妊娠中のつわりは赤ちゃんの性別のサインかもしれない

· 2018年5月19日
赤ちゃんの性別を示す可能性があるサインや症状についてはさまざまな意見があります。これらの意見は科学的には証明されていませんが、多くの妊婦にたびたび参考にされています。

全ての妊婦が経験するわけではありませんが、”妊娠中のつわり”は妊娠第一期の特徴であり、通常は4カ月目(12~16週)に消失します。また、初めての母親になる人に起きやすい傾向もあります。

つわりは嘔吐につながるように感じる不快な感覚ですが、必ずしもそうなるわけではありません。この感覚は、一般的に、口から喉の辺りまで感じられます。

これは妊娠の正常な症状なので、大きな懸念事項ではありません。確かに、妊娠中のつわりは昼夜を問わず起こり得るので、うっとうしく、日常業務の妨げになります。

原因

  • 便秘
  • 心理的要因
  • 胎盤の大きさ
  • 過剰のエストロゲン
  • ビタミンB不足
  • ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)の水準

妊娠中のつわりは通常、胎盤から分泌されるHCGホルモンの存在量の多さに関連しますが、単一の原因はありません。

これは女性が妊娠しているかどうかを判断するための血液検査で使用されるホルモンと同じものです。

妊婦の50~80%がつわりを経験します。

妊婦

危険因子

  • ストレス
  • 不安
  • 初回妊娠
  • 頭痛/片頭痛
  • 胃腸病の病歴
  • 嗅覚や味覚に対する感度

ある研究では、ヘリコバクター・ピロリ菌に感染した女性は妊娠中につわりを経験するリスクが高いことが示唆されています。

しかし、妊娠中のつわりは、単一の原因ではなく、多くの要因の結果と考えられているので、これは推測の域を出ません。

つわりに対する一般向けの意見

  • あなたが妊娠中にずっとつわりを経験した場合は、女の子を期待できます。
  • つわりが軽度であれば、赤ちゃんは男の子かもしれません。

つわりは赤ちゃんの性別についての手がかり与えてくれますか?

最近、あるスウェーデンの科学者グループが大規模なサンプル(約200万人の妊婦)を対象に行った研究の一部で、妊娠中の朝につわりと嘔吐を経験した女性は女の子の赤ちゃんを生んだことが分かりました。

この結論は、妊娠の最初の3カ月間につわりを経験した調査対象の女性の56%が女の子を生んだというテストの結果を分析して得られたものです。

一方で、比較的楽な妊娠を経験した妊婦は男の子を生みました。

この研究は、ニューヨーク市のコロンビア大学で行われたもので、特に妊娠悪阻に悩まされた女性を指しています。これは1日24時間、12週間以上に渡って起こるつわりです。

超音波スキャン写真

通常の検査と並んで、つわりは赤ちゃんの性別の手がかりを与えてくれると考えられています。決定的な証拠はありませんが、これについてさらなる情報を提供したいと継続的な研究が行われています。

今のところ、赤ちゃんの性別を知る最も信頼できる方法は超音波、羊水穿刺、または子宮壁から細胞を採取する絨毛膜標本採取によるものです。

最後の二つのテストは、赤ちゃんが性別に関する問題のリスクにある場合にのみ、性別を判定するために行われます。

超音波スキャンが赤ちゃんの性別を知る最も一般的な方法です。

検査中に性器が見えない位置に赤ちゃんがいる場合もあり、超音波では性別を判定できない赤ちゃんがいることにも注目すべきです。

一般的に、赤ちゃんの性別の判定を最も難しくする位置は、完全に後ろ向きになっている時です。

妊娠中の過度のつわり

妊娠悪阻を有する女性は妊娠中に嘔吐と極度のつわりを経験します。これは5%の体重減少を引き起こし、最も危険な場合は脱水症状の引き金となり、入院が必要になる可能性もあります。

これは妊娠中いつでも起こる可能性があるものの、妊娠悪阻は双子を宿している場合に起こりやすいと考えられています。