプロテインやアセチルコリン酸酵素などのタンパク質の測定に基づいて行われます。

これらの物質の濃度によって、二分脊椎、腹壁破裂、無脳症、およびダウン症のような合併症の識別が可能になります。