妊娠の期間とその変化について

· 2018年11月12日
どの期間であっても、妊娠や出産について何か疑問があれば、医師に相談するようにしてください。

妊娠は何ヶ月、何週間続くのでしょう?妊娠前検診を受けてからは、赤ちゃんがどのように成長しているかが気がかりで、1日1日を指折数えてるものです。

この記事では、妊娠期間に起こることを週単位で説明します。

妊娠について多くの疑問があるのは当然です。正確にはどのくらい妊娠期間が続くものなのかという疑問も浮かび上がってくるでしょう。

一般的に、妊娠は約40週間続きます。しかし、一月は4週間です。つまり妊娠は10ヶ月間ということとなります。10ヶ月!?と思うかもしれませんがそれは事実です。

妊娠期間

これは間違いではありません。妊娠は通常40週間続きます。しかし、妊娠の期間を測定するスタートは受精の瞬間ではありません。正確にはわからないからです。

ですので、医師が何週目なのか判断する際には最後の月経の日を起点とするのです。その日の前後2週間で受精そのものが起こったと判断するためです。

妊娠チェック

内部をスキャンすることで正確に経過時間を測定することもできます。これは、医師が胎児の様子を知ることで得ることのできる測定値の1つです。

これが明らかになことで、妊娠は38〜42週間続くという計算が可能になりました。この範囲内で、赤ちゃんは成長し、生まれます。つまり、出産する時期を判断することができるようになります。

予定より早く、赤ちゃんが生まれることがあるのか?

もちろんです。時間の経過に伴って、赤ちゃんが十分に成長し、健康で生まれる確率はあがります。

8ヶ月で生まれた赤ちゃんであっても、大きな発達上の問題はなく成長することができます。また、多胎妊娠では、早産は一般的です。

これは、子宮内のスペースが狭いため起こります。たとえ早期に生まれたとしても、必ずしも問題があるということはありません。

胎児は26週目から生まれることができますが、この時点ではまだ十分に発達していません。ここでいう生まれるとは、生き残ることができるという意味であって、決して赤ちゃんにとって理想的ということではありません。

早産が早ければ早いほど、より深刻な問題が発生する可能性は高い

どのように妊娠期間を区別するのか?

妊娠期間は、胎児の発達に応じて3段階または3期間に分けられます。また、この期間もさらに週単位に分けることができます。

胎児 妊娠の期間

  • 第1期:第1〜12週。5週目には、赤ちゃんの心臓が鼓動を始めます。
  • 第2期:第13〜28週。 15週目には性器が完全に形成され、胎児が男の子か女の子かを知ることができます。 17〜18週の間に、聴くことができるようになりますが、完璧に音を区別することはできません。
  • 第3期:第29〜40週。この最終段階では、赤ちゃんのサイズが急激に大きくなります。 29週目になると、瞬くことができるようになります。光と影を判断し、瞳孔は広がります。

それぞれの期間には、胎児の発達に異なる兆候が伴います。妊娠に関する膨大な情報を活用することで、胎児や、各臓器の発達を確認することができます。

同時に、週ごとに自身の体内で何が起きているのかを知ることも可能です。赤ちゃんが生まれるまでの時間を有効に活用しましょう。

38週目に近づくにつれ、赤ちゃんは出生に向けてのポジショニングを始めます。多くの場合、胎児自身が骨盤の骨の間に頭をいれ、頭位になります。頭位に移行すれば、出産の準備は整ったと言えるでしょう。

どの期間であっても、妊娠や出産について何か疑問があれば、医師に相談するようにしてください。

https://youaremom.com/many-weeks-pregnancy-last/