妊娠中に犬を飼うことで得られる効果

· 2018年5月7日

信じられないかもしれませんが、犬を飼うことは明らかに妊娠の経過にいい影響があります。犬は家族の一員であり、多くの場面において私達の支えとなってくれるのです。

研妊娠中に犬を飼っていることが未来の母親の体力の向上と感情バランスの維持の2点に大きな役割を果たすことが研究で分かっています。

妊娠のようなデリケートな時期に動物と暮らすことに対する不安を感じることもあるでしょう。勧められない場合もありますが、必要な用心をすれば、このふわふわの友人は非常に頼もしい仲間となってくれるのです。

妊娠中に犬を飼うことでどんな効果があるの?

犬を飼うことの素晴らしい効果の一つは、仲間になってくれることです。そして他者への責任感が生まれ、思いやりを持つ関係が出来ます。

やがて来る母親になる過程で生じる様々な変化を乗り越える時に、この友人の存在のおかけででバランスが取れるので非常に大切です。

専門家によると、ほとんどのペットの犬は非常にバランスの良い家族の一員になり、一緒に暮らすことで健康になり、従順で素直になります。ですので、衛生面と安全な距離が保たれていれば犬を飼うことに問題が生じることはありません。

同様にこれから母親になる飼い主と犬は感情的な繋がりが作られやすいので、犬と一緒に過ごすことは感情のバランスに良く、ストレスや抑うつの発生を減少させます。

犬は他の人がいつも家にいることが出来なくても、一緒にいてくれます。もし妊娠中に長時間孤独を感じた場合、この愛くるしい仲間は支えとなってくれるのです。

妊娠中に犬を飼うことの効果

科学者達は、犬を飼うことにより妊婦は習慣を通して自身を発展させる機会を得ることが出来ると発表しました。動物を飼う経験は楽しく、快適で、刺激的、そして健康な効果を与えてくれるのです。

以下は妊娠中に犬を飼うことの利点です;

  • 毎日の散歩が必要となるため、犬を飼うことは減量の助けとなり、肥満度を下げ、運動を促進し、心血管系を強くします。妊娠中の適度な運動は分娩時の合併症の予防の助けとなり、早産のリスクを減らします。
  • 犬と一緒に過ごすことはストレスのレベルを低下させ、同時にエンドルフィンの放出を促すことで、より幸福な気持ちになれます。

犬が家にいることが分かっていれば、近くの人の存在を警戒させたり、多くの場合家に望ましくない動物がいれば教えてくれるので、安心感を得ることが出来ます。

  • 極端な例では、犬は生命を救うこともあります。なぜならある程度のトレーニングを受けていれば、緊急事態に対する警報を発したり、目的物を探索したり、ドアを開けたり、そのまま警戒することも出来るからです。
  • ペットと一緒に育つことにより、子供がより健康になることが出来ます。なぜならより多くの細菌にさらされることで免疫レベルでの抵抗性が強くなるからです。

妊娠中に犬を飼う場合に用心すべき点

妊娠中に犬を飼うことの利点を効果的に楽しむためには、この時期に幾つかの注意点を守らなければなりません。人生のデリケートな時期にいるため、幾つかの注意が必要です。

  • 犬の散歩中、犬のコントロールを失わないようにしましょう。転倒する危険があります。他にも犬が突然動いたり、はしゃぎまわったりすることもアクシデントの原因となります。
  • リスクを避けるために狂犬病、コロナウイルス、パルボウイルスの予防接種をしましょう。同様に脱臭もし、常に清潔な状態を保ちましょう。
  • 便の中に寄生虫がいる恐れがあるため、妊娠中に犬の便の始末をすることは勧められません。
  • 妊娠中は犬の口腔と接触することは避けましょう。同様に舐められたり、食べ物を分け合ったりすることも避けましょう。唾液内に有害な細菌が含まれていることがあります。