初めての母親のジレンマ:帝王切開か?自然出産か?

· 2018年7月16日

妊娠はすべての女性の人生において素晴らしい出来事です。目を覚せば、お腹をさすり、妊娠中には常に不思議な気持ちを感じています。しかし、同時に私たちは、どちらが赤ちゃんをこの世界に導く最善の方法なのかを知らないというジレンマに直面しています。自然出産が良いか?または、帝王切開の方が良いのか?

この難しい決定を簡単に下すことはできないでしょう。そして母親、義母、姉妹、そして友人から受け取るアドバイスや勧めは、実際にはさらに私たちを迷わせてしまうのです。

出産のように自然で必要なものは、時には美しい瞬間を揺るがすジレンマになります。

圧倒されたり、混乱する感覚は、初めての出産を控えた母親には常にあります。それは、私たちが聞いたり読んだりした情報がよく矛盾しているからとも言えます。

ある日、親友が自分が上手くできたので帝王切開を勧めたとします。 もし、2週間後に、彼女が腹部の傷から合併症を罹った人に会ったことを電話で伝えてきたら…。

「決める前にそのことも考慮したした方がいいよ…」との言葉を残して電話を切ったとすれば、あなたに当初より大きな疑問を残すことになるでしょう。

ジレンマ:自然出産か?または帝王切開か?

妊娠する前には、私たちは、子どもが膣管を通して自然に出産されることを想像するでしょう。

しかし、このプロセスの詳細な情報や無修正の動画を見ると、時には恐怖を感じます。恐怖によって心変わりし、帝王切開を選択するかもしれません。こうしてジレンマは始まります。

この記事は、帝王切開が最良の方法であることを納得させるものではありません。これはあなたが自分で決定できるように、様々な角度からこの問題を紐解きら疑問を解決することを目的としています。

あなたの身体なので、あなたの決定でなければなりません。また、健全な出産のために、産婦人科のアドバイスを考慮する必要があります。

自然出産から期待することは何か?

初めての母親のジレンマ2

不確実性

医師はあなたの最後の月経に応じて出産可能な日程を推測しますが、結局のところ、その日は前後します。

長い陣痛

幸運にもわ多くの母親は素早く出産することができます。彼らは、最初の収縮から「破水」の瞬間まで数時間の陣痛を経験するだけです。一方で最大18時間陣痛を経験する母親もいます。

これはすべて子宮頸管の拡張に依存します。出生前に10センチメートルの拡張が必要です。

母親は、何時間も及ぶ陣痛によって弱くなってしまいます。この場合、医師は最終的な段階で帝王切開を推奨することがあります。

記録的な速さで家に戻る

私たちは皆できるだけ早く、腕の中に赤ちゃんを抱え、家に帰って、家族と会いたくなります。

自然な出産では、母親は退院する前に(合併症が起きなければ)医学的観察下にべき時間は1日だけです。

母親はかなり早い段階から赤ちゃんの世話をするができ、通常の生活にも早期の復帰が望めます。

帝王切開に何を期待すべきか?

初めての母親のジレンマ3

簡単に見えるかもしれませんが、帝王切開には外科的介入や麻酔による多くののリスクがあります。また、より長く手術後の入院を必要とします。

母親は通常、回復に応じて48-72時間後に退院することができます。

適応症

胎児の大きさ、母親の狭い骨盤、子宮内感染症、子癇前症または胎盤前庭などの理由により、母親は自然出産を望んだとしても、医者が帝王切開をすすめる場合があります。

帝王切開が自然出産よりも母親にとって安全であることも多いのです。

ひどい傷跡。開腹手術と呼ばれる手術は、下腹部に水平に施され、縫合糸は手術の7日後に除去されます。

初期には創傷が不快感を引き起こすことがありますが、触れてはいけません。感染を防止するために、医師が巻いた包帯を除去してはなりません。

長期ケア

帝王切開には、長期に及ぶ措置を取る必要があります。私たちの努力は関係ありません。

通常の身体活動を再開する前に、かがむことを避け、十分な休息をとる必要があります。

女性は母性の始まりとともに新たな自分を見つけます。自然出産であろうと帝王切開であろうと、世界に赤ちゃんを導く方法を決めることは、あなたをスーパーママにする要因ではありません。

自分の状況や、安全性に合わせた最適な選択肢をまず考えなければなりません。

あなたの前に新たな愛が示されるその日を迎えた時には、それは魔法のような経験でなければなりません。医師を信頼し、あなたの子供が世界に迎える日が来たら、それを歓迎してください。

子供はあなたの子宮で過ごす時間を楽しむべきです。