計画分娩について知っておこう

· 2018年11月18日
計画分娩が必要になるのには様々な理由があります。

一般的には、出産はときが来れば自然に始まるものです。赤ちゃんを産む準備をするために子宮口が開き始めるにつれ陣痛が起こることで出産は始まります。しかし、中には誘発分娩や計画分娩が必要な人もいるのです。

これから母親になる人は、計画分娩について知り、その利点と欠点を知っておくといいでしょう。

誘発分娩・計画分娩は、分娩を開始するために医者が薬を使うことで始まります。オキシトシンやプロスタグランジンなどが使われますが、その人の子宮の状態によってどちらを使うかが判断されるでしょう。

こういった処置は普通、出産が自然に始まらないときに使われます。普通の妊娠では、40週を過ぎても赤ちゃんが生まれないときにのみ誘発分娩を行います。

このようなケースでは、医者は様々な手段を使って陣痛を起こさせ、出産のきっかけを作ろうとします。しかし、普通の妊娠期間が終わっていなくても誘発分娩をしなければならない場合もあります。

これは誘発分娩をしなければならない、リスクの高い妊娠の場合です。

一般的にこのタイプの処置は、40週の妊娠期間が過ぎても出産が自然に起こらないときに行われます。

こういったタイプの計画出産は、お母さんと赤ちゃんにとってベストなタイミングで、医療スタッフの付き添いの元行われます。

また、誘発分娩は公立病院よりも私立病院において、特定の日に行われることの方が多いようです。

計画分娩になるとき

計画分娩を選ぶ理由

医者が分娩を誘発すると判断するのにはたくさんの理由があります。

  • 胎児に感染症のリスクがある時。これは赤ちゃんにとって危険なことであり、お母さんにも危険が及ぶことが多くあります。
  • お母さんが破水した時。自然と出産が始まるかどうかを観察し、そうでない場合は誘発する可能性があります。
  • 赤ちゃんがとても大きい時。この場合、長く続く出産や、母子への負担を考えて誘発分娩を行うことがあります。これは経腟分娩の場合に限ります。
  • 経腟分娩の誘発とは違いますが、帝王切開も事前に計画して、母子への合併症を避けるという場合もあります。

その他の誘発分娩を選択する理由

以上のようなケースが計画分娩を選ぶ最も主な理由ですが、それに加えて計画・誘発分娩を医師が選択する理由が他にもあります。

以下のよくある要素のいくつかを見ていきましょう。

  • 誘発分娩を行う一つの理由は、胎盤がきちんと機能していないことです。これは子癇前症として知られており、母子の命を危険にさらす合併症です。子癇前症は胎児の血流を減らしてしまいます。また、動脈性高血圧や妊娠糖尿病、うっ血性心不全、腎不全などの慢性的な病気を引き起こしてしまうこともあります。これらすべてはお母さんと赤ちゃんの健康に深刻なリスクをもたらすものです。
  • 医師が誘発分娩を選択するその他の理由には、赤ちゃんの心拍に異常があった場合もあります。
  • 胎児の発達に遅れが見られた場合も、誘発分娩が必要になるかもしれません。
  • 羊膜が破れず分娩が自然に始まらないときも、誘発分娩を行います。
  • 子宮にほとんど羊水が残っていないときに、帝王切開の代わりに誘発分娩を行うこともあります。
誘発分娩を行うケース 計画分娩

誘発分娩の方法

分娩を開始させるためにはさまざまな方法があります。どれが最も適切かは、母になる人の子宮の状態によります。

赤ちゃんの道を作るためには、子宮は柔らかくなり開かなければなりません。この過程を引き起こすためにホルモンが処方されることもあります。

子宮に出産の準備をさせるために、他にも医療的措置がとられるかもしれません。

分娩を開始させるためにはさまざまな方法があります。どれが最も適切かは、母になる人の子宮の状態によります。

これが終われば、オキシトシンを使って分娩を誘発します。このホルモンは間隔を置いて投与されます。

しかしこのような補助があっても、子宮口が完全に開いて出産の準備ができるまでには12時間~24時間かかることもあります。

https://youaremom.com/what-is-planned-birth/