妊娠中によく眠るための13の秘訣

2018年5月11日

妊娠期間中、あなたの身体はたくさんの大きな変化を経験します。おそらくこの時期よく眠れたらいいのに、と願うことも多いでしょう。そこで、今回は必要な睡眠を得るための便利な秘訣をシェアしたいと思います。

十分な休息とリラックスすることが根本的な要素であることが前提です。なんといっても、新しい命があなたの中にあるのですから!

妊娠中によく眠るためのシンプルステップ

  1. 日中に昼寝をするのを避けましょう。妊娠初期では、おそらく特別眠気を感じるでしょう。眠くなるのはよくあることで、ベッドに戻りたい誘惑にかられがちです。しかし、日中には眠らないように頑張ってみてください。そうすれば、夜眠りやすくなります。
  2. 妊娠前に睡眠不足だった分は消化しておきましょう。多くの女性が、睡眠がとても不足している生活の中で妊娠します。妊娠中によく眠るためには、この睡眠不足の時間を補う必要があります。夜早めに寝て、朝少し遅めに起きるようにしましょう。快眠のためのステップ
  3. ストレスを不安の程度を下げましょう。ストレスと不安は心と体に悪影響を及ぼし、夜眠れなくします。質の低い睡眠は、出産時の合併症につながることがあります。疲れてストレスが溜まっていると、筋肉が疲労して出産に必要な柔軟性がなくなってしまうからです。
  4. 体重をサポートするための枕を使いましょう。どんな格好で寝たいかに関わらず、妊娠中は快眠のために十分なサポートが必要です。枕を体の周りに置いて、心地よいポジションを見つけましょう。
  5. ラベンダーオイルを使いましょう。この植物は、心と身体がリラックスできる気持ちいい香りを持っています。枕にラベンダーエッセンスを一滴垂らすといいでしょう。枕カバーの中にラベンダーの枝を一本入れることもできます。香りは一晩中続いてくれます。
  6. 4時以降はあまり水分を摂らないようにしましょう。妊婦さんは、膀胱に余分に体重がかかっているため、トイレに頻繁にいかなればなりません。これは特に夜中は面倒です。午後4時以降に水分の摂取を限定することで、この問題を避けることができます。こうすれば身体が寝る前に余分な水分を排除してくれるのに十分な時間が取れます。
  7. 温かい圧をかけましょう。妊娠中は痛になりやすいので、快適な場所を探して夜中ごろごろしなければならなくなります。お湯の入ったボトルを背中や腰にあてます。これにより痛みが和らぎ、妊娠中よりぐっすり眠ることができます。
  8. 温かいお風呂に入りましょう。バスタブを温かいお湯で満たします。これはリラックスできるというだけではありません。出産に備えて筋肉や循環システムを助けることにもなります。快眠の秘訣
  9. 睡眠スケジュールを決めましょう。週末でもそのスケジュールに従いましょう。毎日の日課に身体が適応し、一日中正しく機能するのに必要な休眠を得ることができるのです。
  10. 寝るときに悪い影響のある食べものを食事から除去しましょう。揚げ物や、辛すぎる食べ物は食べないようにしましょう。こういった食べ物は消化器官に悪影響を与え、眠りにつくのを難しくさせる可能性があります。
  11. 一日を通して、少量ずつ食事を摂りましょう。一日三食普通に食べるといういつもの習慣のままでいると、食事の間におなかが空きます。そこで一日に何回も少量の食事を摂る方がずっといいのです。これにより、健康な消化機能が保証されます。さらにボーナスとして、妊娠中の体重増加をコントロールするのにも役立ちます。
  12. タバコに近寄らないようにしましょう。当然、喫煙者なら、妊娠中や妊娠に備えてその習慣を断ち切らなければなりません。しかし、副流煙にも注意してください。副流煙にさらされている女性は、睡眠障害になりやすいのです。そしてタバコによる呼吸への影響も考えておかなければなりません。
  13. よく動きましょう。毎日30分運動すると、身体を鍛えることができ、出産がしやすくなります。散歩に行ったり泳いだり、負荷の少ないエアロビをしたりするといいでしょう。運動はあまりしないという人は、一日5分からでも大丈夫です。毎週一日5分ずつ増やしていって、30分までもっていきましょう。
あなたへおすすめ